« SUICAペンギン コンプリート!2011夏 | Main | 『ラスト・ターゲット THE AMERICAN』 »

『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』

ち~と、紹介するのは気恥ずかしい(;^^)ですが、
『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』を見ました。

Photo_2 2

[監]村田和也
[出]朴ロ美 釘宮理恵 坂本真綾
[配給会社] 2011日本/松竹=アニプレックス
[上映時間] 110分

失った自分たちの身体を取り戻すための旅を続ける
錬金術師「エドワード&アルフォンス兄弟」は、
強力な錬金術を操る脱獄囚メルビンの跡を追って、
巨大な崖に囲まれたテーブルシティへたどり着く。
そこでジュリアという少女と出会った2人は、
彼女の言葉に導かれ、かつて“ミロス”と呼ばれていた
この地に隠されている血塗られた歴史を知ることに。。。

================= ============================

すごい昔(2009年4月)にこちらのblogでは紹介済。
友人に勧められて漫画読んで、TVアニメも。。。
いやぁ、久しぶりにTVアニメを見ましたよ。
5年ぶりでした。(その前は「獣王星」だったなぁ)

そちらが今回オリジナルストーリー、との事で公開。
どうしようかな?とも思いましたが、上映時間と作品の
タイミングが良かったので・・・。

この話、って結構奥が深くてね~。
そもそも「錬金術」ってのは古代エジプトの「治金術」に
端を発している、と言うもの。
かのアイザック・ニュートンなんか、
「最後の錬金術師」と呼ばれているんだって。
「化学」のもととなっており、立派な学問なんですよ。

こういった歴史的史実をベースに作られたお話なので、
結構難しくてね(;^^)
又、エルリック兄弟、ってのが重い使命を背負っていて
生きる事に必死になっているんですわ。
頭使わずに見ることもできるけど、
せっかくなので、色々考えながら見るのをお勧めします。

あ、でも最初は漫画本からぜひどうぞ♪
英語版もあるでよ。

|

« SUICAペンギン コンプリート!2011夏 | Main | 『ラスト・ターゲット THE AMERICAN』 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

いろいろ見ていらっしゃるのですね
私は 図書館で東野圭吾を借りてきましたよ(予約して)
そうしたら 重い本がど~んと出てきちゃいました。
単行本を電車の中で読むことが 本を読むことだと思っていたので、今 この本の重さが恨めしいです@@
これじゃあ きちんと机に座って読まないと 右腕が疲れちゃいますよ~(TT)

右腕つっていた方がいいのかな 今日も行進をするように手を振って歩いていたら なんか痛みが^^;

Posted by: セイレーン | August 19, 2011 at 09:41 PM

人気なのは、知ってますが(^^;)
う~ん、観てないですね。。。

うちの職場では「ワンピース」が大人気ですよ!!

Posted by: ジャズ | August 19, 2011 at 08:35 PM

漫画最後に読んだのはなんだろう?
そしていつだっだろう?

Posted by: nanamama | August 19, 2011 at 03:42 PM

アメリカでは、日本の漫画が英語で記載されてたくさん発売されていますよ。
ICOCAの情報ありがとうございます。
日本はどんどん進化していくから・・・ついて行けないっす・・・。

Posted by: mahalobunny | August 19, 2011 at 02:26 PM

ハガレン TVの方が一番はじめ
ブームになった時、後から見ました。
映画は見てないです。そこそこは
面白かったです。

Posted by: オサムシ | August 19, 2011 at 06:57 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/52124435

Listed below are links to weblogs that reference 『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』:

« SUICAペンギン コンプリート!2011夏 | Main | 『ラスト・ターゲット THE AMERICAN』 »