« July 2011 | Main | September 2011 »

31 posts from August 2011

11.08.20のランチ ラ・フォレット

ランチも毎回同じ場所、と思いつつ、
つい写真を撮ってしまい、記事を書いてしまいます。

この日も毎度おなじみのこのお店
「ラ・フォレット」
TEL 043-243-0314
千葉市中央区新千葉1-7-6 駅ビルニューハウス 1F

です。
海外に長期滞在していた友人が帰国し、
英会話のレッスンに途中から参加。
彼女のリクエストでこちらへ行きました。

彼女は日替わりランチプレート(洋食)
Nikon_595

チキン、でしたが、キッシュやサーモンなど
盛り付けがカラフルでした。

私はこの日は「ミラノ風カツレツ」にしました。
ランチプレートじゃないとスープなど別に来ます。
Nikon_594

左側のオレンジ色のは「タクアン」ではなく「かぼちゃ」です。
そして、ハーブの香る特製衣と爽やかなトマトソースのカツレツ。
Nikon_596


これがおいしかったです。肉厚が薄いところがあっさり。
でも食べ応えがあって、ご飯が進む~♪
Nikon_597

これでドリンクついたセット価格が980円です。
そして・・・
この後場所を変えて、おしゃべり~。まぁ盛り上がる事(^o^)
週末のランチとおしゃべりが良い気分転換になってます♪

| | Comments (7) | TrackBack (1)

『ツリーオブライフ』

こちらの映画を見てきました。

『ツリー・オブ・ライフ Tree Of Life 』です。

Photo

[監]テレンス・マリック
[出]ブラッド・ピット ショーン・ペン ジェシカ・チャステイン
[配給会社] 2011アメリカ/ディズニー スタジオ
[上映時間] 138分

1950年代のアメリカ・テキサス州。
オブライエン家の長男ジャックは、
両親と2人の弟たちに囲まれて何不自由なく暮らしていた。
だが、繊細なジャックは、慈愛にあふれた母と
厳格な父との間で板挟みになってしまう。

それから40年後。実業家として成功したジャックは
少年時代を振り返り、人生の意味を探ろうとする。。。

2011年カンヌ国際映画祭で最高賞にあたる
パルムドールに輝いた感動作、という事で
かなり期待して行きました。

が、私にはとんと理解できんどす。。。。

まずですね~、これは話を観るものではなく、
映像を観る作品です。
次に、話と映像が交互に出すぎて、
話を忘れます。

で、結局何がどうなの??と(;^^)

「映像が語る」と言います。
「映像は時に雄弁に語る」とも言います。

これはまさにそんな映画です。

ところが私は「話」が好きなんですね。
話の骨組みがきちんとしているのが好きなんです。
つまり、あやふやな言葉で各自のイメージで、ってより
きちんとした言葉・話の裏に、先にある何かを、って
人なんです。

そういう私にはと~~~~~っても敷居の高い映画。
でも映像はきれいです。
命の流れ、生命の息吹、人生を感じられます。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

『コクリコ坂から』

スタジオジブリのこちらの作品に行きました。
『コクリコ坂から』です。

Photo

[監]宮崎吾朗
[出]長澤まさみ 岡田准一 竹下景子
[配給会社] 2011日本/東宝
[上映時間] 91分

1963年、東京オリンピックの開催を目前に控え
高度経済成長が始まろうとしていた時代。
古いものは壊され、新しいものがすばらしいと信じられていた。
16歳の少女・海が通う横浜の高校では、
明治時代に建てられた由緒ある校舎の取り壊しを巡って、
小さな紛争が起こっていた。
その紛争の中で海は、17歳の少年・俊と出会う・・・
===============================================
1980年に「なかよし」で連載されていたんですね。
結構その世代なんですが・・・(;^^)記憶がない!!

ちなみに同時期に連載されてた他の作品なら、
 オレンジ通信(たかなししずえ)
 きらら星の大予言(原作:水木杏子・作画:あさぎり夕)
 OH!サンシャイン(原ちえこ)
 地獄への招待状(星川とみ)
 ミルキー☆レディ(高橋千鶴)

なんかは記憶、あるよ~。あんまり内容は覚えてないけど。
でも、それより前の1970年代後半の頃の方が記憶がある。

 キャンディ・キャンディ(原作:水木杏子・原画:いがらしゆみこ)
 タランチュラのくちづけ(原作:佐山哲郎・作画:高階良子)
 化石の島(高階良子)
 おはよう!スパンク(原作:雪室俊一・作画:たかなし♥しずえ)
 フォスティーヌ(原ちえこ)
 メイミー♥エンジェル(いがらしゆみこ)

ここら辺はうん、覚えてる。同年代の方、どうですか?

で本編の方は・・・
実際にはコクリコ(=ひなげし(仏))坂、はないんですね。
取り壊しの対象である「カルチェラタン」もないし。
横浜がモデル、との事ですが、
港の見える丘公園の展望台~大佛次郎記念館、
神奈川近代文学館あたりにあるとされているそうです。

でもネットでは「本当の舞台は盛岡では??」なんて
うわさも飛び交っているそうですね。
私てきにはつい最近行った「神戸」を思い出しました。
人それぞれ、のイメージってありますよね。
皆さんはどんなイメージを持たれたでしょうか?
見られた方、います??

多分この作品、私と同年代の方むきかなぁ?
当時の気恥ずかしい感情とか、色々思い出しますわ。
謎の部分はお約束、な感じですし・・・。
いわゆる韓流ドラマ系のような・・・。
あ、韓流なら今の若い人でもOKか(;^^)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

『ロック わんこの島』

不視聴運動で盛り上がっていた(; ̄ー ̄)...ン?
某TV局作成のこちらの映画を見てきました~。
Nikon_476

[監]中江功
[出]佐藤隆太 麻生久美子 土師野隆之介
[配給会社] 2011日本/東宝
[上映時間] 123分

三宅島で民宿を営む4人家族の野山一家。
息子の芯は生まれたばかりの子犬にロックと名付け、
大切に育てる。
ところが、2000年8月に火山が爆発、
芯たちは東京へ避難することになるが、その矢先、
ロックがいなくなる。
いつか島へ戻り、ロックと暮らすことを願う家族は、
噴火災害動物救護センターへ通い始める・・・。

=================================
フジテレビの情報番組「めざましテレビ」で紹介された
実話をベースに作られています。

まぁ「動物と子役」の王道パターンですので、
いかにも、的な展開ですが、分っていてもつい泣ける(;^^)。
でも、最後の最後、は主人公の家族より、
里親夫婦の方に感情移入しちゃいましたわ。

三宅島では避難の際、ペットはほぼ避難できたんですね。
その後、飼主と一緒に住めるようになったペット、
避難先が団地等ペット不可の為、里親に出されたペット、
色々ですが、ロックの場合はケージから逃げたから
大変だったんですよね~。

あの噴火からもう11年も経つんですね~。
作品中、当時の映像が出てきますが、すごいです。
主人公の家族は5年弱で島へ戻る訳ですが、
結局戻れず、東京に根を張った方も多いそうですね。

今回の震災でも色々な話を耳にします。
ペットと一緒に避難できた方、できなかった方、
避難できたが為に避難所に入れず車で生活する方・・・。
何がペットにとって一番良い事なのか?
その為に飼主ができる事は??
そんな問いかけをついしてしまう映画です。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

