« 時代小説について。 | Main | 『モールス 』 »

『トランスフォーマー3 』

さて、映画ネタに戻りまして・・・
ようやくこちらの映画も見られました。
『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』ですっ!

2011

[監]マイケル・ベイ
[出]シャイア・ラブーフ ロージー・ハンティントン・ホワイトレイ 
   ジョン・タトゥーロ パトリック・デンプシー
[配給会社] 2011アメリカ/パラマウント
[上映時間] 154分

度重なるディセプティコンによる地球侵略の危機に
立ち向かってきたサムとオートボットのトランスフォーマー達。
だが、社会人となったサムの前に再び世界を
闇で包み込むような脅威が訪れる。

それは1969年のアポロ11号による月面着陸という
歴史的偉業の裏で起き、以降40年近く政府が隠し続けてきた
出来事と大きく関係していた。。。

================================================
トランスフォーマーシリーズも今回で3作目。
全て、映画館で観ております((^┰^))ゞ
この間、TVでもやってましたが、やはり大画面と違うのよね。

今回はシリーズ初の「3D」という事で楽しみにしてました。
いや、もうすごいっす!!
元々この映画、映像がすごいのは分ってたんですが、
3Dになって、より一層!!って感じです。

「アバター」のジェームズ・キャメロン監督がマイケル・ベイ監督を
説得し、機材まで貸してくれて3Dを撮ることになったそうですが
うん、合い共通するものがありますよね。

昨今、3Dがいっぱい公開されてますが、本当に必要なのか?
と思うような作品も多い気がします。
「飛び出してくる」だけではお客さんは納得しないよ~って。

今回の作品、アポロ11号、と言う歴史的な出来事を絡め、
実はオートボットと地球の関係はその頃からあり、
チェルノブイリの事故もコレが絡んでいる、とか、
まぁすごいでかいネタをぶちまけてくれました。
(途中でストーリーを追いかけるのを止めたくなった位;^^)

この映画、って話をしっかり作るんだけど、途中で
「あ”~~!!まだるっこしいっ!」って放棄したくなるのよね。
頭空っぽにして楽しみたくなっちゃうの。
今回もそうでした~。2Dで話をつかんでから行けば良かったな。

と言うような事を英会話のレッスンで伝えたかったのですが、
「ROBOTね」とあっさりスルーされました _| ̄|○...
単純なROBOTの話じゃないんだけどね~。
観てない人には一緒、かな(;^^)

|

« 時代小説について。 | Main | 『モールス 』 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

チェルノブイリ・・日本の原発事故の前にそれをストーリーにいれることを考えていたのですね。。。

Posted by: セイレーン | September 06, 2011 at 09:19 PM

こういう映画、ストーリーなくてもいいのに(^_^;)
車がロボットに変身したり、ウインドウオッシャー液を
涙代わりに泣いたりするのがおもしろいんですよ(^_^;)
うちにも一台ほしいわ・・

Posted by: butaneko | September 06, 2011 at 08:17 PM

多分nanamamaもスルーしてしまいそうです。

「僕たちは世界を変えることができない」を今から楽しみにしています。

Posted by: nanamama | September 06, 2011 at 11:06 AM

たしかに この映画は3Dの方がよさそうですね。

Posted by: オサムシ | September 06, 2011 at 06:45 AM

私、この手の映画一作も観ていないです。
トイなんかで、車からロボットに変身したりするのは面白いと思うんですよね。だからこれも観たらきっと面白いと思うんだろうけれど・・・。
たぶん、自分の感心するポイントが違うんでしょうね。
でも、「ロボットね」とあっさり言われちゃうのも悲しいですね。もっと感情いっぱいに話してみるとか・・・?

Posted by: mahalobunny | September 06, 2011 at 05:06 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/52501193

Listed below are links to weblogs that reference 『トランスフォーマー3 』:

« 時代小説について。 | Main | 『モールス 』 »