« フリーター家を買う 有川浩 | Main | 『ニューイヤーズイブ』 »

植物図鑑 有川浩

マンションの入口にあるポーチの植え込みに黒いゴミ袋。
と思ったら、人間。それも自分と同年代の男!
「どうしたんですか?」
「行き倒れてます。」
「かわいそう。」
「お嬢さん、良かったら俺を拾ってくれませんか?
 咬みません。躾のできたよい子です。」・・・。

なんつ~始まりだ?!の有川浩「植物図鑑」です。

Nikon_684



ある日男が落ちていた。それを拾っても良いんじゃない?

え~っと、良いのか?それ(;^^)。

更に一宿の恩を、となけなしの材料で朝ごはんを作る男。
「あらおいしい。行く先ないんならここにいない?」
こうして、住環境と生活費の管理権を男に与え、
不思議な同居生活が始まる・・・。

え~っと、始まって良いのか?それ(;^^)

まぁすごい設定です。現実じゃありえないっしょ~。
そういえば、以前「きみはペット」ってありましたっけね。
ドラマも見てなかったから内容は良く知らないけど。

さて、この行き倒れ男、樹(いつき)くん。
拾った女、さやかの家に居つくんですが、
彼は「草」を食べる人だった・・・。

ま、「植物図鑑」と題名で想像できるかも、ですが、
彼は植物に精通しており、あちこちで色々な植物を摘み、
料る(りょうる)訳だ。
  →「料る」って使い方、初めて知ったよ~。

フキノトウ、フキ、ツクシ、ノビルに西洋カラシナ、
タンポポ、イヌガラシ、ワラビにイタドリ、
ユキノシタにクレソン、野いちごにアップルミント・・・。
これらが全て、タダで手に入る訳です。

「アウトドア嫌い~」と駄々こねてたさやかも、
徐々に「狩り」の楽しさに目覚め、週末は植物を狩りに行く。
植物と樹(いつき)の魅力に夢中になった頃・・・・。

でね、この「植物を狩る」って、まさに我が家、なのよね。
結構本に出てる植物、自生してます・・・。
本ではフキノトウ苦いっ! ってやってたけど、美味よ。
確かに昔は苦くて食べられなかったけどね~。
今は塩つけてバクバク食べてるし、
フキやワラビなんかも未だに母親、料ってるし。
でも、「男は行き倒れてない」けどね~( ̄‥ ̄)=3 フン

ただ食べたことのない素材もたくさん出てまして、
しかもそれらを料る(りょうる)ってのが・・・目の毒だわぁ。
お腹の空いている時には読まない方が良いですよ。
道端の草、探しそうになりますから(^o^)。

まぁ、ベタベタなラブコメです。歯が浮く、と言うか・・・
読んでいて「さすがライトノベル」って・・・。
しかし、樹(いつき)!変なトコ強気で変なトコ弱気すぎ!
ちょっと情けなさすぎて、途中で怒りながら読んでた。
でもまぁ自分の彼氏って訳でもないし、さやかが許すなら
好きにして、って感じだけど。

あ~、腹立つ、って思いながらも赤面したり、
にやけちゃったりしながら最後まで止まらなかった~。
「お約束だよ!」と思いながらも最後は涙 涙 涙・・・。
脳内妄想が止められない、です( ´△`)アァ-。

|

« フリーター家を買う 有川浩 | Main | 『ニューイヤーズイブ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

拾わないですね、きっと(笑)
どっちかって言うと、私が拾われる側な気がします(・∀・)

なんでしもやけなんでしょうね(>_<)
足先は、いつも冷たく冷えてます(-_-;)

Posted by: ジャズ | December 31, 2011 at 12:04 AM

いやいや、拾っちゃいかんでしょう。(笑)
babagonやnanagonを拾ってくれる人はいるかしら・・・。

Posted by: nanamama | December 31, 2011 at 12:02 AM

面白そうですね。
きみはペットみてました。
まあまあ面白かった気がします。

Posted by: もも | December 30, 2011 at 08:59 PM

これいい!!
拾いたい!!若くてイケメンな子!!
確か「のだめカンタービレ」もこんな始まり方だったような???
読みたいです~

今年も愛車のクリスマス飾りは以前いただいたリボンレイのリースを使わせていただきました・・・
今度の車はNOTEの赤なのでとってもよく似合ってました~
ありがとうございましたo(*^▽^*)o

Posted by: PAM | December 30, 2011 at 03:48 PM

有川さんって、そんな感じなんですね。
takoingさんのレビューを見ていたら、私の思っている「阪急電車」の有川さんとは随分イメージが違う・・・。
「模倣犯」おもしろかったですよ。ただ、文章が好きじゃない・・・。「楽園」も手に入ったら読んでみたいと思います。
で! 是非ハワイの図書館に寄付してくださいませ♪楽しみ〜!!

Posted by: mahalobunny | December 30, 2011 at 07:11 AM

昔 図鑑 見る結構好きでしたが、
図鑑どこに行ったかな。

Posted by: オサムシ | December 30, 2011 at 01:04 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53277125

Listed below are links to weblogs that reference 植物図鑑 有川浩:

» 【書籍】飾っておきたい甘〜い単行本。有川浩「植物図鑑」 [Webooker]
大人の甘〜いトキメキ。 甘〜い恋愛ものは、大人になったら楽しめないと思っていた時期が私にもありました。 子どもの時は、結婚して落ち着いたら「トキメキ」を感じる事はなくなるんだと思っていました。 あるとしても、自分の伴侶に対して胸キュンするものだと信じていました。 でも、あるんですね。 大人でも読んでいてドキドキして、展開にハラハラして、最後は駆け抜けるように夢中になって読める恋愛小説が。 有川浩「植物図鑑」が、まさにそれでした。 植物図鑑 | 電子書籍-BOOK☆WALKER ↑電子書籍版だと半値で... [Read More]

Tracked on November 30, 2012 at 09:03 PM

« フリーター家を買う 有川浩 | Main | 『ニューイヤーズイブ』 »