『デビル』

こんな映画が公開されている事も知らなかったです。
(近くの映画館で1箇所だけやってましたわ)
『デビル DEVIL 』です。

Devil01

[監]ジョン・エリック・ドゥードル
[出]クリス・メッシーナ
[配給会社] 2011アメリカ
[上映時間] 80分

高層ビルで一人の男が墜落死した。
現場に急行したボーデン刑事(クリス・メッシーナ)は、
ロザリオを握りしめた死体に違和感を感じつつも、
状況から自殺と断定する。

ちょうどその頃、そのビルの1台のエレベーターに
乗り合わせた5人の男女。
上昇中に突然停止し、閉じ込められてしまう。
庫内の映像は見えるが、声は聞こえず、
外部からの声は届くが、やりとりができない。
そんな中、庫内の照明が消え再びついたその時-

================================================

こちらの映画、「M・シャマラン監督」が書き溜めていた
アイデアを将来有望な映画作家達が映画化する、って
プロジェクトの第1弾。

いやぁ~なかなか面白かったっすよ!
エレベーターと言う密室の中で繰り広げられる惨劇・・・
(いや、惨劇は面白い訳ではないんですが)
5人の中の誰が犯人か?謎解きも平行していて、
まさか?!の人が犯人でしたわ。

しかも、5人の中の1人は救出に向かった刑事の
過去にも関わっていて・・・
未だにその過去を引きずっている刑事は人の道を
外れるのか? そんな部分の見所もなかなか、です。

手に汗握る展開に、最後の結末・・・
やるじゃん!!ってなんとなく良い気分で終われました。

まぁDVDで十分ではあるんですが、
結構お勧めですよ♪

| | Comments (7) | TrackBack (0)

『アイ・アム・ナンバー4』

さて今日からは映画ネタ。
こちらの映画を見てきました~。

『アイ・アム・ナンバー4 I AM NUMBER FOUR 』です。

4

製作年度: 2011年 
監督: D・J・カルーソー 
キャスト:アレックス・ペティファー
      ティモシー・オリファント
      テリーサ・パーマー
上映時間: 110分  アメリカ

潜在的な特殊能力を有する9人の“選ばれし若者”たちが、
自分の能力や運命が与えた使命さえ知らぬまま
何者かに命を狙われ続け、孤独な日々を送っていた。
あるとき、彼らの中の3人が殺され、
“ナンバー4”の力が覚醒(かくせい)。
ジョン・スミス(アレックス・ペティファー)という偽名で
アメリカの片田舎に暮らす彼は敵から逃げることをやめ、
戦う決意を固めるが……。

「選ばれし若者」ってのがどういう意味なのか?
開始早々に明らかになるんですが、↑のあらすじに
書いてない、ってなると・・・書いていいものかしら?(;^^)

守護者(プロテクター)ってのが若者それぞれにいて
彼らが何でもやるの。逃走の手はずから、IDの偽造、
お金や武器の調達まで、なんでも。

今ってyoutubeやら何やらで写真や動画投稿サイトがいっぱい。
で、それらに彼ら若者が載っちゃうと大変なので、
「顔像認識ソフト」やらで、似たような顔を探し出して
かたっぱしから削除していく、とかね。

なかなか設定は面白いんですが、
いかんせん話が・・・以前見たものの寄せ集め的な感じ。
しかも追う悪役がね・・・(;^^) いかにも!な顔なの。
まぁ単純に楽しめる映画です。
「続く」って感じの終わり方なんですが、続く、かなぁ・・・
興行的には難しそうだなぁ~( ̄ヘ ̄;)ウーン

| | Comments (7) | TrackBack (0)

雪辱に布で。

昨日の記事で書いた

「汚れても洗えないじゃん」・・・

って事で、今日はちょっと雪辱してみました。

やっぱりこちらも100円ショップで購入したバンダナ。
夏になると「ハワイアン柄」って結構出るんですよね~。

ハンカチ・バンダナ・手ぬぐい・風呂敷・マルチカバー・・・
名称は気にせず、見かけると買ってしまいます♪
でもそのまま使うのは気恥ずかしくてね(;^^)。

そんな布地を使ってみます。失敗しても惜しくないし。
薄地のバンダナって感じの布を4つ折りにして・・・
Nikon_566

スタバのスリーブで作った型をあてて、カットします。
ざっくりのサイズで良いんですけどね。(おおざっぱな私;^^)
Nikon_565


今回は洗濯できるように、中に挟むのはこういうの。

ポリエチレンシートとかPPシートとか色々な名前があります。
クリアファイルを切り取っても良いと思います。

適当な大きさに切って、中に入れて縫いこみます。
出来上がりはこちら♪
Nikon_567_2 Nikon_568

布地は毛糸と違い伸縮性があまりないので、ムズイ!
キッチキチになっちゃいましたよ(;^^)
とりあえず、洗い替えと言うか、予備はできたので・・・
良し、とさせて頂きます(;^^)(;^^)
Nikon_569

| | Comments (8) | TrackBack (0)

毛糸1玉で。

昨日に続き、今日もこんなネタ。
興味はないかと思いますが、おつきあい下さい。

こちらも100円ショップで購入した綿100%の毛糸。
カギ針の練習に、とこんなのを作ってみました。
Nikon_551

なんじゃらほい??って感じでしょ?(;^^)
実はこれ、こんな風に使います。
Nikon_550

『コーヒースリーブ』ってヤツです。
スタバなんかで買うと外側についてくるカバーですな。
最近はオリジナルで色々な種類があるそうですが。


会社近くで一番手ごろな価格のマクドナルドのコーヒー。
日参しています(^o^) Mサイズ190円也。
夏でも「ホットコーヒー」を注文する私なので、
今の時期、カップが熱くて、熱くて・・・。

で、スタバのスリーブのサイズを参考に「細編み」で
作ってみました。
写真のスリーブ高さの幅を倍のサイズで編んで、
2つ折して間に厚紙を挟んで綴じてみました。

サイズの調整が意外と難しかったです。
広すぎるとすり抜けちゃうし(;^^)、
狭すぎると入らないし(;^^)
毛糸に多少の伸縮性はあるので、何とかなりましたが。

が、愛用し始めてすぐ気付いたこと。

「汚れても洗えないじゃん」・・・

はぁ、中を厚紙にしなけりゃ良かった・・・_| ̄|○

| | Comments (5) | TrackBack (0)

布1枚で。

さて、ここ最近、図書館でこういう本を借りてました。
Nikon_540

暮しの手芸教室 (暮しの手帖ブックス)

Sh380266
結ぶだけでできるグッズ52 (はじめましてシリーズ)
布びより ハンパ布でできちゃうおうち雑貨 (タツミムック)
手編みのきほんおさらい帖―編みたいときにすぐ役に立つ

などなど・・・。
限りなく不器用な私。リボンレイを作るのに、
針を使えば指を刺し、カギ針を使えばタコができ・・・と
毎回四苦八苦。縫い目も編み目もイマイチな出来で・・・。

ところが、リボンレイを通して知り合いになられた方には
和裁や洋裁、刺繍などなど、家庭科が得意な方が多い!
(まぁ当然なんですけどね;^^)

そんな方々に比べたら私なんて・・・
自分の手つきを恐ろしくて見ていられない私ですので、
こういうの読んでちょっと頑張ろうかな、と(^o^)。
記事にするようなものを作っている訳ではないですが、
ネタもないことですし、ご紹介させて頂きます。

