« グレイブディッガー 高野和明 | Main | 偉大なるしゅららぼん 万城目学 »

『源氏物語』

日本が誇る、世界最古の長編・恋愛小説「源氏物語」を
見てきました。
Photo

[監]鶴橋康夫
[出]生田斗真 中谷美紀 窪塚洋介
[配給会社] 2011日本/東宝
[上映時間] 136分

と言っても「世界最古の」と言う表記は色々議論の的に
なってはいるようですが・・・。
それでも、世界史ではようやっと「神聖ローマ帝国」が
成立した頃に日本じゃこんな浮かれたお話、が
宮廷中の人気をかっさらってた、って言うんだから・・・
その頃から日本って変わってないような気が・・・(;^^)
 ※あ、あくまでも個人的見解ですわ。

時の関白・藤原道長に命じられ「源氏物語」を書き始めた
紫式部。
寝食を忘れて執筆に没頭する彼女が生み出す作品は、
一条天皇をもとりこにし、道長の娘、藤原彰子の元に
天皇を通わせ跡継ぎを、と望む道長の野望を実現させる。
その一方で陰陽師・安倍晴明は宮中の不穏な気配に
気付いており・・・。

と、源氏物語と平安時代をシンクロさせてかなり
壮大な展開をする映画でした。

何が本当なのか?映画は諸説ある中の1つなのか?
不勉強なので分からないのですが、
「へぇ~そんな出会いがあったのか?!」とか、
「ほぉ!そりゃすごいトリビアだわ」とか、
今までのイメージがぶち壊される衝撃でした。

何せ、「古典」と言う学校の授業で習っても
何ひとつ「面白い」と思えなかったからなぁ(;^^)。
「あさきゆめみし」はすっごい夢中になって読んだけどね。
ちょうど学生の時に↓が発売されたから。


でも作者の心境までは気にもしませんでしたわ(;^^)。
そうよね~、そりゃ恨みたくなるわよね~、って。
で、彼女のその恨みが綴られたこのお話。
それを平気な顔してる藤原道長・・・。

すっごい懐かしい気分で見られましたわ。
面白かった~!!結構好き♪
御簾越しの会話、とか衣擦れの音なんかも粋だよね~。

豪華絢爛衣装(三銃士でも書いたな;^^)も素敵だし、
なんていうんでしょ、洋装の豪華さより、和装の豪華さの
方が「日本って良いなぁ」って再認識させてくれるものがあり、
(何せ、ある衣装なんかは『一着3000万円』だって;^^)
これは迫力ある大画面でぜひ見て頂きたいものです。

|

« グレイブディッガー 高野和明 | Main | 偉大なるしゅららぼん 万城目学 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

nanamama、古典の授業何習ったか全く覚えがない(><)

この生田斗真さんの顔を見るとジャニーズの滝沢さんの義経を思い出させます。

Posted by: nanamama | January 14, 2012 at 10:30 PM

「あさきゆめみし」は読みましたが 彼らの仕事というのが どういうものなのか?
ずっと疑問に思っていました。。
遊んでばかりで すばらしい衣装が買えるんですもの^^;

Posted by: セイレーン | January 14, 2012 at 10:28 PM

これ、よかったですか!
見てみようかな、久しぶりに映画館でd('-'*)
最近、ジャニーズ系にうといので、
しばらく主演は玉木宏だと思い込んでました(^_^;)
若いこの顔が同じに見える・・・

Posted by: butaneko | January 14, 2012 at 10:19 PM

正直 学生の時は 古典は苦手で成績が
一番悪かった教科です。
楽しんで読めるといいんですが。

Posted by: オサムシ | January 14, 2012 at 08:29 AM

日本人って昔はもっと情熱的だったんだと思います。
それなのに今は・・・「我関せず」的な国民で・・・なんとなくさみしい。

私は1冊読むのに13時間かかります・・・。だから一冊で十分!やっぱ、遅いですよね、読むの・・・。

Posted by: mahalobunny | January 14, 2012 at 05:51 AM

源氏物語、いつかは読みたいとは思っているのですが。。。

Posted by: ツボ | January 14, 2012 at 01:27 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53507925

Listed below are links to weblogs that reference 『源氏物語』:

« グレイブディッガー 高野和明 | Main | 偉大なるしゅららぼん 万城目学 »