« 『GANTZ PERFECT ANSWER』 | Main | 流星の絆 »

『アンノウン』

こちらの映画に行ってきました。
『アンノウン』です。

Photo_4
[監]ジャウム・コレット=セラ
[出]リーアム・ニーソン 
  ダイアン・クルーガー 
  ジャニュアリー・ジョーンズ
[配給会社] 2011アメリカ/ワーナー
[上映時間] 113分






出張先のベルリンで交通事故に遭い、
昏睡状態に陥ったマーティン(リーアム・ニーソン)。
意識を取り戻した彼は衝撃の事実を知る。
妻(ダイアン・クルーガー)は自分の顔を覚えておらず、
何者かが自分になりすましていたのだ。
更に謎の暗殺者から命を狙われるはめになり、
執拗な追跡を受ける。
タクシー運転手ジーナの助けを借り、
自分に何が起きているのか真相を探ることに。
====================================

何が不思議、って「リーアム・ニーソン」が強くない!
彼の場合、「96時間」とかでもそうだったけど、
「戦う親父」って感じなんですよね(;^^)
それが、戦うシーン、って後半に集約されてて、
前半はちょっとかっこ悪い(;^^)

でもわずか数日で奥さんは気味悪そうに自分を見るし、
自分の代わりもいる、
ホテルの警備員やあちこちから「何あの人?」って
目で見られる訳だし・・・。
しかも異国の地でしょ?そりゃ途方に暮れますわ。

それを看護婦さんや色々な人の助けを受け、
徐々に真相に近づいていく・・・・。
うん、話、結構凝ってましたね~♪
ってか込み入ってたわ(;^^)
そんなドイツ統一前から続く影の秘密結社、って
本当にあるのかしらん??

最後は「え?!その終わり?!」って感じだけど
まぁしょうがないかな。

|

« 『GANTZ PERFECT ANSWER』 | Main | 流星の絆 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

阿吽の呼吸のお話かと思ったら全く違うのですね。

nanamamaは今「さや侍」を見に行きたいです。

Posted by: nanamama | June 04, 2011 at 11:00 PM

面白そうですね。
↓漫画原作のって映画になるといまいちの多いですよね。
20世紀少年はテレビで見たけどよくわかんなかったです(^^;
くまちゃんの目は・・出品するときになったらまとめてつけようかとw

Posted by: もも | June 04, 2011 at 09:19 PM

アンノウンとカタカナで見ると阿吽かと思っちゃいましたよ。笑。

いつもはサラダをオーダーする時にドレッシングは上にかけないでサイドに置いてもらうように言うんですが、この時はすっかり忘れていて・・・こんな事になってしまいました。
確かにファストフードのサラダに付いて来るドレッシングとかもアメリカ人だと全部ばぁ〜っとかけちゃうけれど、日本人だとちょこっとだけしか使わないですよね。
その方がヘルシーだと思います。やっぱり日本人味覚だわ♪

Posted by: mahalobunny | June 04, 2011 at 12:30 PM

アンノウン って 効くと
ウルトラセブンで出てきた岩石宇宙人
を思い出します(笑)。

Posted by: オサムシ | June 04, 2011 at 08:29 AM

映画みたい!!これインドネシアでもやってるかなぁ~?
完全アウェーって感じでしょうか。そりゃ途方にくれちゃいますね(^^;)

本当、昨日のコメント凄いですよね(x_x;)
そう言えば、takoingさんに言おうと思っててずっと忘れていたこと…数日前の記事なんですけど(^^;)
ハワイにも重さで料金払うヨーグルトアイス屋さんあるんですね!もしかしたら私が行ったところもアメリカ系なのかも知れませんね。
初めてだったもので、挙動不審になってしまいました。

Posted by: Putri | June 04, 2011 at 12:21 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/51680717

Listed below are links to weblogs that reference 『アンノウン』:

« 『GANTZ PERFECT ANSWER』 | Main | 流星の絆 »