今日はこちら。
100円ショップで売っているこんな手ぬぐいがありますよね。
Img_pickup_sm11essence03

30cm×90cm位の一般的なサイズの。
それを、手縫いでチクチク・・・出来上がったのがこんなの。
Nikon_592

これ、「あずま袋」と言う昔からある袋ものです。
検索するとかなりHITする簡単にできるもの。
「上の部分は結んで」とありますが、
面倒なのでスナップをつけて、留められるように。
Nikon_593

普段は小さく折りたためてバッグに忍ばせられます♪
(う~ん、写真だとイマイチ分りづらいかな?;^^)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

チヨ子-宮部みゆき-

今日はこちら。新刊で出たのをgetしました♪
「チヨ子-宮部みゆき-」です。

=================================
五年前に使われたきりであちこち古びてしまった
ピンクのウサギの着ぐるみ。
大学生の「わたし」がアルバイトでそれをかぶって
中から外を覗くと、アレレ??
(「チヨ子」)

超常現象を題材にした珠玉のホラー&ファンタジー
五編を収録。
雪娘/オモチャ/チヨ子/いしまくら/聖痕

=================================
《雪娘》
小学校時代の仲良しグループ。
1人だけ大人になれなかったあの子の姿を
郷里で見かけた時・・・

《オモチャ》
商店街に1軒しかない玩具屋さん。
そこのおばあさんが亡くなってから・・・

《いしまくら》
山中で迷った旅人に宿を貸す親切な夫婦。
だが彼らが旅人に勧める枕は石でできている・・・

《聖痕》
黒き救世主が現れる時、御業が行われる。
私は「預言者である鉄槌のユダ」か?それとも
「裏切り者のユダ」なのか??

宮部さん、好きな作家の1人です。
前回の文庫本「楽園」から1年以上経過してます。
なかなか次が出ないので待ちくたびれるんですよね。

今回は珍しい短編集です。
彼女のこういう作品、読んだことなかったなぁ。
ちょっと恐いな、って思う作品があったり、
う~ん、イマイチだな、って思う作品があったりと
好みは分かれそうです。

《雪娘》は彼女の初期の作品、
「返事はいらない」とか「とり残されて」に近いです。
すっごい懐かしい~、って嬉しくなりました。
で、思わず↑の2作品、読み直しましたわ。
  

でもお勧めは《チヨ子》。
最初「チヨ子」って表題を見て、更に帯宣伝の
「ホラー&ファンタジー」って見て、
「TVから出て来ちゃったりするのかな ( >_<)☆θ」
なんて思った位、ドキドキしたんですが、
読んでみて「あら♪」って。
私は何に見えるのかなぁ?って。

《オモチャ》と《聖痕》は私はイマイチ(;^^)
その内もう一回読み直してみよう、とは思ってますが。。。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

土産まとめて紹介(<( ̄∇ ̄)ゞゴメリンコ~♪)

夏になると皆さん旅行へ出かけますね~。
今年は円高も手伝ってか、海外脱出も多い、とか。
ビジネスで行く方もいますけどね(;^^)

まずはフィリピン土産
Nikon_486

定番のドライマンゴーに飴・飴・飴
Nikon_489

会社の引き出しに入れて、気分転換になめてます♪

そして、沖縄土産
Nikon_513

ウコン、って・・・そんなに呑兵衛ぢゃないわよ(;^^)
ちんすこう、は色々な味が増えましたよね~。
最近のお気に入りは「塩味」♪(ここにはないけどね)
Nikon_514

そして、上海土産
Nikon_547

右側の。中○だから、「バッタもん?!」って思ったけど
良く見ると「明治」なの~。サンリオの商標もあるし・・・
ちゃんとした「コラボ商品」やね~。
Nikon_548

左側がミルク味のディップなの。
甘いけど、結構おいしかったw(゜ー゜;)wワオッ!!
Nikon_549

そして、ハワイ土産♪
Nikon_479

こちらは「Wicked Wahine」のボディローション♪
匂いをかぐだけで「ハワイ♪」の気分ですっ。
Nikon_480

でもなぜ「耳掻き 」??(;^^)
Nikon_483

Wicked Wahine のペーパーバッグの柄も素敵なの♪
Wicked Wahineは直訳すると「性格の悪い女」って意味だけど、
「魅惑的な女性」ってイメージなんでしょうね~。
Nikon_481

あ”~!!ハワイ行きたいっ!!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

『ラスト・ターゲット THE AMERICAN』

こちらの映画にも行ってきました。
『ラスト・ターゲット THE AMERICAN』
Photo_3

[監]アントン・コービン
[出]ジョージ・クルーニー ヴィオランテ・プラシド 
     テクラ・リューテン
[配給会社] 2010アメリカ/角川映画
[上映時間] 105分・PG12
 
スウェーデンで何者かに命をねらわれた暗殺者。
難を逃れ、ローマに飛んだ彼は、組織に連絡、
「隠れてろ、こちらから連絡する。知り合いは作るな」と
指示をされ、イタリアはローマの東にある街に行く。

彼は「カメラマンのジャック」と名乗り潜伏するが、
神父や娼婦クララと知り合いになっていく。
ところがそんな彼をスウェーデン人が付けねらい、
組織からは狙撃銃の製作を依頼される。
スウェーデン人を撃退し、銃の製作を引き受けるが・・・。

=======================================

う~ん、ジョージクルーニーは好きなんだけどね~
いかんせん設定が・・・「孤高の殺し屋」って・・・
なんかカッコつけすぎ~。

主人公が殺し屋→感情をあまり見せない→うさんくさい
って図式がなんか出来上がっちゃうんですよね(;^^)

そんな彼が少しだけ人間らしくなるところ、
(神父との交流や娼婦クララとのディナーデート等)は
面白かったんですが・・・
最後はね、ちょっと哀しかったです。

彼はちょっとコミカルな方が面白いかな♪

| | Comments (7) | TrackBack (0)

『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』

ち~と、紹介するのは気恥ずかしい(;^^)ですが、
『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』を見ました。

Photo_2 2

[監]村田和也
[出]朴ロ美 釘宮理恵 坂本真綾
[配給会社] 2011日本/松竹=アニプレックス
[上映時間] 110分

失った自分たちの身体を取り戻すための旅を続ける
錬金術師「エドワード&アルフォンス兄弟」は、
強力な錬金術を操る脱獄囚メルビンの跡を追って、
巨大な崖に囲まれたテーブルシティへたどり着く。
そこでジュリアという少女と出会った2人は、
彼女の言葉に導かれ、かつて“ミロス”と呼ばれていた
この地に隠されている血塗られた歴史を知ることに。。。

================= ============================

すごい昔(2009年4月)にこちらのblogでは紹介済。
友人に勧められて漫画読んで、TVアニメも。。。
いやぁ、久しぶりにTVアニメを見ましたよ。
5年ぶりでした。(その前は「獣王星」だったなぁ)

そちらが今回オリジナルストーリー、との事で公開。
どうしようかな?とも思いましたが、上映時間と作品の
タイミングが良かったので・・・。

この話、って結構奥が深くてね~。
そもそも「錬金術」ってのは古代エジプトの「治金術」に
端を発している、と言うもの。
かのアイザック・ニュートンなんか、
「最後の錬金術師」と呼ばれているんだって。
「化学」のもととなっており、立派な学問なんですよ。

こういった歴史的史実をベースに作られたお話なので、
結構難しくてね(;^^)
又、エルリック兄弟、ってのが重い使命を背負っていて
生きる事に必死になっているんですわ。
頭使わずに見ることもできるけど、
せっかくなので、色々考えながら見るのをお勧めします。

あ、でも最初は漫画本からぜひどうぞ♪
英語版もあるでよ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

SUICAペンギン コンプリート!2011夏

セイレーンさんのコメントのペンギンネタです(^o^)
JR東日本が提供するICカード「SUICA(スイカ)」。
このオリジナルキャラクターが「ペンギン」なんですが、

Image_01

今年の夏はこんなキャンペーンやってます。
http://www.fromaqua.net/enjoy/campaign/index.html
Suica_aqua


ミネラルウォーターを1本買うとついてくるフィギュア。
全部で4種類!

