« 『コクリコ坂から』 | Main | 11.08.20のランチ ラ・フォレット »

『ツリーオブライフ』

こちらの映画を見てきました。

『ツリー・オブ・ライフ Tree Of Life 』です。

Photo

[監]テレンス・マリック
[出]ブラッド・ピット ショーン・ペン ジェシカ・チャステイン
[配給会社] 2011アメリカ/ディズニー スタジオ
[上映時間] 138分

1950年代のアメリカ・テキサス州。
オブライエン家の長男ジャックは、
両親と2人の弟たちに囲まれて何不自由なく暮らしていた。
だが、繊細なジャックは、慈愛にあふれた母と
厳格な父との間で板挟みになってしまう。

それから40年後。実業家として成功したジャックは
少年時代を振り返り、人生の意味を探ろうとする。。。

2011年カンヌ国際映画祭で最高賞にあたる
パルムドールに輝いた感動作、という事で
かなり期待して行きました。

が、私にはとんと理解できんどす。。。。

まずですね~、これは話を観るものではなく、
映像を観る作品です。
次に、話と映像が交互に出すぎて、
話を忘れます。

で、結局何がどうなの??と(;^^)

「映像が語る」と言います。
「映像は時に雄弁に語る」とも言います。

これはまさにそんな映画です。

ところが私は「話」が好きなんですね。
話の骨組みがきちんとしているのが好きなんです。
つまり、あやふやな言葉で各自のイメージで、ってより
きちんとした言葉・話の裏に、先にある何かを、って
人なんです。

そういう私にはと~~~~~っても敷居の高い映画。
でも映像はきれいです。
命の流れ、生命の息吹、人生を感じられます。

|

« 『コクリコ坂から』 | Main | 11.08.20のランチ ラ・フォレット »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

映像もいいですけれどね。興味のある土地だったら・・

Posted by: セイレーン | August 30, 2011 at 10:14 PM

・・・。
難しい映画のようですね(--;)
私には向いてないかもです。。。

Posted by: ジャズ | August 30, 2011 at 08:59 PM

これは、私にも向かないかな(^_^;)
頭を使わなくていい映画がすきなんで。
週末、クローザーをざーっと見ました。
こういうのがイイです(^_^;)

Posted by: butaneko | August 30, 2011 at 06:37 PM

難しそうですね。
↓コクリコ坂の舞台は横浜だって
新聞に書いてありましたよ。
横浜は何度もいってるけどこの坂の舞台になった場所の方はあんまり行ったことないかも。

Posted by: もも | August 30, 2011 at 04:43 PM

nanamamaも各自のイメージでというのは苦手です。

そうそう、昨日のコメントに韓国のドラマは20話前後でと書きましたが、1話もCMなしでだいたい1時間4分前後なので、週2日放送なので話がわりと進むんですよね。
日本のドラマは週1回でだいたい45分前後の放送なので話が広げられない上に週1回が待ちきれないんです。
他の国のドラマがどうなっているのかわからないけれど、nanamamaは一気に見れるDVDで見るタイプです。

Posted by: nanamama | August 30, 2011 at 02:17 PM

いつもながら映画ゆっくり見たいです。

Posted by: オサムシ | August 30, 2011 at 06:58 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/52501184

Listed below are links to weblogs that reference 『ツリーオブライフ』:

» ツリー・オブ・ライフ [風に吹かれて]
地球の歴史のごくごく一部のある家族公式サイト http://www.movies.co.jp/tree-lifeカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作製作: ブラッド・ピット他監督・脚本: テレンス・マリ [Read More]

Tracked on September 02, 2011 at 03:40 PM

« 『コクリコ坂から』 | Main | 11.08.20のランチ ラ・フォレット »