« マスカレードホテル 東野圭吾 | Main | 横浜ワーク 2012.02 »

タイムカプセル×クラスルーム

小難しい本とか深刻な本を読むと、
軽く読めるライトノベルズ、ってヤツですか?
(と言うか児童書?!)が読みたくなります。
で、こちらはそんな本
  です。

【タイムカプセル】
「告!栗橋北中学校3年A組卒業生の選ばれ死君たち」
と記された奇妙な手紙が、十年前、タイムカプセルを埋めた
メンバーのもとに、つぎつぎ届く。
消し去りたいあの日の記憶。不安にとらわれる六人の男女。
タイムカプセルを開ける日まであとわずか…。

【クラスルーム】
栗橋北中学校3年B組を卒業した7人の男女。
10年ぶりに届いたクラス会の通知が、
受け取った者の不快な記憶を呼びさます。
沈黙と恐怖に支配されたクラスルーム。
どす黒い怒りを秘めた不気味な教師。
誰もが記憶から消し去ったであろう、あの地獄のような日々。
幹事の名前に誰一人見覚えがなく、
会場が夜の校舎であることが、さらなる不安を掻きたてる。
クラス会まで、あとわずか。
忌まわしい過去への扉が、いま開く…。

========================================
表紙のイラストに何となく惹かれて借りてみました。
姉妹作品なんですね。同じ中学校のA組とB組。
でも中学時代の2クラスは対照的だった・・・。

ホラー?ミステリー?と思いつつ読み始め、
読みやすさにすいすいとはかどって・・・
最後はどっちも「あれ??」って感じ(;^^)

タイムカプセル、って一時期はやりましたよね。
今はどうなんでしょ?やってるのかな??
クラス会は昔から続いている、と思うんですが
今はどうなんでしょ?やってるのかな??

うちの母なんか、小学校のクラス会を計画し
それが縁で交流が復活したなんて事も。
私は全然ないですけどね~。

作者「折原一」氏は年季の入った作家さんなんですね。
1980年代後半から作家さんをされているんですね。
失礼ながら今まで存じ上げませんでした(;^^)。
奥様の「新津きよみ」さんは名前だけは知ってますが
そちらの作品も読んだことがないです。

輪を広げてみたいものです(時間があれば)。

|

« マスカレードホテル 東野圭吾 | Main | 横浜ワーク 2012.02 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ラストが あれ?なんですか・・・ナルホド(・・)

Posted by: セイレーン | February 05, 2012 at 09:44 PM

クラス会、うちは一度もないけど知り合いにはちらほらやってるって言う人もいますよ。
タイムカプセルはやったことないな・・。

あの油、980円/1500gです。高いのか安いのかはよくわからないけど・・w

Posted by: もも | February 05, 2012 at 12:32 PM

小説が書けるといいな~

なんて、思います。

Posted by: ツボ | February 05, 2012 at 10:02 AM

軽く 読める本でも
最近ほとんど読まないです。

Posted by: オサムシ | February 05, 2012 at 08:30 AM

ライトノベルズ・・・好きです。
でも、それが幼児書なのか??その区別はよくわからないですが。
小難しいのはちょっと苦手・・・。
難しくっても文章などで入り込めればいいんですが、解説本のような感じになっていたらもうダメって感じです。
私はかなり偏って読んでいるように思うので、もっと視野を!!と思うんですが・・・やはり娯楽の一部としか考えられないので、今のところはムリかなぁ〜。

Posted by: mahalobunny | February 05, 2012 at 06:34 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53800459

Listed below are links to weblogs that reference タイムカプセル×クラスルーム:

« マスカレードホテル 東野圭吾 | Main | 横浜ワーク 2012.02 »