Suica_aqua2

このお水、500mlで110円、とお得なんですよね。
それにフィギュアをつけているなんて♪
ついコンプリート!しちゃいました♪
Nikon_563


これが意外とかわいい♪
Nikon_560

「朝に打ち水」 (/^^)/ビチャッッ。。。
Nikon_555

「畳でお昼寝」 (@ ̄ρ ̄@)zzzz
Nikon_557

「ゆかたでお出かけ」O(≧∇≦)O イエイ!!
Nikon_556

「流しそうめん」 σ(~~~、)ムシャ ムシャ
Nikon_558

集めて、作って、写真撮ったら満足しちゃった(゜∇^*) テヘ♪
誰かいりますか~??(・」o・)」

| | Comments (8) | TrackBack (0)

今年の夏はこれで乗り切る!

今年の夏は暑いですね~(;^^)
連日連夜の猛暑にさすがの私も扇風機つけて寝てます(;^^)
雨戸も少し開けて寝てます(;^^)

そんな私は今年の夏、これで乗り切ってます。

Nikon_522_2 Nikon_523

世界のキッチンシリーズの「ソルティ・ライチ」♪
ライチ大好き~♪&塩味も大好き~♪
ちょっと味が濃い目なのが気にかかりますが、
ちょっと高いですが、今年のヒット!です。

あ、それとそれとこれも!
Sh380273

男梅シリーズの「ほし梅(種ぬき)」!!
これが、しょっぱさ、と言うか酸っぱさ、がたまらない!!
他に売っているのは味が甘めなんですよね。
それはそれでおいしいんですが、これは別格!
私の好みに一番近い味です。

塩分と水分を補給して、頑張っている毎日ですが、
夏至を過ぎて徐々に日が短くなって、
夜が来るのが早くなってきています。
虫の音も聞こえてきていて・・・秋近し、ですな。
今年は「残暑」は厳しいのかな?

| | Comments (7) | TrackBack (0)

山田洋次監督が選んだ日本の名作100本 家族編

先日の記事で書いた「誰も知らない」、
今、NHKのBSプレミアムでやっている
「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本 」ってので、
見たんです。

Nhkbs

今年、2011年は50本分を紹介していくそうです。
監督曰く、
「今日ぐらい、家族のあり方について日本人が悩んだり、
不安を抱いたりする時代はないんじゃないか。
もうこれ以上先送りできない、という崖っぷちにいるように
思います。
この50作品の中に、日本人の家族の歴史を見る事が
できるはずです。
この50作品の映画を見て、家族同士が、家族について
話し合って下されば幸いです。どうぞ楽しんで下さい。」

50本のリストはこちら 「家族編」50作品リスト(50音順)

愛染かつら 1938 野村浩将
兄とその妹 1939 島津保次郎
安城家の舞踏會 1947 吉村公三郎
生きる 1952 黒澤明
異人たちとの夏 1988 大林宣彦
雨月物語 1953 溝口健二
乳母車 1956 田坂具隆
ウホッホ探険隊 1986 根岸吉太郎
煙突の見える場所 1953 五所平之助
王将 1948 伊藤大輔
おかあさん 1952 成瀬巳喜男
お葬式                              * 1984 伊丹十三
おとうと(ニュープリント銀残し版) 1960 市川崑
お引越し 1993 相米慎二
風の中の子供 1937 清水宏
家族 1970 山田洋次
家族ゲーム                        * 1983 森田芳光
祇園の姉妹(きょうだい) 1936 溝口健二
紀ノ川 1966 中村登
君の名は 1953 大庭秀雄
キューポラのある街 1962 浦山桐郎
クイール                             * 2004 崔洋一
狂った果実 1956 中平康
恍惚の人 1973 豊田四郎
秋刀魚の味 1962 小津安二郎
姉妹(しまい) 1955 家城巳代治
Shall we ダンス?                  * 1996 周防正行
眞実一路 1954 川島雄三
誰も知らない                       * 2004 是枝裕和
暖流 1957 増村保造
父と暮せば 2004 黒木和雄
泥の河  1981 小栗康平
トウキョウソナタ 2008 黒沢清
東京物語 デ・リ版 1953 小津安二郎
名もなく貧しく美しく 1961 松山善三
楢山節考 1958 木下惠介
にあんちゃん 1959 今村昌平
にごりえ  1953 今井正
二十四の瞳 デ・リ版 1954 木下恵介
人間の條件 1959 小林正樹
人情紙風船 1937 山中貞雄
裸の島 1960 新藤兼人
鉄道員(ぽっぽや) 1999 降旗康男
本日休診 1952 渋谷実
毎日が夏休み 1994 金子修介
無法松の一生 1958 稲垣浩
めし 1951 成瀬巳喜男
利休 1989 勅使河原宏
若者たち 1967 森川時久
私は二歳 1962 市川崑

かなり古い作品(;^^)が多いのですが、
見たことない作品が多いので、ちょっとチェックですな。
見たことあるのは「*」印をつけてみました。少なっ!

ちなみに8月の放送予定は
8/7(日) 22:00~ 父と暮せば 黒木和雄
8/15(月) 21:00~ 人間の條件 第一部 純愛篇 小林正樹
8/16(火) 21:00~ 人間の條件 第二部 激怒篇 小林正樹
8/17(水) 21:00~ 人間の條件 第三部 望郷篇 小林正樹
8/18(木) 21:00~ 人間の條件 第四部 戦雲篇 小林正樹
8/19(金) 22:00~ 人間の條件 第五部 死の脱出 小林正樹
8/20(土) 22:00~ 人間の條件 第六部 曠野の彷徨 小林正樹
8/21(日) 22:00~ 狂った果実 中平康
8/28(日) 22:00~ 毎日が夏休み 金子修介

ですって。お時間ありましたらどうぞ(^o^)
(と言っても8月分はあまり興味がわかないけど;^^))

| | Comments (8) | TrackBack (0)

「福祉」が人を殺すとき

昨日の記事を書いていて思い出した本を今日はご紹介。
学生時代にこんな本を読んだことがありました。

「福祉」が人を殺すとき―ルポルタージュ・飽食時代の餓死


1987年(昭和62年)1月22日の夜、札幌市白石区の市営住宅。
最上藤子さん(当時39歳)は、息を引き取った。
3人の子供を残しての死。死因は「栄養失調による衰弱死」、
そう、「餓死」なんです。
彼女を餓死に追いやったのは誰か??

