« 『源氏物語』 | Main | 2012.01.14のランチとプレゼント♪ »

偉大なるしゅららぼん 万城目学

有川さんの作品をガ~~~っと読んで、
彼女についてググってみて、
彼女がインタビューで喋っていたこの本、
「偉大なるしゅららぼん 万城目学 2011.4月」
  を読みました。

琵琶湖畔の街・石走に住み続ける日出家と棗家、
代々受け継がれてきた「力」があった。
高校に入学した日出涼介、日出淡十郎、棗広海が
偶然同じクラスになった時、力で力を洗う戦いの幕が上がる・・・。

===================================
いや、前述のように、あらすじとか読まないで借りました。
図書館で「プリンセス・トヨトミ」の作者と知ったので、
(同じところに本が並んでた。)
「プリンセス・トヨトミ」映画見たかったんですよね~。
でも時間とかタイミングがあわず諦めた。
で、両方借りてきて読んでみました~。

うん、面白い!!
「力」って言うのがね、琵琶湖からもらっているんです。
「湖の民」と言うのが昔から日本にはいて、
主要な湖の近くには不思議な力を持つ民がいたそうな。

だから、琵琶湖から離れちゃうと「力」は使えなくなる、と。
数ヶ月に一度は湖の近くへ行かないといけないんだって。
面白い設定。

主人公のいい加減さと言うか頭の軽さ、には
う~ん、って納得いかなかったけど(;^^)。
そして最後、気をもたせた終り方~!!
ストレスです。

「代々続く」と言う部分、何か好きですね~。
家のつながり、とか親類縁者とのつきあい、とか
色々面倒な部分って多く、最近は廃れ気味ですが、
そういうのは今でも続いている、息づいているんだよ、って
こっそり教えてくれているような気がします。

この本は、児玉清さんも紹介してましたし、
夢中で読んじゃったので、良し!としましょう。

さぁ、次は「プリンセス・トヨトミ」だな(^o^)

|

« 『源氏物語』 | Main | 2012.01.14のランチとプレゼント♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

「プリンセス・トヨトミ」きいたことあります。
題名からして面白そうですよね。

Posted by: もも | January 15, 2012 at 11:39 PM

児玉清さんのサイン色紙を持っているnanamamaです。

とっても物腰の優しい方で一気にファンになったものです。

Posted by: nanamama | January 15, 2012 at 11:21 PM

プリンセス・トヨトミ
見てないです。一度映画見たいなあ。

Posted by: オサムシ | January 15, 2012 at 08:27 AM

takoingさんの行く図書館って、読みたい物が全てあっていいですね。
私の実家のそばの図書館には全てはないみたいです・・・。
リクエストすれば最寄りの図書館に届けてもらえるのかなぁ〜?
ハワイでも「ある物の中から選ぶ」と言う感じなので、時々借りても「うっ!面白くない・・・」と言う事もあります。

Posted by: mahalobunny | January 15, 2012 at 05:48 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53493794

Listed below are links to weblogs that reference 偉大なるしゅららぼん 万城目学:

« 『源氏物語』 | Main | 2012.01.14のランチとプレゼント♪ »