« ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち | Main | 笑う警官 佐々木 譲 »

ALWAYS 三丁目の夕日‘64

さぁて、とこの映画に行って来ました。
「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」です。

Always3

1作目は見に行ったんですよね~。
でも2作目は・・・記事書いてないから行って無い、かな??
記憶にない映画の1つです、はい(^o^)。

[監]山崎貴
[出]吉岡秀隆 堤真一 小雪
[配給会社] 2011日本/東宝
[上映時間] 142分

高度成長期まっただ中の昭和39年。
東京・夕日町では、小説家の茶川竜之介・ヒロミ夫婦に
子供ができ、小さな整備工場だった鈴木オートも順調に
事業を拡大。
人々は明るい話題で持ち切りだった。
そんな中、茶川が連載している雑誌に新人作家が登場。
読者の人気を奪われた茶川は、またしてもスランプに
おちいってしまう・・・。

今回は吉岡秀隆さん扮する「茶川(ちゃがわ)」氏が核。
彼と父親の絡みのシーンはうん、泣けたよ~(^o^)。

この映画の良い所は安心して見られるのよね。
いわゆる「寅さん」とか「釣りバカ」と同じ感じなの。
なので年配の方、結構いらっしゃいましたね。

昔の街並み、道具。まだ生まれてはいなかったけど、
我が家にもあったようなTVとか電話とか懐かしいです。

漫画は読んでないので(ってかそこまでは・・・って思うので)、
どこら辺をやってるの?とかわからないんですが、
茶川さんはどうなるんだろう??って心配です。

今回3D上映もしているそうですが、2Dで十分でした。
(ってか、DVDかTVで十分、かな;^^)。
あ、でもTVだとカットされたりしちゃうのよね。
なので、DVDでお楽しみ下さいな(^o^)

|

« ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち | Main | 笑う警官 佐々木 譲 »

映画2012」カテゴリの記事

Comments

このポスター 地下鉄の駅で見ました ^^

Posted by: セイレーン | February 11, 2012 at 10:21 PM

堤真一結構好きです。

Posted by: ツボ | February 10, 2012 at 10:52 PM

この映画お友達が絶賛していて薦められています。
1作目から見たいと思っています。

Posted by: nanamama | February 10, 2012 at 10:06 PM

1作目を中途半端に、観たので(--;)
話がよくわからずです(笑)
観るときは、一気に観ますv(^^)v

4月のハワイって、日程決めてます???

Posted by: ジャズ | February 10, 2012 at 09:10 PM

実は この映画 シリーズ
全く見てないんですね。

Posted by: オサムシ | February 10, 2012 at 07:03 AM

この映画、一作目を見ようと思ったけれど、なんとなく逃してしまって、そのまま・・・どれも観た事ないです。

Posted by: mahalobunny | February 10, 2012 at 05:44 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53855987

Listed below are links to weblogs that reference ALWAYS 三丁目の夕日‘64:

« ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち | Main | 笑う警官 佐々木 譲 »