« 阪急電車 有川浩 | Main | 海自レシピ お艦(かん)の味 »

『ワイルド7』

2012年にはなったけど、2011年に見た映画を
全部紹介しきれてないので、今日はこちら。
『ワイルド7』です。

Wildseven Wild7
[監]羽住英一郎
[出]瑛太 椎名桔平 丸山隆平
[配給会社] 2011日本/ワーナー
[上映時間] 109分

元犯罪者によって結成されたワイルド7は
法律の枠組みを超え、世の悪を徹底的に排除する
超法規的警察集団。
ある日、いつものように犯人を捕らえようとした瞬間、
何者かが犯人を射殺しバイクで逃走する。
その後を追った飛葉は、迷い込んだクラブの中で
ユキという女に遭遇。
互いの正体を知らぬまま惹かれあっていく・・・。

=============================================
人気漫画が原作だそうで・・・納得。
設定やキャラの説明が大雑把だったので(;^^)。
漫画読んだ人は分かりやすいんだろうなぁ。

が、冒頭の銃撃シーンから爆破まで、まぁド迫力!
かなりアメリカ的なド派手エンターテイメントです。
それだけに、話の展開や敵の迫力不足など、
う~ん、もったいない(;^^)

まぁ単純に楽しめはしますので、お正月のつまらない
特番を見るならば、見てみて下さいな。

しっかし、「TVを見る若者が減っている」、
「映画を見る若者が減っている」、
「読書する若者が減っている」、と憂うべき事ばかり。

まぁTVは納得しますけど (・・?))アレ 、
「2時間、携帯を見ないでいる事ができない」為、
映画館で映画をみなくなった」、なんて聞くと悲しい・・・。
確かに館内で上映中に、明るくなる場所があったり、
なっている携帯に出て、話しながら退場するバカがいたり、と
眉をひそめる事はよくありますが、
映画や読書と言ったモノはどんどん消化して欲しいですね。
絶対「糧(かて)」になるはずだから・・・。

|

« 阪急電車 有川浩 | Main | 海自レシピ お艦(かん)の味 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

そうそう、映画館や劇場での携帯の光とっても気になります。
本当に注意したくなります。
昨年はバレエ鑑賞の時にいきなり自分から座席で電話し始めたおばさんがいて目玉飛び出そうになりました。

nanapapaは楽しんで帰っていきました。
そろそろ会社ヤバいのかしら・・・とお休みがある方が心配です。(笑)

Posted by: nanamama | January 03, 2012 at 11:27 PM

TVも映画もそうですが、独自脚本等が
少なく、漫画等からのものが最近多いですよね。

Posted by: オサムシ | January 03, 2012 at 09:04 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53553274

Listed below are links to weblogs that reference 『ワイルド7』:

« 阪急電車 有川浩 | Main | 海自レシピ お艦(かん)の味 »