« 『マネーボール』 | Main | シアター!2 有川浩 »

シアター! 有川浩

先日記事にした「図書館戦争」シリーズ、
で知った有川浩さんの「シアター!」を読みました。
丁度近所の図書館に文庫本があったので、
「こりゃ持ち運びに良い」と借りてみました。



人見知りで引っ込み思案だった春川巧。
そんな彼を変えたのは「演劇」だった。
そんな彼が大学時代の友人らと旗揚げした劇団、
「シアターフラッグ」に解散の危機が迫っていた・・・。

なんと、負債総額300万!
お金がない巧は兄の司に泣きつくが、
司はある条件を出す。
「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。
できない場合は劇団をつぶせ」と・・・。

=================================

有川さん、って気風(きっぷ)が良いですね~。
結構好きです、気に入りました。
先般の「図書館戦争シリーズ」でも思ったけど、
目の付け所がなんか違ってて面白いです。

それに読みやすいんですよね~。
小難しく書かないし、映像を観ているようにサクサクと
読んでいけるんですよね。
(それでもはしょってない、ってのがすごい!)
特にこの本は章立ての区切りが分かりやすいので、
長編に読みなれていない方にもお勧め。

で、この作品。
演劇・劇団、ってあまり馴染み、ないですよね。
(あ、私はないです。)
友人の中には下北沢に良く行った、ってのもいるけど
「舞台」自体、ほとんど見に行ったこともないし。

アマチュアとプロの境界は何か?
商業的に利益が出る、出ない、なのか?
集客力があるか、ないか、なのか?
素人受けする作品か、否か?

そんなよく分からない世界を一歩離れた場所から、
色々な視点で見る兄、司。
一般常識で考えると、当たり前(できるはず)なのに、
なぜこいつら(演劇団員は)できない?

300万円って確かに大金だけど、劇団員で頭割りすれば
1人30万。いい年した大人が返せない金額じゃない。
なのに、揃いも揃って「どうしよう~兄ちゃん~」と。
お前らは餌をねだる鳥の子か?!って感じ。

頭を抱えながらも劇団を仕切り、奔走する兄。
読んだ方がどっち側(劇団主催側か、主宰側が、;^^)で
作品を読むのか?楽しむのか??
私は兄、の立場かなぁ。皆さんはどうですか?
読んだ方、コメントお願い(^o^)

|

« 『マネーボール』 | Main | シアター!2 有川浩 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

読んでみたいです ^^

Posted by: セイレーン | December 12, 2011 at 10:34 PM

これも読んでみたいなぁ~
でも本当に本当に時間がなくて、今読んでいる本はかれこれ3ヶ月くらい放置しちゃっているような・・・。

Posted by: nanamama | December 12, 2011 at 10:05 PM

親兄弟でも金は貸さない派です(^_^;)
貸すならあげるつもりで・・・
あげられる額しか貸さないことにしてます(^_^;)
演劇とかそういう芸術世界に疎くて、
宝塚以外は見たことないんですよね(^_^;)

Posted by: butaneko | December 12, 2011 at 06:44 PM

演劇、私も見に行ったことないです・・
↓ブラピ、かっこいいですね。
でも、野球さっぱりだわ・・(^^;

Posted by: もも | December 12, 2011 at 04:59 PM

読みやすいのはいいですね。

Posted by: オサムシ | December 12, 2011 at 06:44 AM

いや、これは読んでないですが、有川浩って、最初男の人かと思っていましたよ。でも、なんとなく昔っぽいっていうか、近所のおねーちゃん的な感じの作品が多いのか、心温まる物が多いような気がします。
手に入ったら読んでみたいわぁ〜。ハワイの図書館にももっといろんな本が増えないかなぁ〜。

Posted by: mahalobunny | December 12, 2011 at 04:29 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53204993

Listed below are links to weblogs that reference シアター! 有川浩:

« 『マネーボール』 | Main | シアター!2 有川浩 »