« 『マイティ・ソー』 | Main | アクセス-誉田哲也- »

北欧の神話

昨日の映画「マイティ・ソー」で読んでみたくなり、
図書館でめぼしい本を借りてみました。

ギリシア・ローマ神話―付インド・北欧神話 (岩波文庫)
北欧の神話 (丸善ブックス) の2冊です。

キリスト教の教えが浸透する前にゲルマン人が持ってた内、
ノルウェーやスウェーデン、デンマーク・アイスランド等の
「北欧(スカンディナヴィア地域)」に伝わった神話の総称が
「北欧神話」なんです。
 ※フィンランド神話は別

だからアルクなんかで調べると
 北欧神話=Scandinavian myth (スカンディナヴィアの神話)
となっております。

と書いていても「ふ~ん」って感じですよね(;^^)
でもこんな言葉、聞いた事はないですか??
 「ヴァルハラ」 「ユグドラシル」 「オーディン」
 「フェンリル」 「ヨルムンガンド」 「ノルン」
 「エルフ」 「ドワーフ」 「ニーベルング」 ・・・

これらの言葉は北欧神話の登場人物や世界を表しており
漫画とか読まれる方は知っているかも(;^^)
実はかの「指輪物語」も影響を受けているそうで、
どうりで「ドワーフ」や「エルフ」が出ていると思ったわ。

北欧神話の世界観
Yggdrasil

世界樹「ユグドラシル」を中心に、
アースガルズ、ミズガルズ、ウートガルズ、ヘルヘイムなどの
九つの世界があるそうです。

北欧神話はギリシアやローマと違ったテイストの神話で、
意外と面白かったです。
何せ、神様が(私の持つイメージと違って)偉くない(;^^)

オーディンなんか「全能の神」とか言っちゃってるけど、
自分の生みの親を殺したり、浮気性で奥さんの嫉妬に
愛人を見捨てちゃったり、と神性なんてありゃしない(;^^)

又、昨日の映画で出た「ロキ」なんか、
敵なんだか味方なんだか分らないコウモリみたいなヤツなの。
映画では後半から裏切ったような書き方になっているんですが、
神話を読むと最初から「楽しけりゃいい」みたいないい加減さ。
神々に仕打ちを受けたり、やり返したり、とかなりやんちゃ。

wikiによると北欧神話は「従来の神話のような『善と悪』ではなく、
『混沌と秩序』をあらわしている神話」なんだそうですが、
確かに神=善、って書き方をしてないんですよね~。

又、インド=ゲルマン民族にあるように「インド神話」や
「ローマ神話」などとの類似点などもあるそうで・・・
あそこら辺ってやっぱり地続きなんだなぁ~って改めて思い、
色々な国に伝わる神話を読んでみたくなりました。

ってか日本も「日本神話」「アイヌ神話」「琉球神話」・・・と
幾つもあるんですよね~。
小さい頃の昔話じゃないけど、今もう一度読んでみたいです。

|

« 『マイティ・ソー』 | Main | アクセス-誉田哲也- »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

そうそう オペラの題材にもなっています ワーグナーの「RING」も そうなんですけれどね。
神様が浮気したり 奥さんが嫉妬したり ホント 人間と同じなんですよね(ーー)

Posted by: セイレーン | August 10, 2011 at 10:39 PM

わたしも、図書館で借りてみようかな???
けっこう好きなんですよね、神話って(^-^)

花火大会の日は、お兄さんはお仕事だったので(--;)

Posted by: ジャズ | August 10, 2011 at 09:27 PM

大蛇が世界を取り巻いてて・・・みたいな設定ありませんでしたっけ?
フレイとフレイヤの双子のきょうだいがスキだったかなd('-'*)?
うろ覚えですが・・・

Posted by: butaneko | August 10, 2011 at 08:36 PM

日本神話、今読み返したらまた違って感じるんでしょうね。

今日も35度越えて暑くなりそうだから図書館に避難しようかな。

Posted by: nanamama | August 10, 2011 at 12:16 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/52400905

Listed below are links to weblogs that reference 北欧の神話:

« 『マイティ・ソー』 | Main | アクセス-誉田哲也- »