こういう大学にいたもんで、発刊したばかりのこの本を
当時、ゼミの全員が購入し、レジュメをまとめ討論したっけ。
この本の内容も衝撃的で、この道に進もう、って輩ばかり、
でも浮かれ気分の大学生の私たちにはしんどい内容でした。

福祉(ふくし)って一体何??
wikiのよると、「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する言葉で、
生活するうえで何らかの支援や介助を必要とする人に対し、
生活の質を維持・向上させるためのサービスの提供

なわけですよ。

未成年者や高齢者、障害者に1人親家庭、と
社会的にハンディキャップがあると思われる国民に対し
公的な支援を行う

わけですよ。

ところが現実では、
「3.11の震災で国や県からの「義援金」を受け取った世帯の
生活保護を打ち切った」なんて事もあったんですよね。
※その後、今回は特例として打ち切りは緩和させたが
  一部の世帯では打ち切られたままとなっている。

補償金や義援金が「収入」と見なされ、余裕が出たから、と
生活保護が打ち切られる・・・・。
どう判断して良いんでしょ??
裕福にはなったので一時停止しても良いって意見と、
それとこれとは別、って意見の2種類がありますよね。

↑の本内では「エアコンはダメ」とか「ラジカセもダメ」など
とにかくぜいたく品といわれるものを持っていたら申請は
受理されず、停止させられる場合もあったんです。
かたや、ベンツに乗ってお金もらいに来る人がいたり、と
受理の基準はどこに??って感じなんですよね。

こういう現実が「豊かな国日本」にもあるんだ、って
事実から目を背けちゃいけないんですよね。
少し考えてみようかな、と思った方はぜひ一度読んでみて下さい。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

『誰も知らない』

地デジ化のおかげで、BS放送も見られるようになり、
でも、好みの海外ドラマとか映画って意外と少ないのぉ、
と思っている昨今、BSでやってこちらの映画を見ました。

『誰も知らない Nobody Knows』です。
020_movie_01

監督 脚本 製作 製作総指揮 編集 是枝裕和
出演者 柳楽優弥 北浦愛 木村飛影 清水萌々子  YOU
音楽 ゴンチチ タテタカコ『宝石』
撮影 山崎裕
配給 シネカノン
公開 2004年8月7日
上映時間 141分

1988年に東京都豊島区巣鴨で発覚した、
「保護責任者遺棄事件」を題材に
母親に見捨てられた4人の幼い兄弟たちが、
閉ざされた空間で生き抜こうとする心理模様を描いた人間ドラマ。

主演の柳楽優弥さんがカンヌ映画祭で主演男優賞を取り、
当時、かなり話題になりましたよね。
が、見たことなかったんですよね~。
こういうの苦手なんです(;^^)

映画もあらすじは知っていましたので、
福祉の限界、をあからさまに書いているんだろうなぁ、と。
そう思ったら辛くて、ね。

そして観たらやっぱり辛かったです。
ε=Σ( ̄ )ハァー せつないです、しんどいです。

彼らはとにかくお母さんが好きなんですよね。
「ベランダから外に出ちゃダメ」
「大きな声で騒いじゃダメ」と制約だらけの生活。
母は「母」である前に「女」なんですが、それでも(だからこそ)
恋焦がれるように、母の帰りを待つんです。
母が帰ってきてくれた時に見せるあの笑顔が見たくて・・・。

ところが、結局は好きな男性との新しい生活を選ぶ母。
お金は送ってくるものの、金額も時期も気まぐれ。
いつ届くか分らないお金を懸命にやりくりするが、
電話が止められ、電気とガス代も止められ、最後の
水道料金も止められた彼らに降りかかった出来事とは・・・。

作品中、彼らに「福祉事務所とか警察に相談してみたら?」と
アドバイスするバイトくん。そんな彼に
「でも兄弟4人一緒に暮らせなくなるから・・・事実前にあったし」と
かたくなに援助を拒む長男。

いやぁ、やるせないです、本当に。
思いっきり気分が落ち込んじゃいました。
困窮者が望む「福祉」と、国が考える「福祉」。
そのギャップの激しさがこういう事態を引き起こしたのか、と
考えると、無力さを実感します。

今、日本TVでやっているドラマ「ドン・キホーテ」
Donki

これは児童相談所についての話なんですが、かなり面白い。
でも実は笑ってられない内容なんですよね~。
事実、8月10日のNewsで、
「今年5月、千葉・柏市に住む2歳の男児が衰弱して死亡した
事件で、警察は9日、両親を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕。

2人は長男・蒼志ちゃん(当時2歳10か月)に、
約2年半にわたって十分な食事を与えず、餓死させた疑いが
持たれている。
蒼志ちゃんの体重は、平均体重の約半分の5.8kgしかなかったとか、
胃袋から紙のかけら(空腹で紙おむつを食べていたと思われる)、
なんて報道を聞くと、ほんといたたまれないです。

って何が書きたいのか分らなくなってきちゃった(;´д`)トホホ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

シンメトリー-誉田哲也-

「次が楽しみ」と書いといて次の本をご紹介(;^^)
「シンメトリー」です。


100人を超える死者を出した列車事故。
原因は、踏切内に進入した飲酒運転の車だった。
危険運転致死傷罪はまだなく、運転していた男の刑期は
たったの五年。
目の前で死んでいった顔見知りの女子高生、
失った自分の右腕。
元駅員は復讐を心に誓うが…(表題作)。

他7編
東京/過ぎた正義/右では殴らない/シンメトリー/
左だけ見た場合/悪しき実/手紙

=============================================
昨日紹介した「ソウルケイジ」に続く、
警視庁捜査一課刑事・姫川玲子シリーズ第3弾。
既に文庫化されていたので、古本屋で購入してみました。

第1作・2作と違い、こちらは短編集。
短編集、って結構好きなんですよね。
長編だと1本読むと「しんどい・・・当分イイヤ・・・」って
なってしまうんですが、短編だとさらっと読めるので・・。

でもね~、なんか物足りない(;^^)
彼女って勘で動く人なんで、短編にされちゃうと、
「あてずっぽで動いて当たればもうけもん」感が強い。
それって推理物じゃないじゃん?
かろうじておっ、と言えるものもなくはないんですが、
わざわざ捜査一課が出るヤマか?!って件も多い。

例えば東野圭吾氏の「ガリレオ」シリーズは
短編でもちゃんと推理物な訳だ。
それに比べると・・・かなり山師の匂いプンプン(;^^)

かと言って乃南アサ氏の「音道貴子」シリーズは
ちゃんと心の機微について書かれていたりして、
短編でもグッ(/_<。)と来て泣けるんですが、
それに比べると・・・かなり荒い匂いプンプン(;^^)

勢いで読めちゃうんです。面白い気がしちゃうんです。
が、読後に激しくだまされた感が強いって・・・
どうなんでしょう??
読み直しても面白いんですが、なんか素直に
「うん!(゜∇^d) グッ!!」とは言えないんですよね。
私が天邪鬼だから??(;^^)

まぁここまで来たら、第4作も読みますけどね、
第4作はひとつの区切りとなる作品で良品とか言うので、
最後は裏切られずに終わりたいっす。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

ソウルケイジ-誉田哲也-

一度読み始めると中毒のようになりますtakoing。
つい作家シリーズ、って感じで特定の作家の本を
立て続けに読んでいます。

今日はこちら 「ソウルケイジ 誉田哲也」です。

【送料無料】ソウルケイジ

【送料無料】ソウルケイジ
価格:720円(税込、送料別)


