« 「福祉」が人を殺すとき | Main | 今年の夏はこれで乗り切る! »

山田洋次監督が選んだ日本の名作100本 家族編

先日の記事で書いた「誰も知らない」、
今、NHKのBSプレミアムでやっている
「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本 」ってので、
見たんです。

Nhkbs

今年、2011年は50本分を紹介していくそうです。
監督曰く、
「今日ぐらい、家族のあり方について日本人が悩んだり、
不安を抱いたりする時代はないんじゃないか。
もうこれ以上先送りできない、という崖っぷちにいるように
思います。
この50作品の中に、日本人の家族の歴史を見る事が
できるはずです。
この50作品の映画を見て、家族同士が、家族について
話し合って下されば幸いです。どうぞ楽しんで下さい。」

50本のリストはこちら 「家族編」50作品リスト(50音順)

愛染かつら 1938 野村浩将
兄とその妹 1939 島津保次郎
安城家の舞踏會 1947 吉村公三郎
生きる 1952 黒澤明
異人たちとの夏 1988 大林宣彦
雨月物語 1953 溝口健二
乳母車 1956 田坂具隆
ウホッホ探険隊 1986 根岸吉太郎
煙突の見える場所 1953 五所平之助
王将 1948 伊藤大輔
おかあさん 1952 成瀬巳喜男
お葬式                              * 1984 伊丹十三
おとうと(ニュープリント銀残し版) 1960 市川崑
お引越し 1993 相米慎二
風の中の子供 1937 清水宏
家族 1970 山田洋次
家族ゲーム                        * 1983 森田芳光
祇園の姉妹(きょうだい) 1936 溝口健二
紀ノ川 1966 中村登
君の名は 1953 大庭秀雄
キューポラのある街 1962 浦山桐郎
クイール                             * 2004 崔洋一
狂った果実 1956 中平康
恍惚の人 1973 豊田四郎
秋刀魚の味 1962 小津安二郎
姉妹(しまい) 1955 家城巳代治
Shall we ダンス?                  * 1996 周防正行
眞実一路 1954 川島雄三
誰も知らない                       * 2004 是枝裕和
暖流 1957 増村保造
父と暮せば 2004 黒木和雄
泥の河  1981 小栗康平
トウキョウソナタ 2008 黒沢清
東京物語 デ・リ版 1953 小津安二郎
名もなく貧しく美しく 1961 松山善三
楢山節考 1958 木下惠介
にあんちゃん 1959 今村昌平
にごりえ  1953 今井正
二十四の瞳 デ・リ版 1954 木下恵介
人間の條件 1959 小林正樹
人情紙風船 1937 山中貞雄
裸の島 1960 新藤兼人
鉄道員(ぽっぽや) 1999 降旗康男
本日休診 1952 渋谷実
毎日が夏休み 1994 金子修介
無法松の一生 1958 稲垣浩
めし 1951 成瀬巳喜男
利休 1989 勅使河原宏
若者たち 1967 森川時久
私は二歳 1962 市川崑

かなり古い作品(;^^)が多いのですが、
見たことない作品が多いので、ちょっとチェックですな。
見たことあるのは「*」印をつけてみました。少なっ!

ちなみに8月の放送予定は
8/7(日) 22:00~ 父と暮せば 黒木和雄
8/15(月) 21:00~ 人間の條件 第一部 純愛篇 小林正樹
8/16(火) 21:00~ 人間の條件 第二部 激怒篇 小林正樹
8/17(水) 21:00~ 人間の條件 第三部 望郷篇 小林正樹
8/18(木) 21:00~ 人間の條件 第四部 戦雲篇 小林正樹
8/19(金) 22:00~ 人間の條件 第五部 死の脱出 小林正樹
8/20(土) 22:00~ 人間の條件 第六部 曠野の彷徨 小林正樹
8/21(日) 22:00~ 狂った果実 中平康
8/28(日) 22:00~ 毎日が夏休み 金子修介

ですって。お時間ありましたらどうぞ(^o^)
(と言っても8月分はあまり興味がわかないけど;^^))

|

« 「福祉」が人を殺すとき | Main | 今年の夏はこれで乗り切る! »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

邦画をあまり観ないので、
タイトルなら知ってるのがいくつかありますが。
けっこう、家族物は好きなんですけどね(^-^)

Posted by: ジャズ | August 16, 2011 at 11:28 PM

このリスト片手くらいしか見てないわ。

Posted by: nanamama | August 16, 2011 at 11:26 PM

「Shall we ダンス?」だけかなぁ・・でも この映画も家族なの?って気がします ^^;

Posted by: セイレーン | August 16, 2011 at 11:24 PM

映画を見て家族について家族で話し合うのは
理想なのですが、
うちの子供たち山田洋次監督の作品見そうにないです。

本当に亡命に手を貸したかどうかは?ですが
あの時は怖かったです。

Posted by: akiko21 | August 16, 2011 at 10:12 PM

リスト中の映画は「家族ゲーム」「Shall we ダンス?」「鉄道員」の3つしか見てません~
takoingさん福祉関係の学校行かれてたんですね~
福祉って・・・本当に矛盾を感じたり・読んでいて辛くなるような新聞記事だったりのイメージがあって・・・
避けてはいられない問題なのは分かっているんですが・・・
苦手分野です・・・辛くて

「重力ピエロ」・・・PAMは大好きなんですよ~
本も映画も・・・

Posted by: PAM | August 16, 2011 at 09:47 PM

邦画は、南極物語くらいしか見たことがないです(^_^;)
あと、デスノート・・・
どうしてもどうしてもどうしても!
子供に興味が持てないので、家族ものって、
なかなか見る気にならないってのもあります(^_^;)

Posted by: butaneko | August 16, 2011 at 06:42 PM

どれも渋い映画ばかりですね。

Posted by: オサムシ | August 16, 2011 at 06:40 AM

本当に家族については考えさせられます。
特に日本を離れて感じますね。
やはり日本では年配者を敬う気持ちがだんだんと薄れて来たのではないでしょうか?
親に向かって「ばばあ」と言ったりしているTVなどを見ると心が痛いです。

Posted by: mahalobunny | August 16, 2011 at 04:30 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/52443799

Listed below are links to weblogs that reference 山田洋次監督が選んだ日本の名作100本 家族編:

« 「福祉」が人を殺すとき | Main | 今年の夏はこれで乗り切る! »