« 公共施設も・・・ | Main | 『英国王のスピーチ』 »

ダイイング・アイ

図書館で借りるだけでなく、買った本も読んでます。
東野圭吾さんの文庫本がいきなり2冊刊行?!
の、2冊目です。「ダイイング・アイ」



誰もが少しずつ嘘をつき、
誰かを陥れようとしている。

記憶を一部喪失した雨村慎介は、
自分が交通事故を起こした過去を知らされる。
なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。
事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が
何を考えて行動していたのか、思い出せない。
しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める……。

俺をみつめるマネキンの眼。
そいつは、確かに生きていた。。。。

==========================================

いやぁ、やっぱりすごい!
幸せな主婦の最後のシーンから始まる冒頭から最後まで
息をつくヒマもない。
クライマックスの後、最後の最後まで気を抜かない、
だから読み終わった後の後味の悪さったら・・・(;^^)
「そう来たかぁ~!!」と思わず叫んじゃいましたよ。

これ読んでまず思い出したのが「変身」。
次いで「パラレルワールド・ラブストーリー」


初期の作品だけど、これらもすごかったんだよなぁ~。
「変身」は脳移植について書いた本、
「パラレル・・・」は記憶の改ざんについて書いた本、
これらは未だに読み直しても「面白い!」と思えます。
「変身」はちょっと哀しい最後ですけどね。
(あ、パラレルもか)。今回のも哀しいですね~。

その頃よりよりいっそうの飛躍をはかる東野氏、
最高!!Very! (* ̄▽ ̄)db( ̄▽ ̄*) Good!!

いかん、買い置きした本、全部読んでしまった・・・。

|

« 公共施設も・・・ | Main | 『英国王のスピーチ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

お久しぶりです・・・毎度のごとく鬱状態で・・・
でもなんとか復活兆しあり・・・
その間ひたすら柄にもなく手芸にいそしんでまして・・・
次回は是非縫物系のリボンレイをしてみようかと考えてます
娘はPAMが電車で出かける程度まで回復したらリボンレイ教室しようね~って
楽しみにしてます

Posted by: PAM | April 08, 2011 at 04:42 PM

東野圭吾に行こうかな~なんて、最近思っているのですが・・・
こないだ実家にいったら、手紙があったので、借りようかな、なんて考えてます。

Posted by: ツボ | April 07, 2011 at 11:47 PM

本って、結末が気になるから
いっきに読みたいんですけど
時間がなくて、読めないんです(;-_-)=3

Posted by: ジャズ | April 07, 2011 at 10:25 PM

実家に行って弟の本箱からとってきて読まなくっちゃ。
今年はまだ図書館に一度も行けてなくってこのまま図書館離れしてしまいそうです。

Posted by: nanamama | April 07, 2011 at 09:36 PM

私は、ダイイング・アイはダメでした(^_^;)
変身とパラレルワールドは面白く読んだんですが。
東野さんって、現実の中にちょっとずつ不思議なこと
を盛り込むのがうまいですよね。

Posted by: butaneko | April 07, 2011 at 08:59 PM

記憶といえば・・・ 昨日の記憶をなくしています ^^;

Posted by: セイレーン | April 07, 2011 at 08:05 PM

これ、ハワイの図書館で借りて読みましたよ。
ちょっとホラーチックって怖かった・・・。
でも、やっぱりさすが東野圭吾って感じですよね。
「変身」も良かった!
「パラレル・・・」は読んでいないので、是非読んでみたいわ♪

Posted by: mahalobunny | April 07, 2011 at 05:44 PM

面白そうですね~。
私も読みかけの洋書、そろそろ再開しようかな・・(^^;

Posted by: もも | April 07, 2011 at 05:25 PM

本 ゆっくり読みたいです。

Posted by: オサムシ | April 07, 2011 at 06:50 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/51284535

Listed below are links to weblogs that reference ダイイング・アイ:

« 公共施設も・・・ | Main | 『英国王のスピーチ』 »