多摩川土手に放置された車両から、
血塗れの左手首が発見された!
近くの工務店のガレージが血の海になっており、
手首は工務店の主人のものと判明。
死体なき殺人事件として捜査が開始された。
遺体はどこに?なぜ手首だけが残されていたのか?
姫川玲子ら捜査一課の刑事たちが捜査を進める中、
驚くべき事実が次々と浮かび上がる-。
====================================

最近紹介する頻度が上がっている誉田氏の作品。
特にこちらは以前紹介した「ストロベリーナイト」の
第2弾作品です。

図書館の方では予約待ちしている本がありすぎて
予約が入れられなかったのでつい古本屋で買っちゃった。

前回の「ストロベリーナイト」ではクソミソに言いました。
その後、「春を嫌いになった理由(わけ)」、「アクセス」、と
彼の作品を読むうちに、結構好きになっていました(^o^)

でも、「春を・・・」でも書いたように
「人物は魅力的に書いている」んですよ~。
ついつい引き込まれて読んでしまう。
最後のクライマックスでは思わずやりきれなくなって
涙ぐんでました、はい。

いやね、残虐なのは嫌いなのよ、相変わらず。
この作品でも「そこまで書かなくても・・・」とか、
「どうしてそんなひどいことをあからさまに書くかなぁ」とか
色々言いたい事はそれなりにあるんですが、
前作のような人が犯人じゃないので・・・うん許すぜよ。
社会的弱者、そしてそれを利用する輩、と
構図は「ストロベリーナイト」より分りやすかったです。
(ありがち、と思ったら読めないけどね;^^)

そうそう、こちらの「姫川玲子」シリーズ、
2012年1月から続編が連続テレビドラマとして放送される
そうです♪
スペシャルドラマで殉職した大塚刑事(桐谷健太)は
出ないけど、新たに小出恵介、丸山隆平が加わる予定だとか。

う~ん、菊田刑事(西島秀俊)も石倉刑事(宇梶剛士)も
今泉警部(高嶋政宏)も井岡刑事(生瀬勝久)も
私のイメージじゃない(;^^)んだけど、
姫川玲子(竹内結子)や日下守(遠藤憲)、
勝俣健作(武田鉄矢)はドンピシャ!だったからなぁ。
今回読んでても顔が浮かんできています。

次を読むのが楽しくなってきました~♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

アクセス-誉田哲也-

映画ネタから本ネタに移った??なので
読んだ「アクセス-誉田哲也-」を今日はご紹介。


============================================
「誰かを紹介すると自分のケータイやネットが全て無料!」 の
怪しげなプロバイダ「2mb.net」。
高校生の翔矢、雪乃、可奈子が登録をしたのち、
可奈子の友人尚美が死亡する。
奇怪な事件はその後も続発し、自殺・失踪・連続殺人と・・・。
第4回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。
============================================
平成15年(2003年)に受賞作、と言う事ですのでもう8年前?
書いたのはその前だろうから、ざっと10年前って事で。

だから若干設定がね・・・古いのよね(;^^)
「ADSLにまだできないでISDNなんだ」って台詞があったり・・。
そういうのを気にしないでいい話なら良いんだけど、
それをメインにした話なんで・・・
二番煎じのような感が否めない・・・
(今更読んだお前が悪い、って?!)

更に途中の××界のイメージがつかみずらい上、
ラストはちょっと想像できちゃったし。
何より描写がね~、ホントにこの人のは・・・(ノ_-;)ハア…
Butanekoさんのコメント曰く「残虐シーンが売りの一つ」
これで売らなくても十分面白いのに。つくづく残念。

なんででしょ?
キングやクーンツの残虐シーンは平気なのに、
この人のとか、梁石日(ヤン・ソギル)さんのとかは
とにかく 乂(>◇< )絶対ダメ!
本屋で立ち読みして後悔したんだよなぁ(;^^)

本は個々人の想像で補う部分、ってのがあるべきで、
そうじゃない押し付けがましさ、は苦手だなぁ~。
じゃぁ読むなって?!( ̄ー ̄?).....???? ホントよね(;^^)
そこが「怖いもの見たさ」なんですわ・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

北欧の神話

昨日の映画「マイティ・ソー」で読んでみたくなり、
図書館でめぼしい本を借りてみました。

ギリシア・ローマ神話―付インド・北欧神話 (岩波文庫)
北欧の神話 (丸善ブックス) の2冊です。

キリスト教の教えが浸透する前にゲルマン人が持ってた内、
ノルウェーやスウェーデン、デンマーク・アイスランド等の
「北欧(スカンディナヴィア地域)」に伝わった神話の総称が
「北欧神話」なんです。
 ※フィンランド神話は別

だからアルクなんかで調べると
 北欧神話=Scandinavian myth (スカンディナヴィアの神話)
となっております。

と書いていても「ふ~ん」って感じですよね(;^^)
でもこんな言葉、聞いた事はないですか??
 「ヴァルハラ」 「ユグドラシル」 「オーディン」
 「フェンリル」 「ヨルムンガンド」 「ノルン」
 「エルフ」 「ドワーフ」 「ニーベルング」 ・・・

これらの言葉は北欧神話の登場人物や世界を表しており
漫画とか読まれる方は知っているかも(;^^)
実はかの「指輪物語」も影響を受けているそうで、
どうりで「ドワーフ」や「エルフ」が出ていると思ったわ。

北欧神話の世界観
Yggdrasil

世界樹「ユグドラシル」を中心に、
アースガルズ、ミズガルズ、ウートガルズ、ヘルヘイムなどの
九つの世界があるそうです。

北欧神話はギリシアやローマと違ったテイストの神話で、
意外と面白かったです。
何せ、神様が(私の持つイメージと違って)偉くない(;^^)

オーディンなんか「全能の神」とか言っちゃってるけど、
自分の生みの親を殺したり、浮気性で奥さんの嫉妬に
愛人を見捨てちゃったり、と神性なんてありゃしない(;^^)

又、昨日の映画で出た「ロキ」なんか、
敵なんだか味方なんだか分らないコウモリみたいなヤツなの。
映画では後半から裏切ったような書き方になっているんですが、
神話を読むと最初から「楽しけりゃいい」みたいないい加減さ。
神々に仕打ちを受けたり、やり返したり、とかなりやんちゃ。

wikiによると北欧神話は「従来の神話のような『善と悪』ではなく、
『混沌と秩序』をあらわしている神話」なんだそうですが、
確かに神=善、って書き方をしてないんですよね~。

又、インド=ゲルマン民族にあるように「インド神話」や
「ローマ神話」などとの類似点などもあるそうで・・・
あそこら辺ってやっぱり地続きなんだなぁ~って改めて思い、
色々な国に伝わる神話を読んでみたくなりました。

ってか日本も「日本神話」「アイヌ神話」「琉球神話」・・・と
幾つもあるんですよね~。
小さい頃の昔話じゃないけど、今もう一度読んでみたいです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

『マイティ・ソー』

又映画ネタですっ♪
『マイティ・ソー THOR』を見ました。

137_thor_poster

[監]ケネス・ブラナー
[出]クリス・ヘムズワース ナタリー・ポートマン
    浅野忠信
[配給会社] 2011アメリカ/パラマウント
[上映時間] 115分

神々の世界“アスガルド”の王オーディンの息子ソーは、
傲慢さから氷の巨人の世界へ攻め込み、
アスガルドに戦乱の脅威をもたらす。
父の怒りを買い、地球へと追放されたソーは、
天文学者ジェーンと出会い、人の優しさや心の痛みに
触れていく。
一方、アスガルドではソーの弟ロキが父から
王位を奪うべく恐ろしい陰謀を巡らせていた。。。。

