« 『ガリバー旅行記』 | Main | ハワイ旅行記1104 ラムファイヤー »

天国と地獄

さてこちらの本を読みました。


赤川次郎氏の「天国と地獄」です。

連続幼女殺人事件の犯人として逮捕された、
イケメン私大教授の須藤。
エリート刑事の本山の証拠捏造によって死刑判決に。
ところが刑執行直後に冤罪と判明、
更に真犯人が判明。
須藤の妻は自殺を図り、一命を取り留めるが、
警察の失態にマスコミの糾弾が始まる・・・。

更に須藤の無実を信じていたアイドル穂波エリは、
本山一家全てが憎い、全員を不幸へ、と
まずは本山の次女、信忍へ復讐を開始する。。。

========================================

すごいです。たまにこういう作品を書くんですよね~
赤川氏。
正直言って重いです、暗いです。
誰を責めるべきか?誰に同情すべきか?
誰を応援すべきか??全てが分らないです。
誰か&どこか1つに共感してしまうといけない気がして
でも・・・ ってなんかグルグルしてます。

んでもって最後の終わり方。
決してハッピーエンドじゃないんです。
冒頭の幸せは二度と帰ってこない。でも
文中の悲劇に比べたら「良かった」って
思えちゃうような最後なんですよね。

相変わらず一気読みしちゃう赤川作品ですが
よく考えると深いなぁ~って(いつも同じコメントですが)
2,3時間の空いた時間がありましたらぜひどうぞ。

|

« 『ガリバー旅行記』 | Main | ハワイ旅行記1104 ラムファイヤー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments


良い意味でも悪い意味でも、読みやすい作品ですよね!

Posted by: 読みたくなる小説 | February 08, 2012 at 03:12 PM

今「謎解きはディナーのあとで」を読んでいるのでその後読んでみようかな?

Posted by: nanamama | May 22, 2011 at 11:52 PM

読み始めると つい一気に読んでしまいます。

Posted by: セイレーン | May 22, 2011 at 10:04 PM

赤川次郎もこんな小説書くんですね。
かる~い推理小説家のイメージしかなかったので、以外です(^_^;)
ちょっと、読んでみたいなと思いました。
立ち読みで( ̄ー ̄)ニヤリッ

Posted by: butaneko | May 22, 2011 at 09:12 PM

赤川次郎=三毛猫
そのぐらいしか読んでません・・・
最近推理物とか重い物読めなくて・・・
ひたすら妖怪&サイコにハマってます

Posted by: PAM | May 22, 2011 at 05:44 PM

あ、↓のガリバー機内映画で今月やってますよ、見てないけど(^^:

Posted by: むらぴー | May 22, 2011 at 12:03 PM

思い出すというか、忘れてるわけではないのですが・・・。
最近あまりネタもないし、搭乗前は暇なのでさっとメールで投稿です(笑)

Posted by: むらぴー | May 22, 2011 at 12:01 PM

おっ、この作品は気になります。
面白そうですね!

Posted by: ツボ | May 22, 2011 at 08:55 AM

本読む時間ないですと
いいながら 土曜日は やっと
来た iapd2 の設定をしてました。

Posted by: オサムシ | May 22, 2011 at 12:42 AM

おもしろそうですね。
解説を読むととっても軽そうに見えるんですが、重いんですね。
赤川次郎は1冊だけ読んでみました。なんかミーハーっぽいと言うか・・・軽いと言うか・・・笑。
でも、こういう作品もあるんだったら幅がある作家なんですね。って・・・相当有名な作家なのにぜんぜん未踏です。

Posted by: mahalobunny | May 22, 2011 at 12:14 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/51692027

Listed below are links to weblogs that reference 天国と地獄:

« 『ガリバー旅行記』 | Main | ハワイ旅行記1104 ラムファイヤー »