« 『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』 | Main | 呼人 野沢尚 »

魔笛 野沢尚

ハワイ持参本、3冊目~。
「魔笛 野沢尚」です。



白昼の渋谷で発生した無差別爆弾テロ。
犯人は女だった。
公安と新興宗教のはざまで生み落とされ、
首都を暴走する未曾有の恐怖。
警察をあざ笑うかのようにテロを仕掛け続ける女。
彼女が求めるのは、罰か。救いか。
悪魔的な頭脳で日本を恐怖に陥れた彼女を、
若き刑事と、その獄中の妻が追う・・・。

=========================================

なんていうんでしょ、もうみもふたもないっす(;^^)。
こんな本ばかり友人にあげてしまい、ゴメンヨ、マジで。

ちょっと前に実際ありましたね、新興宗教絡みの事件。
それが内部潜入した公安が仕掛けた事だったら?!
う~ん、本当のところがどうなのか分らないのが
今の日本の報道。
まぁ報道自体にも真実が届いているかどうかは不明だし、
国家組織が本気で隠匿に走ったら絶対分んないよね?

ってなんか、メチャ暗く、悲観してますけど?!
いや、ホントそんな気になるような話ですわ。

今、ドラマで「ランナウェイ」ってやってるじゃないですか。
Ru

設定や展開、などかなり物足りない部分もありますが、
なぜか毎週録画してて、後追いで見ているんですよね。
で、市原隼人さんの罪状についても、国家権力が動いてて
かなり、うさんくさい(;^^)

それを調べる引退した刑事が渡哲也氏。
もう渋い!渋すぎます!!
彼の出演で、場がしまる、のが分るんですよね~。
それだけでも見る価値あるな、って。

あ、なんか話がまとまらなくなってきたぞ・・・。
結論としては「国家権力=うさんくさい」と言う事で。
(・_・)ヾ(^o^;) オイオイ

|

« 『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』 | Main | 呼人 野沢尚 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

木曜の9時ですか じゃあ 頑張れば見れるな ^^;

地震 やっぱり電車は弱いのですね。。おつかれさまでした。

Posted by: セイレーン | December 03, 2011 at 10:32 PM

うさんくさそうですね(^^;
日本の刑事モノってなんかそういうの多いですよね。

Posted by: もも | December 03, 2011 at 02:05 PM

なんか、小説読もう、でも、図書館に行くのも、寒いっすね~

Posted by: ツボ | December 03, 2011 at 12:26 PM

渡哲也 は 私の中では
どうしても 西部警察のイメージ
が強いです。

Posted by: オサムシ | December 03, 2011 at 09:53 AM

いったい何冊の本を持って行ったの?
私は、もっぱらガイドブックをみているので
本は1冊ぐらい。
takoingさんは、ハワイ行慣れているから
ガイドブックいらないのかな?
「ランナウェイ」観ようと思っていたのに
観そびれちゃいました。

Posted by: akiko21 | December 03, 2011 at 07:13 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53197138

Listed below are links to weblogs that reference 魔笛 野沢尚:

« 『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』 | Main | 呼人 野沢尚 »