« ハワイ旅行記1110 最後に | Main | インシデント-秦建日子- »

孤高のメス-神の手にはあらず-

さぁ旅行記も終り、これからは映画と本、を中心に
お伝えしたいと思います。
なんかすごい勢いで本、読んでますんで。

あ、ちなみに「長財布の効果」かどうかは不明ですが、
冬の賞与、は結構良かったです♪
んでもって、今あまりお金を使ってないので、
貯蓄に結構回せそうかなぁ・・・。
(あ、来年2月は車検だ・・・_| ̄|○)

=========================================

先般、「孤高のメス」全6巻を紹介しました。
そちらで、「こちらの作品はこの後も続くんですよね」と
書いたこれ。
「孤高のメス-神の手にはあらず- 大鐘稔彦」




読み終わりましたε~( ̄、 ̄;)ゞフー

前人未踏の脳死肝移植を成功させながら
激しいバッシングにあい、病院を辞した当麻鉄彦。
彼を守りきれなかった病院からは次々と医師が去り、
経営に暗雲が垂れこめる。

一方当麻は、後を追ってきた矢野とともに、
台湾で患者の命を救い続けていた。
そんな折、日本での手術が絶望的になった
「エホバの証人」の癌患者が一縷の望みで訪ねてくる…。

====================================

前作でも思ったんですが、医者が書いた本、と言う事で
微に入り細に入り、の記述があるかと思えば、
そんな簡単でいいの?!って部分もあり・・・(;^^)。

なんていうんでしょ。人生色々だなぁ、とか
偉い先生にも悩みがあり、悩まない人は、
権力とか威厳とかに固執したり・・・。

手術を受けて治る病気と治らない病気、
同じ病名で治る人と治らない人、
様々な人の様々な人生がてんこもりでした。
しかも、かなり悲惨なその後、を送った方も多く、
う~ん、第2部は結構ダークな感じでしたね~。

この間も書いたこのドラマ。
Doctors

これ見てても思うけど、「白い巨塔」っていつまでもあるのね。
昔も今も変わらない部分ってあるんだなぁ、って。
確かにお医者さんはすごいと思う。
でもそれにあぐらをかいてちゃいけない、って思うんだけど。
医者ドラマ大好きな私としては、「命を助ける為に最善を尽くす」
ERのようなドクターに増えて欲しいと思います。

|

« ハワイ旅行記1110 最後に | Main | インシデント-秦建日子- »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

↓のお札が気になるんですが・・・

最近は大変な割に医者もあまりお金にならないということで
息子の学校も医学部への受験は医者の子以外は
余りいなくなったそうです。

Posted by: akiko21 | December 08, 2011 at 09:54 PM

若いDRのほうが良いのか・・と思うことが よくあります。。

Posted by: セイレーン | December 08, 2011 at 08:25 PM

おお、そういえば明日がボーナスです(≧▽≦)!
でも、ヨルダン旅行とグアム旅行で全額消えるんですが(^_^;)
なんでこう、お金が貯まらないのか・・・

Posted by: butaneko | December 08, 2011 at 08:11 PM

そう言えば、こないだの車検、1週間くらい、切れているのに気付かず、乗っていたな~

車屋さんから電話があって更新したのですが、まあ、いつも、その車屋さんからの電話で更新作業していたのですけどね。

Posted by: ツボ | December 08, 2011 at 03:45 PM

ボーナスいいなぁ〜♪うらやましいです。

医者の世界に限らず、どこでも派閥って・・・無駄な争いだと思いますよ。アメリカの政治も・・・なんとかして欲しいもんですわ!!

Posted by: mahalobunny | December 08, 2011 at 08:48 AM

私は 平成5年12月登録のボロ車 ようやく
新車に変えます。まだ発売されてませんが、
PHVや電気自動車除いて一番燃費がいい車です。
予約しました。

Posted by: オサムシ | December 08, 2011 at 07:14 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53205032

Listed below are links to weblogs that reference 孤高のメス-神の手にはあらず-:

« ハワイ旅行記1110 最後に | Main | インシデント-秦建日子- »