===============================================

最初にチラシを見たときには「見よう」という気にならなかったのに
主役のクリス・ヘムズワースは知らないのに、
なぜか見ちゃったのよね~(;^^)
アンソニーホプキンスが出てる、って言うし、
浅野忠信も出てる、って言うから・・・。

それと、msnのサイトでやっている「月一座談会」ってので、
賛否両論だったのもなんか興味を持たせたのよね~。

さて、ギリシャ神話がベースのこのお話、
アメコミ(アメリカンコミック)です。
スパイダーマン・アイアンマン・ときてこちら!なので
ちょっと調べてみると、漫画とは話も違うのね。

でも面白かったよ~♪豪快・爽快、って感じでね。
暴れん坊のThorの短絡的思考には「お約束?」って位
分りやすく、ちょっとくだらなく感じたけど、
自らの無力さを知り、そこから始まる・・・
そんな後半はちょっとほろっときちゃいます。

天文学者ジェーン(ナタリー・ポートマン」との恋愛も
切なくて、なんか素敵でした~。

しかも「北欧神話」って意外と面白い。
ノルド語とか、ルーン文字、とか聞いた事はあったし、
「世界樹」とか「アスガルド」とかってどっかで聞いた。
そういうのって北欧系なんだ~、って(←aboutすぎる?;^^)

主人公「ソー(Thor)」も北欧神話の神の一人。
(日本で邦訳されたものでは『トール』となっているとか)
「雷の神様」で「Thunder」と同じ語源、なんですね。
しかもしかも、「木曜日 Thursday」はこの「Thor」から来てる、と。
「木曜日はThorの日」なんですって。

という事でちょっと北欧神話について本を読んでみよっかな。
あ、「アスガルド」とか「トール」って思い出した!
これも漫画だった・・・((^┰^))ゞ テヘヘ

| | Comments (6) | TrackBack (1)

『重力ピエロ』

TVでやっていたこちらを見ました。
『重力ピエロ』です。

Photo

監督 森淳一    原作 伊坂幸太郎
製作 「重力ピエロ」製作委員会
出演者 加瀬亮 岡田将生 小日向文世 鈴木京香
配給 アスミック・エース
公開 2009年春  上映時間 119分  製作国  日本

遺伝子を研究する大学院生・泉水と
芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春は、
仲の良い普通の兄弟だ。
優しい父と三人で、平穏に、そして陽気に暮らしている。
だが、この家族には春の出生に関わる哀しい“過去”が。
その原因をもたらした“ある男”が街に戻ってきた。
そして、時を同じくして不審な連続放火事件が発生する。
その現場には謎めいたグラフィックアートが残されていた…。
============================================

映画は見逃してたんですよね~。
小説読んで不完全燃焼だったから良かったです。
が・・・映画見てもなぁ~(;^^)不完全燃焼ですわ。

小説だとじっくり読めるアートの謎、も映画だと
さら~、っと流れるし、エピソードも詰め込んでて忙しい。
小説読んでなかったら、印象変わってたかな??

お父さん(小日向文世さん)は良かったけど、
お母さん(鈴木京香さん)はイメージじゃなかったわ。
まぁ小説でも「元モデルで美人」って設定だったけど・・
私の想像と違ったわ。

あ~、何言いたいか分らなくなってきた(;^^)
書く感想がない、ってのはつらいかも。
(じゃぁ記事にするな、って?!;^^)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

考えない練習

さて、この本、ようやく借りられました~。
いや、千葉市の図書館、予約する人大杉(ノ_-;)ハア…

「考えない練習」小池龍之介 です。

【送料無料】考えない練習

【送料無料】考えない練習
価格:1,365円(税込、送料別)


「イライラ」「不安」は、練習で直せる。
考えすぎて、悩みがつきない私たちに必要なものは、
もっと「五感」を大切にする生活。
難しい事ではなく、ちょっとしたコツの習得で可能になる。
本書では、その方法(練習)を
気鋭の僧侶が余すことなく語りかける。。
さらに脳研究者・池谷裕二氏との
「心と脳の不思議な関係」と題した対談も収録。
小池氏の著作のなかでもっとも実践的といえる本書で、
不安のない日常を手にしよう。
====================================

「話す」「聞く」「書く」「見る」「食べる」「捨てる」
「触れる」「育てる」 の各項目について説いていますが、
人はつくづく「煩悩の固まり」だなぁ、って実感します(;^^)
108もある上に、毎年叩き落としてもすぐまとわりつく
それが「ザ・煩悩」ってね。

あ、「しがらみ」って言っても良いか?!
最近はやっている「断捨離(だんしゃり)」についても
ここで書かれています。

どうやったら日々の生活を楽に過ごすか、
どうやったら余計な負担をかけずに済むか、
オーバーロードしそうな「脳」の制御ができるのか?
書かれている事全てできたら可能そうですが、
う~ん、難しいっす(;^^)

「僧侶」が書いた本、ですので、好みが分かれるかも。
(宗教、と取られて嫌悪される方もいるかもしれません)
でも私にはなんかすんなり入ってきましたね~。
「あ、こういう風に言われると納得するな」とか
「あ、こういう風に言えばいいのか」とかとか。

うん、これは借りるのではなく買っても良いかなぁ。
日頃、思い出したようにめくって読んでみる、って
タイプの本です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

『アンダルシア 女神の報復』

『アンダルシア 女神の報復』も見てきました。

Photo

[監]西谷弘
[出]織田裕二 黒木メイサ 伊藤英明
[配給会社] 2011日本/東宝
[上映時間] 125分予定

パリ滞在中の外交官・黒田康作は、
日本人投資家が殺された事件の調査を依頼され、
第一発見者の銀行員・結花、事件を担当する
インターポール捜査官・神足に会う。
だが結花は何者かを恐れて口を閉ざし、
神足も何か隠しているようだ。
やがてバルセロナの日本領事館へ向かった3人は、
正体不明の武装グループから襲撃を受ける。。。

==========================================
アマルフィ 女神の報酬』は見たんだけど、
TVドラマ「外交官・黒田康作」は見なかった(;^^)
「もう良いかな~」って思って。
なのになんで映画に行ったんでしょ?(;^^)

で見て思った。「長くないからだ」って。
TVドラマだと延々6回とか7回週1で見なくちゃでしょ?
彼のあの演技をそうやって見るのはちょっと、ね。
映画なら2時間だからか(って訳分らなくなってるし;^^)

誰もが怪しいようで、誰もが傷を持っていて・・・
そんな中で黒田だけが飄々としてる、ってのは
うん、「えらそうですのぉ」って言いたくなるわ。
でもまぁそんな彼が黒木メイサに迫られるってのは
なかなか面白くはありましたけどね。

感想としてはそれ以外に書く事ないのよね・・・。

「アンダルシア」と言いながらシーンは少ない、
(パリとバルセロナの方が印象的)、
エンドロールで見た文字は「栂池高原スキー場」・・・
おいっ!(  ̄0 ̄)Ψ!! でしたな(;^^)
まぁ、追加撮影ででも使ったんでしょう、そう思いたい。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

『スーパー8』

この映画も見てきましたよ~
『スーパー8:SUPER8 』です。

Super

[監]J・J・エイブラムス
[出]ジョエル・コートニー エル・ファニング 
  カイル・チャンドラー
[配給会社] 2011アメリカ/パラマウント
[上映時間] 112分

14歳のジョーは事故で母を亡くしたばかり。
寂しさを隠しながら仲間たちと8ミリ映画の撮影中、
列車事故に遭遇し、世界が隠すある秘密を目撃してしまう。
そこで、少年たちは未知との出逢いを経験し、
その想像を超えた状況の中で希望を見付け成長する、
衝撃と感動のSF超大作!!

