« 流星の絆 | Main | ハワイ旅行記1104 スワップミート! »

『ジュリエットからの手紙』

『ジュリエットからの手紙』LETTERS TO JULIETを
見に行ってきました。

Photo_2

[監]ゲイリー・ウィニック
[出]アマンダ・サイフリッド
  ヴァネッサ・レッドグレイヴ
  ガエル・ガルシア・ベルナル
[配給会社] 2010アメリカ/ショウゲート
[上映時間] 105分

名作「ロミオとジュリエット」のジュリエットの生家に届く
毎年5000通にも及ぶ恋の悩みをつづった手紙。
“ジュリエット・レター”と呼ばれる手紙をきっかけに
2人の女性が出会い、50年前の初恋を探す旅に出る姿を
描くラブストーリー。
好奇心旺盛なヒロインを『マンマ・ミーア!』の
アマンダ・サイフリッドがフレッシュに好演。

====================================

ん?アマンダ・サイフリッド だっけ?(;^^)
yahooじゃ「アマンダ・セイフライド」になってるし~。
つづりは「Amanda Seyfried」だからね~。
ま、良いや(;^^)

お話は婚約者と2人、休暇をとりイタリアに来たソフィ。
婚約者は自分の店・イタリアンレストランの開店準備に
夢中で彼女そっちのけでワイナリーだ、チーズだ、と
ほっつき歩いてる。
1人観光していたソフィはジュリエットの生家で、
訪れた人が綴った手紙を回収する女性をみかける。

後をつけて訪れたところは「ジュリエットの秘書」と
名乗る3人の女性。
彼女らはその手紙への返事を書いていたのだ。
ソフィは彼女らを手伝うある日、壁の中から
悲恋をつづった古い手紙を見つけ、その内容に
心打たれ、思わず返事を出す・・・。

絵の勉強をしにイギリスからイタリアへ来たクレア。
イタリアで知り合った男性と駆け落ちする約束をするが
土壇場で約束を破ってしまう。
ソフィからの返事を読み、彼に会い、謝りたい一心で
孫息子を連れイタリアに来るが、
彼と同じ名前の男性は50人も?!

結構良いお話しでしたよ~。
でもソフィの婚約者、最初から「どこが良いの?」って
思ってたもんで(;^^) 後の展開が読めちゃう・・・。
それでも、クレアの気持ちとか、孫息子の気持ちとか
ソフィの気持ち、など心が温かくなる映画です。

そしてイタリアのワイナリー。
「ここのワイン好きなのよね、寄ってって」と言ったクレア。
そこで見たものは・・・う~ん、良い映画です♪
せっかくの人生だもの、思いっきり楽しみたい!と言う
あなたに・・・。

しかし、アマンダの額にできた皺を見て・・・_| ̄|○
マンマ・ミーアの時には気にならなかったのに~。

☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 
さて、本日よりちょこっと不在します。
千葉にいらっしゃる某お嬢様を全身全霊で接待すべく、
(; ̄ー ̄)...ン?
頑張ってきます♪
皆様の元にお伺いするのは、9日頃になると思います。
申し訳ございません。 (*- -)(*_ _)ペコリ

|

« 流星の絆 | Main | ハワイ旅行記1104 スワップミート! »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

・・・お嬢様(・∀・)ニヤニヤ
昨日は本当にお世話になりました
久々にお会いできて楽しかったです~
ありがとうございました~
これ・・・みたいです
でも・・ハッピーエンドなのかだけ先知りたい!!
アンハッピーだと映画見れないんですよ~PAM
可愛そうなのは絶対だめなので・・

「アンノウン」コメにウルトラセブンの怪獣を思い出す・・・って言う方がいらっしゃったのですが・・・
PAMは同時にポケモンのキャラも思いってしまいました・・・

Posted by: PAM | June 08, 2011 at 06:48 PM

面白そですね~
気になります。

Posted by: ツボ | June 08, 2011 at 12:06 PM

おっどこいくのかな?
お嬢様・・だれだろう・・。
↓流星の絆、ドラマみました。
出てる人が好きだし、結構面白かったなぁ。

Posted by: もも | June 07, 2011 at 11:11 PM

アマンダ、まだ若いですよね。
それなのに、しわなんて(^_^;)

リアル鬼ごっこは全然怖くないです。
むしろ怖いのは、筆者の文法です・・・
「二人が向かった先は地元で有名なスーパーに足を踏み入れた」
「騒々しく騒いでいる」
「この話は人々の間とともに長く受け継がれていく」
とか、脳の血管ブチ切れそうになりますよ。
これが、同人誌ではなく商業誌だってことに(^_^;)
全文、これですから。

Posted by: butaneko | June 06, 2011 at 09:11 PM

わぁ~是非ハワイでtakoingさんの接待を受けたいものです。

お嬢様と聞くとどうしても東川篤哉の『謎解きはディナーのあとで』の「花嫁は密室の中でございます」を思い出します。

Posted by: nanamama | June 06, 2011 at 07:00 PM

わぁいいなぁ~!
私、いつかtakoingさんに合わせてハワイ行きますので、そのときに接待してください(^▽^)

Posted by: Putri | June 06, 2011 at 03:25 PM

どうも、千葉入りしてる某お嬢様です(笑)
もうお嬢様って年齢じゃないですが(*_*)
ありがとうございます(≧∀≦)

Posted by: ジャズ | June 06, 2011 at 02:49 PM

これも見る予定でDVD仕込んであります!
でもなかなか見る機会がない・・・。

某お嬢様そろそろご到着ですね。笑。
TDSを楽しみにしているようですが、一緒に行かれるのですか?
また楽しいエピソード待っています♪

Posted by: mahalobunny | June 06, 2011 at 06:45 AM

接待 お疲れ様です☆☆☆

Posted by: オサムシ | June 06, 2011 at 06:42 AM

以前ドキュメンタリーかなにかで
手紙の返事を書いている人のことを
TVで見たことがありましたが、
映画になっているんですね。

某お嬢様って・・・
リボンレイ関係の方なのかしら?
がんばってくださいね。

Posted by: akiko21 | June 06, 2011 at 05:50 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/51776986

Listed below are links to weblogs that reference 『ジュリエットからの手紙』:

« 流星の絆 | Main | ハワイ旅行記1104 スワップミート! »