« 『誰も知らない』 | Main | 山田洋次監督が選んだ日本の名作100本 家族編 »

「福祉」が人を殺すとき

昨日の記事を書いていて思い出した本を今日はご紹介。
学生時代にこんな本を読んだことがありました。

「福祉」が人を殺すとき―ルポルタージュ・飽食時代の餓死


1987年(昭和62年)1月22日の夜、札幌市白石区の市営住宅。
最上藤子さん(当時39歳)は、息を引き取った。
3人の子供を残しての死。死因は「栄養失調による衰弱死」、
そう、「餓死」なんです。
彼女を餓死に追いやったのは誰か??

こういう大学にいたもんで、発刊したばかりのこの本を
当時、ゼミの全員が購入し、レジュメをまとめ討論したっけ。
この本の内容も衝撃的で、この道に進もう、って輩ばかり、
でも浮かれ気分の大学生の私たちにはしんどい内容でした。

福祉(ふくし)って一体何??
wikiのよると、「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する言葉で、
生活するうえで何らかの支援や介助を必要とする人に対し、
生活の質を維持・向上させるためのサービスの提供

なわけですよ。

未成年者や高齢者、障害者に1人親家庭、と
社会的にハンディキャップがあると思われる国民に対し
公的な支援を行う

わけですよ。

ところが現実では、
「3.11の震災で国や県からの「義援金」を受け取った世帯の
生活保護を打ち切った」なんて事もあったんですよね。
※その後、今回は特例として打ち切りは緩和させたが
  一部の世帯では打ち切られたままとなっている。

補償金や義援金が「収入」と見なされ、余裕が出たから、と
生活保護が打ち切られる・・・・。
どう判断して良いんでしょ??
裕福にはなったので一時停止しても良いって意見と、
それとこれとは別、って意見の2種類がありますよね。

↑の本内では「エアコンはダメ」とか「ラジカセもダメ」など
とにかくぜいたく品といわれるものを持っていたら申請は
受理されず、停止させられる場合もあったんです。
かたや、ベンツに乗ってお金もらいに来る人がいたり、と
受理の基準はどこに??って感じなんですよね。

こういう現実が「豊かな国日本」にもあるんだ、って
事実から目を背けちゃいけないんですよね。
少し考えてみようかな、と思った方はぜひ一度読んでみて下さい。

|

« 『誰も知らない』 | Main | 山田洋次監督が選んだ日本の名作100本 家族編 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

これ読んでみたいです。

生活保護って本当に必要な人に必要な分だけしてあげて欲しいです。

外国からわざわざ来て生活保護受けている人もいるとニュースで知るとどうなのかと思ってしまいます。

Posted by: nanamama | August 15, 2011 at 10:45 PM

義援金もすぐには 届かなかったって話だし
どうなのかなーと思います。

教会の中・・迷いますけれどね 信者さんは信者さんで 本山に行った記念みたいなのかなぁ・・

キリスト像が ポキッといっちゃったら どーするの@@とか思って見ていました。。

Posted by: セイレーン | August 15, 2011 at 10:09 PM

生活保護・・・
本当に必要としている人もいるのでしょうが。
生活保護費の受給のため、タクシーで役所に
乗り付けてる奴らのニュースを聞くと、
どうなのかと思ってしまう(^_^;)
うちのおじさんも、お酒の飲み過ぎで肝臓を壊し、
働けないからと障害者年金をもらってましたが、
それって自業自得なんじゃ? とか(^_^;)
本当に必要な人に必要な福祉が行き渡る
国であればいいですね。

Posted by: butaneko | August 15, 2011 at 06:30 PM

キャンプに行ってました。。。

理想の社会、難しいですね。

ひとり一人の心の中に少しずつのマゴコロをですね。

Posted by: ツボ | August 15, 2011 at 10:40 AM

福祉って本当に難しいですね。
みんなが幸せになれればいいのですが。

国の福祉政策には不満を口にする私も、
被災者の方のためには何もできないのですが。

タモリ倶楽部みたかったです。

Posted by: akiko21 | August 15, 2011 at 08:29 AM

ときどきニュースで生活保護打ち切られて餓死したなんていうのみるけど・・。
かたや生活保護で贅沢している人もいるしね・・。
福祉って難しいですね。。

Posted by: もも | August 15, 2011 at 06:58 AM

福祉 って なかなか難しいですね。

Posted by: オサムシ | August 15, 2011 at 06:53 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/52443990

Listed below are links to weblogs that reference 「福祉」が人を殺すとき:

« 『誰も知らない』 | Main | 山田洋次監督が選んだ日本の名作100本 家族編 »