アメリカの空軍基地「エリア51」にまつわる都市伝説と
実際に起きた事件をモチーフにしているそうですね。
1979年のアメリカオハイオ州がこの物語の舞台で、
当時、起きた列車とトラックの事故が実話なんだそうです。
映画では「エリア51」から移送中の列車、となってます。

これはね、予告で何も明らかにされてなくて、
謎・謎・謎、な訳です。
なので、   期待しすぎた~  って感じ(;^^)

「ET」と「宇宙戦争」の混合体、って感じなんだけど、
どうもね~、エイリアンがね~ 親近感沸かない(;^^)
共感もイマイチできなくって・・・。
せめて「ET」みたく「わ~!きゃ~!」ってあれば良いのに。
ちょっと残念だったなぁ。せっかくの話題作なのに。

でもこのちょっと昔の時代の少年たちの青春、って
設定は好き♪

| | Comments (6) | TrackBack (0)

『スカイライン 征服』

さぁ、旅行記も終わりましたので、ここからは
ネタの放出、と行きます! まずは映画から。

この映画を見てきました。『スカイライン 征服』です。
(あ、見たのは結構前ね;^^)

Photo_2

[監]グレッグ・ストラウス コリン・ストラウス
[出]エリック・バルフォー スコッティ・トンプソン 
   ブリタニー・ダニエル
[配給会社] 2010アメリカ/松竹
[上映時間] 94分・PG12

早朝、不気味な音と青白い光にカップルは目を覚ました。
光を見ていた人が一瞬にして姿を消すところを目撃し、
驚いて窓の外を見ると、いくつもの巨大な飛行物体が
浮かび、地上から人々を吸い上げていたのだった。
2日目に飛行物体から放たれた巨大な生物が
残った人間を捕獲し始め、そして3日目、
軍隊との交戦が遂に始まる。。。。。

まぁ実も蓋もない話です。
「人類最後の3日間」なんですよ。
今までは絶望の中、わずかな希望の光が・・・って
作品が多かったんですが、これは一切の希望なし!

部屋にいようが外に出ようがいつか見つけ出され、
搾取される。しかもその搾取の仕方、ったら・・・
スプラッタものよりひどい
最後まで「どこかに希望は・・・」って探し続けて
疲れ果てましたわ。
ただ最後の最後にあるようなないような・・・感じで
終わられたので、エンドロール始まっても
(別の意味で)席、立てませんでしたわ。

監督の意図は??と首をかしげちゃう作品ですな。
でも全体には派手ですよぉ~。
エイリアンはでかいし、気持ち悪いけど
話は考えなければシンプルに楽しめます。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

11.07.09のランチ ブーカス

きゃぁ~、旅行記をまとめてUPしたので
1ヶ月近く前の記事を今頃?!(;^^)な今日です。

最近、ランチの場所が決まってきていて、
数箇所を週変わりのローテーションで行ってます。
なのでカメラ持参でも、つい撮らずに終わってたり・・・
今日のお店はランチの盛り付けが素敵なんでね~、
のブーカスです。

ジャンル ダイニングバー
TEL 043-246-5777
住所 千葉市中央区新田町11-12 松永ビル 2F
交通手段 JR、京成、モノレール千葉駅 徒歩5分

この日も「日替わりランチプレート」を注文。
Nikon_516

 ・フレッシュグリーンサラダ
 ・各種野菜のオーブンパン粉焼き
 ・チーズ入りサクサクカツ
 ・バタートースト
 ・ピリ辛ガーリックペンネ    です。

カツはちょっと揚げ過ぎ?!と思うものの・・・
Nikon_517_2

ペンネ、って大好き♪家でも常備してます。
でも最近作ってないなぁ。賞味期限確認しないと(;^^)
Nikon_518

デザートとドリンク。マンゴージュースと・・・
Nikon_519

レモンゼリーでした。ほろ苦さが夏らしくて良かったです。
Nikon_520

これで900円はやっぱりお得だと思う♪
しかもポイントカード提示で100円引きはもっとお得。
でももっと色々な店にも行かないと・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

国内旅行 2011初夏15

あ、忘れてた・・・。
この1枚!これを紹介せにゃ!!
(; ̄ー ̄)...ン? エー?(ё_ё) (ё。ё)ナニー?

Nikon_440a

ん??『デパート太国』??どこに?デパート??
日本のデパートと本来のデパートとは意味が違う、もの?

Nikon_440

ちゃんと地図にも載ってた・・・・ 
Ohkun

だから?って写真なんですけどね~。
土生港に行く時に見かけて、帰りどうしても写真撮りたくて
わざわざ一時停止してもらい撮影しました~(;^^)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

国内旅行 2011初夏14

さ、たらたら~と続いてきた旅行記も今回で終り。
ほんとに何もしない、旅行だったでしょ??

それでも色々と(&延々と;^^)お喋りして、
リボンレイの参考になるようなウェブサイトや
書籍の話をしたり、と尽きる事はなかったですね。

最終日はちょっとのんびりの起床。
朝昼兼用でマンション近くの「回転寿司」へ。

■回転寿司「金太郎 津名店」

兵庫県淡路市志筑3016
TEL:0799-62-5750
OPEN:11:30~21:00 P30台 78席

「廻るのかぁ~」と思うなかれ。
お魚がおいしいところでは廻るお店もおいしいんですよ。
かくいう千葉も結構行けますよん。
東京寄りより千葉の房総の方がお勧めです。

写真は見事に撮り忘れ~。
でもお勧めですよ♪

宿に戻り夕方までグダグダやって帰る時間なので、
空港へ向かいます。ん?空港??

そう、帰りは飛行機にしたんです。
これが最初に書いた「××の理由」です。
夜間高速バスが片道で6,800円でした。
で、LCCの航空会社の航空運賃 神戸-羽田間は
9,800円 なんですね~。

3,000円しか違わない、
なのに時間は10倍以上違う、ってなったら・・・
そりゃ飛行機を選ぶわな(;^^)

ちなみに航空会社は「スカイマーク」さんです。
ANAさんだともうちょっと高くなります。
空港でもお土産を購入しました。

左上が「びわパイ」、そして「カントリーマアム 神戸プリン味」
淡路島玉ねぎおかき
左下から「神戸プリン チーズ味とオリジナル味) 」に
前日に買っておいた「あわじオレンジスティック」。
Nikon_458

会社の同僚用と、友人用、英会話の友人用に家用と
用途を分けて調達させて頂きました♪
今回お誘いいただいたK先生には大変お世話になりました。
宿泊手配から食事の用意(;^^)に手配まで・・・
本当にありがとうございましたっ!
この場を借りてお礼申し上げます♪

と最後はぐたぐたな終わり方ですが・・・
ありがとうございやした~( ̄(エ) ̄)ノ” アリガト♪

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« July 2011 | Main | September 2011 »