« アコギなのかリッパなのか 畠中恵 | Main | パレード 吉田修一 »

謎の転倒犬―石狩くんと(株)魔泉洞 柴田よしき

皆さんが記事で書いている本で
「あ、面白そう」と思う作品や作者はメモしてます。
図書館で探してみて「惹かれたら」借りてます。

今日はmahalobunny さんが紹介していた
「柴田よしき」さんの本を。


と言ってもmahalobunny さんが紹介してた
「RIKO-女神」とか「激流」じゃない
「謎の転倒犬-石狩くんと(株)魔泉洞」です。

「RIKO」はなかったの。で「激流」は手に取ったけど
う~ん、なんか「惹かれ」なかったの。
で、彼(もとい彼女!←そう女性作家さんなんですね;^^)

もう最近、性別不明な方多いから・・・(・・。)ゞ テヘ
良く分からなくなってます。

で、彼女の本を片端から手に取ってたら・・・
これに「惹かれた」ので、借りてみました♪

深夜のアルバイトを終えた僕が偶然出会った、
厚化粧の女性。
なんと彼女は連日女の子が行列をなす、
カリスマ占い師・摩耶優麗(まや ゆうれ)だった。

時を遡って過去を見てきたと嘯く彼女に、
ズバリ言い当てられた僕の過去。
きっと何かカラクリがあるはずだ!
================================

題名の「謎の転倒犬」=「謎の転校生」、
1章目の「時をかける熟女」=「時をかける少女」
書き下ろしの「七セットふたたび」=「七瀬ふたたび」
さぁ、これらが分かる熟年のあなた!
これは手に取るしかないですよね(^o^)。

主人公の僕、石狩くん。
就職先が見つからず、見るからに「負」のオーラ。
そんな彼に占い師が手を差し伸べる・・・。

石狩くんのマイナス思考にはちょっと「イラッ」と
来るんですよね~。
手に取ったほかの数冊でも「あ、なんかイラッ」って
思う書き出しの本があったので、そんな作風?なの??
まぁもう数冊読めば分かるかな??

最後の最後に、占い師が見てきた「過去」の
根拠、というかカラクリ?が分かって、
でも、それができるのが占い師なんだよなぁ~って
納得している自分がいて・・・。

つい最近まで深夜にやってた「Lie to me ライ・トゥ・ミー
嘘は真実を語る」も「微表情」と言うのに注目した
心理学ドラマ。これが結構面白かったっ!
友人なんか「保存版にするわよぉ!」と絶賛してました。
それも、説明されれば分かる、し納得できる、けど
自分じゃできないなぁ~、ってね。

短編なので、軽く読めますので、お勧めします。
他の作品も読んでみまぁ~す!

|

« アコギなのかリッパなのか 畠中恵 | Main | パレード 吉田修一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

今nanamamaは「田中慎弥」さんがどんな作品を書いているのかちょっと気になります。

Posted by: nanamama | January 20, 2012 at 03:00 PM

これは知らなかったです。
私の場合、ある物の中から選ばないといけない・・・と言う状況なので・・・。もっと選択肢があれば!と思うのですが。
文庫本の場合、裏表紙に解説があるので、どんな内容なのかわかるのですが、新書の場合説明がないので、どんな内容なのか・・・?
その場で最初の数ページ読んでから惹かれるかどうか決めるんですか?
私の場合、説明がないとなんとなくって感じで借りて来ます。

Posted by: mahalobunny | January 20, 2012 at 06:19 AM

しかし、本をたくさん読んでいますよね~

Posted by: ツボ | January 20, 2012 at 12:57 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53493903

Listed below are links to weblogs that reference 謎の転倒犬―石狩くんと(株)魔泉洞 柴田よしき:

« アコギなのかリッパなのか 畠中恵 | Main | パレード 吉田修一 »