« フィッシュストーリー | Main | 国内旅行 2011初夏01 »

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

今日まで世の中は3連休なんだってね~。
私は昨日も今日も仕事、です(;^^)

あ”~、TVも買ってないのに・・・ヤバイっす。
地デジ・・・我が家自体は工事も終り、
私の部屋のTV以外は全て対応終了しております。
残すは私の部屋のTVとレコーダーのみ・・・。
ホント、お金ないんですが・・・( ´△`)アァ-

=========================================
半年以上待ってようやく借りられました~。
「これからの「正義」の話をしよう―
      ―いまを生き延びるための哲学」です。


哲学は、机上の空論では断じてない。
金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、
現代世界を覆う無数の困難の奥には、
つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。
この問題に向き合うことなしには、
よい社会をつくり、そこで生きることはできない。

アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、
ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者達は、
これらにどう取り組んだのだろう。
彼らの考えを吟味する事で、見えてくるものが
きっとあるはずだ。

ハーバード大学史上空前の履修者数を記録し続ける、
超人気講義「Justice(正義)」をもとにした
全米ベストセラー、待望の邦訳。
 ※延べ14,000人

============================================

いやぁ、長かったです、この本も。半年以上待ちました。
手元にきて納得!
こりゃ2週間じゃ厳しいっす・・・。
寝つきが良くなりましたよ、うん。(; ̄ー ̄)...ン?

多分皆さんも少しはご存知ではないですか?
「4人の命と1人の命、どっちを選択すべきか?」とか
「災害による便乗値上げは悪か?」とか・・・。

日本だとこういう授業、ってあまりなかったんですよね。
(少なくとも私の大学時代にはなかった)
最近ではこの教授の影響で、徐々に増えてきたみたいですが
(NHKでもやってましたね)
日本人も「討論する」って事に慣れていないので、
議長たる教授が慣れてないと誘導するのもかなり厳しそう。

章立てはこちら
第1章 正しいことをする
第2章 最大幸福原理-功利主義
第3章 私は私のものか?-リバタリアニズム(自由至上主義)
第4章 雇われ助っ人-市場と倫理
第5章 重要なのは動機-イマヌエル・カント
第6章 平等をめぐる議論-ジョン・ロールズ
第7章 アフォーマティブ・アクションをめぐる論争
第8章 誰が何に値するか?-アリストテレス
第9章 たがいに負うものは何か?-忠誠のジレンマ
第10章 正義と共通善

小難しそうでしょ?(;^^)
じっくり読むと面白いんですよ。
その昔、授業でやった哲学者の名前が出てきて、
その人たちの考えを紹介し、反論し・・・でも回答は書かず、
皆で考えましょう、ってスタンスなんですよね。

どの章でも前述のような例えが出てきます。
それを読んで自分ならどういう考えを持つか?
考えて読んでいくとより面白い。

最後に回答がないのも私は結構好きかなぁ。
十人十色、人それぞれの考えがある訳だし、
それを主張しちゃうと押し付けがましくなるし。

たまには「じっくり考える」って必要だなぁ、って
思わされた本です。

|

« フィッシュストーリー | Main | 国内旅行 2011初夏01 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

私も仕事でした。
しかも、今日は9時〜21時でした(笑)
もうヘトヘトです(>_<)

半年待ち!!予約したことを忘れそうです(^_^;)

Posted by: ジャズ | July 18, 2011 at 11:37 PM

ご心配ありがとうございました。
今日から復活です。
これからも宜しくお願いします。

リンゴ病関東圏で今流行っているらいので気をつけてくださいね。

Posted by: nanamama | July 18, 2011 at 10:53 PM

マイケル・サンデルですか・・・
半年待ち・・・知っていたらこの前お持ちすればよかったですね~
ミニPAMが法哲学の授業でレポート書くのに・・・と言ってこの手の本何冊かありますよ・・・
講義DVDも全部一緒に付き合わされました~
何かあったら声かけてくださいね~

ハリー・・・昨日行きましたよ~!!
是非3Dにしてください!!一番好きなシーンが省かれていたり・・肝心なことが飛んでいたりでしたが・・・
映画なりの良さがありました

Posted by: PAM | July 18, 2011 at 03:27 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/52124461

Listed below are links to weblogs that reference これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学:

« フィッシュストーリー | Main | 国内旅行 2011初夏01 »