« この夏、役に立ったよ、ありがとう♪ | Main | 11.09.10のランチ ラ・ベナマート (La benamato) »

『一枚のハガキ』

こちらの映画に行ってきました。
『一枚のハガキ』です。
Intro_2
製作年度: 2010年
監督: 新藤兼人
上映時間: 114分
キャスト 豊川悦司 大竹しのぶ 六平直政

太平洋戦争末期、中年兵として招集された啓太(豊川悦司)
ほか仲間99名の運命は、上官によるくじ引きで決定した。
仲間の定造(六平直政)はフィリピンに送られることになり、
戦死を覚悟した彼は啓太に妻の友子(大竹しのぶ)が書いた
一枚のハガキを託す。
もし彼が生き延びることができたら、妻にハガキは読んだと
伝えてくれと頼まれるが……。

================================================

終戦間際に招集された兵士100名の内戦死者94名、存命者6名。
邦画界最高齢の現役映画監督、新藤兼人が自らの体験を基に
描いた作品です。

なんていうんでしょ、本当にこういう時代だったんだなぁ、と
気が遠くなりましたっけ(;^^)
100名の内60名がまずフィリピンへ。次に30名が沖縄へ。
残る10名は宝塚の宿舎の掃除、と言う内訳なんですが、
クジ引きだったら、まず間違いなくフィリピンだな、私(;^^)。
あ、自分でクジも引けないんですよ。
「上官さまが引いてくださる」訳ですから。

↑のあらすじだけでもすごいな、って思いますが、
それより、気になったのが妻友子(大竹しのぶ)の人生。

これがまた激動の人生なんです。
実家の借金の肩に、女郎屋に売られそうになるところを
幼馴染の定造に助けられ結婚。
ところが定造が戦に出て、フィリピンへ行く途中で戦死、
「行く所(実家)がないので、置いてくんしゃい」と言う友子。

で、町工場で働く次男と再婚するが、彼もまた赤紙が来て
戦地へ行き戦死・・・。
息子2人をなくし、年老いた舅は心臓発作、姑も追うように自殺し
友子は1人残されてしまう・・・。

その後、町の実力者の「妾(めかけ)になれ」誘いを断り、
ひっそり暮らす友子に訪れたのが、啓太なんですね。

ちょっと最後、クライマックスの部分が「( ̄ヘ ̄;)ウーン」と
思いましたが、事実、ってそういうものですよね。
小説より奇なんだけど、小説のようにうまい盛り上がりはない。

今、って本当に良い時代なんだな、って実感。
昔を知らないヤツが何言ってんだ、って感じですが、
(映画館、年配の方ばかりでしたw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!)
知らないより知っていた方が良い、そんな話です。
小説も出ていますので、お時間があればぜひ。

|

« この夏、役に立ったよ、ありがとう♪ | Main | 11.09.10のランチ ラ・ベナマート (La benamato) »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

豊川悦司は「江」の織田信長のイメージが今は大きくって…。

ゲゲゲの水木しげるさんの体験談でもこの時代の過酷さを知りました。今の世は本当に幸せな世なんだと思います。

Posted by: nanamama | September 12, 2011 at 10:40 PM

トヨエツ、昨日「愛していると言ってくれ」の
映像を見て、「この頃は最高だった!」と思ったばかり(^_^;)
最近、老けましたよね~。
あの頃は間違っても、「長持ちするのと遠くまで飛ぶのと」
みたいなことを言うキャラクターではなかった(^_^;)

Posted by: butaneko | September 12, 2011 at 09:19 PM

私もフィリピンを引く自信があります…(>_<。)
本当昔の人って強かったんでしょうねぇ。
今の人だったらこんな経験をしたら頭おかしくなっちゃうかも。
強くないと生きていけない時代だったのかもしれませんが…

Posted by: Putri | September 12, 2011 at 08:57 PM

今だから撮れる映画なんでしょうね
震災の時には この映画は もうできあがっていたのですね。

Posted by: セイレーン | September 12, 2011 at 08:06 PM

もう絶対この手の話はだめです・・・
あらすじ読んでいるだけで心が痛くなりましたもの・・・
そういう事を知っておかないといけないのは分かっているのですが・・・
耐えきれないんです・・・
「ブラックスワン」昨日見ました・・・
頭の悪いPAMには今一つピンと来なくて・・・
妄想と現実がわけわかりませんでした・・・
すみません・・・教養無くて・・・

Posted by: PAM | September 12, 2011 at 05:25 PM

渋そうな映画ですね。

Posted by: オサムシ | September 12, 2011 at 06:52 AM

私たちは実際の昔を知らないけれど、映像や話では聞いている。それを想像するだけでも、今の時代は恵まれているなぁ〜と思います。と言うか、ある意味では恵まれていないのかも!?と思うふしもあるけれど、もう少しみんなが客観的に「自分は恵まれている」と感じられるようになればいいなぁ〜と思いますよ。

↓今年はバスケットが流行ったみたいで、私も一つ買いました。上の部分にかぎ針でカバーを作ったのはGood ideaですね。

ワッフルメーカー買ったんですけれどね。
この時は、まずDeath by chocolateと言うチョコレーツ尽くしのケーキが食べたかったので、お出かけしました。帰って家で作ろうとは思わなかったですわ。笑。

Posted by: mahalobunny | September 12, 2011 at 02:06 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/52568065

Listed below are links to weblogs that reference 『一枚のハガキ』:

« この夏、役に立ったよ、ありがとう♪ | Main | 11.09.10のランチ ラ・ベナマート (La benamato) »