« 『ダンシングチャップリン』 | Main | 稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? »

『神様のカルテ』

こちらの映画にも行ってきました。
『神様のカルテ』です。

Photo_3

[監]深川栄洋
[出]櫻井翔 宮崎あおい 要潤
[配給会社] 2011日本/東宝
[上映時間] 128分

現役医師・夏川草介のデビュー作で
本屋大賞第2位となった号泣ベストセラーを映画化。
地方医療という社会問題を背景に、
若く真面目な内科医の葛藤と成長をみずみずしく描く。

栗原一止は、医師不足に悩む信州・松本の病院に勤める
内科医。年中無休で寝る暇もない激務をこなす毎日で、
愛妻・榛名との語らいが心の支えだ。
そんなある日、大学病院の誘いを受けたことから、
栗原は人生の岐路に立たされる。
迷い悩む彼の背中を押したのは、
高齢の末期がん患者からの思いがけない贈り物だった・・・。
==========================================

原作は読んでおりません。
本屋に行けば「第1位!」とか「お勧め!!」とかって
POPは目にしていたし、手にとっても見た。
でもなんかなぁ、って買わなかった(;^^)
現役医師の作品、ってちょっと前に懲りてたんで。

最近医療ネタ、って変わってきましたよね。
「技術を極める」的より「人に寄り添う」的になったり、
「病院の裏側」話みたいなのとか。
以前はお医者様=神様 みたいなのが当たり前、
今は医者だって1人の人間なんだ、みたいに・・・。

つまらなくはないのですが、ちょっとありふれてる感じ。
これは、末期がん患者の加賀まりこさんにやられました。
その演技がすごかったっす。

でもこれを見て思い出した「救命病棟24時 第4シリーズ」の
第5話。 りりぃさん演じるもと音楽教師の話とかぶってしまい
あれが、もう一度見たくなった。

原作は・・・その内図書館で借りる、かな・・・どうだろ?

|

« 『ダンシングチャップリン』 | Main | 稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

私は主治医をこの世の中で一番信頼しています~大好きですが先生の幸せを一番に考えています。思い出のひとつはほしいなって思いますが…縁があれば…そういう気持ちで毎日暮らしていますhappy01病院に行くのも凄く楽しみで…その時だけは病気のことは忘れてしまいますheart01入院も嫌よりも先生にあえることで大満足です。私は今までこんなにも人を愛したことがなかった…その分愛情の深さは…ツンデレなので先生も何とも思っていないですけど…一緒にいるだけで幸せですweep

Posted by: 上田ちづる | October 13, 2011 at 05:48 PM

そうですね。「救命病棟24時」がよかったからか ドラマでもドクターヘリとか いろいろありますよね。

Posted by: セイレーン | September 26, 2011 at 09:14 PM

テレビCMは目にしますが・・・
あんまり、お涙ちょうだい系は好きじゃないので(^_^;)
医療系の漫画は好きなんですけど。
医龍とかゴットハンド輝とか(^_^;)

Posted by: butaneko | September 26, 2011 at 08:32 PM

「救命病棟24時」は好きで全部見ているので、思い出しました。
なるほど。
ただ、あのドラマ見て救命の医師が患者の葬儀に行けるのかな?と思ったnanamamaです。

是非「救命病棟24時 第5シリーズ」放映して欲しいです。

Posted by: nanamama | September 26, 2011 at 01:01 PM

昨日、上海から無事帰国しました。コピペですみません☆

Posted by: オサムシ | September 26, 2011 at 06:55 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/52623759

Listed below are links to weblogs that reference 『神様のカルテ』:

« 『ダンシングチャップリン』 | Main | 稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? »