« 『デビル』 | Main | 『コクリコ坂から』 »

『ロック わんこの島』

不視聴運動で盛り上がっていた(; ̄ー ̄)...ン?
某TV局作成のこちらの映画を見てきました~。
Nikon_476

[監]中江功
[出]佐藤隆太 麻生久美子 土師野隆之介
[配給会社] 2011日本/東宝
[上映時間] 123分

三宅島で民宿を営む4人家族の野山一家。
息子の芯は生まれたばかりの子犬にロックと名付け、
大切に育てる。
ところが、2000年8月に火山が爆発、
芯たちは東京へ避難することになるが、その矢先、
ロックがいなくなる。
いつか島へ戻り、ロックと暮らすことを願う家族は、
噴火災害動物救護センターへ通い始める・・・。

=================================
フジテレビの情報番組「めざましテレビ」で紹介された
実話をベースに作られています。

まぁ「動物と子役」の王道パターンですので、
いかにも、的な展開ですが、分っていてもつい泣ける(;^^)。
でも、最後の最後、は主人公の家族より、
里親夫婦の方に感情移入しちゃいましたわ。

三宅島では避難の際、ペットはほぼ避難できたんですね。
その後、飼主と一緒に住めるようになったペット、
避難先が団地等ペット不可の為、里親に出されたペット、
色々ですが、ロックの場合はケージから逃げたから
大変だったんですよね~。

あの噴火からもう11年も経つんですね~。
作品中、当時の映像が出てきますが、すごいです。
主人公の家族は5年弱で島へ戻る訳ですが、
結局戻れず、東京に根を張った方も多いそうですね。

今回の震災でも色々な話を耳にします。
ペットと一緒に避難できた方、できなかった方、
避難できたが為に避難所に入れず車で生活する方・・・。
何がペットにとって一番良い事なのか?
その為に飼主ができる事は??
そんな問いかけをついしてしまう映画です。

|

« 『デビル』 | Main | 『コクリコ坂から』 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

「わんこの島」って すごいですね 誰が考えたのでしょう^^;

Posted by: セイレーン | August 28, 2011 at 11:27 PM

これは、絶対に泣けるって映画ですよね。
でも、観てません(笑)
ジャズ、ネコ派なんですよね(^^;)

Posted by: ジャズ | August 28, 2011 at 11:17 PM

不視聴運動、こちらでは全く情報ないです。

今こちらでは犬が時間関係なく泣きっぱなしでまいっています。
きちんと躾してもらえるならいいけれど、ただ一緒にいるだけだと困ります。

Posted by: nanamama | August 28, 2011 at 11:06 PM

ペットについてはいろいろな考えがありますよね~
我が家の娘は動物はすべてダメ・・・
なので避難所だろうが道だろうが側にいるのもきっと駄目でしょうし・・・
本当に家族みたいにペットを思っている人もいる・・・
こればかりはどちらが正しいか???
わからないです・・

Posted by: PAM | August 28, 2011 at 09:45 PM

不視聴運動??どーしてなんだろう?
日本の映画の情報は、めっきり入ってこないので、全然知りませんでした。
動物ものは・・・泣いちゃいそうで・・・怖くて観られません・・・。

Posted by: mahalobunny | August 28, 2011 at 01:39 PM

これ宣伝してるの見ました。
たしかに災害の時ってペットどうしたらいいのか・・困りますよね( ̄~ ̄;

Posted by: もも | August 28, 2011 at 09:22 AM

11年 早いなあ。

Posted by: オサムシ | August 28, 2011 at 08:08 AM

これは確かに泣けそうですね。
てか人を泣かせるために作ってるんじゃ!って思っちゃいます(笑)
動物って喋れないから、どうしたらいいのかよく分からないときも多いですよね。
でも人間以上に人の心を読んでたりすることもあるし。。。

Posted by: Putri | August 28, 2011 at 05:30 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/52384642

Listed below are links to weblogs that reference 『ロック わんこの島』:

« 『デビル』 | Main | 『コクリコ坂から』 »