« 推理小説 秦建日子 | Main | シアター! 有川浩 »

『マネーボール』

『マネーボール』見てきました~♪。

Moneyball

[監]ベネット・ミラー
[出]ブラッド・ピット ジョナ・ヒル フィリップ・シーモア・ホフマン
[配給会社] 2011アメリカ/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
[上映時間] 133分

高校時代にスカウトされ、メジャーリーグ選手になったビリー。
だが、短気な性格が災いし、引退を余儀なくされる。
その後、オークランド・アスレチックスの経営陣に加わるが、
チームは破産寸前だった・・・。
==============================================

え~、まず野球のそこら辺の仕組みを知らないと厳しい。
GM(ゼネラルマネージャー)とオーナー、
日本のK球団の場合は「会長」といるわけですな(^o^)。
更に「監督」がいて、スカウトもいるわけですね。

人員の選出などがGMの役目、ってのもなぁ・・・。
どうやらGMさんっていっぱい仕事があるそうで。
 ・チームのほとんどの権限はGMが有す。
 ・チーム編成や方針の決定、
 ・選手や代理人との契約交渉、
 ・トレードやドラフトなどの新人獲得の選別、
などを、球団オーナーから用意された予算の範囲内で
こなしてゆくそうな。

で、監督はGMの決めた方針を忠実に実行する
中間管理職に過ぎない、らしいですよ。 (wikiより)

でも実際の試合での采配は監督が牛耳っており、
1つ違えるとうまくかみ合わないギリギリの理論を展開する
ブラピと、とことん衝突する・・・。

実話をベースにしているので、最後は(*^0゜)v ィエーイ☆彡
ってならない処がまだるっこしかったですが、
そっかぁ、彼が松井さんを呼んでくれたのね、って思うと
少しはTVでも見てみようかなぁ、って。
でも野球の試合より、そういう裏事情の方が楽しい♪

彼の理論は色々なところで応用できそうですよね。
昇格後、部下をどう使っていくか、とか。
(と言っても異動権限を持ってない中間管理職には無理)

今、日本でかなり騒がれている球団K も
この映画を見てから経緯を追いかけていくと面白いかも。

|

« 推理小説 秦建日子 | Main | シアター! 有川浩 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

球団Kはあの会長をなんとかしないと。
たかが選手というような人が会長では。
憎まれっ子世にはばかるを地で行く人の象徴的存在で、本当に苦手です。

Posted by: nanamama | December 11, 2011 at 11:17 PM

野球はあまり好きではないので・・
takoingさんは ほんと 幅がひろいですね ^^

Posted by: セイレーン | December 11, 2011 at 09:31 PM

野球と言えば、巨人のあの問題はどうなったんでしょうか(^_^;)
ナベツネさんも、そろそろ引退したらいいのに。
なんであの人があそこまでの権限を持ってるのかもわからないし(^_^;)

Posted by: butaneko | December 11, 2011 at 04:46 PM

お~、観たいんですよね~

Posted by: ツボ | December 11, 2011 at 10:39 AM

久々にブラピ見たような気がします。
野球の事はよくわからないけれど、ちょうど日本に帰っていた時に球団の問題がTVで放送されていて・・・なんとも理不尽だなぁ〜と思いました。

Posted by: mahalobunny | December 11, 2011 at 09:55 AM

日本の場合 GMがはっきりしている所と
していない所ありますが、メジャーはそのあたり
はっきりしてますからね。

Posted by: オサムシ | December 11, 2011 at 08:42 AM

球団Kはなにやってんの?
って思っちゃうけど
これを見たら、少しは納得できるかな?

takoingさんはバスでは本が読めないのですね。

Posted by: akiko21 | December 11, 2011 at 07:45 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53270264

Listed below are links to weblogs that reference 『マネーボール』:

« 推理小説 秦建日子 | Main | シアター! 有川浩 »