« ダイイング・アイ | Main | 甍の波と雲の波 »

『英国王のスピーチ』

映画館も徐々に営業を再開してきています。
節電のためレイトショーは中止、とか制約はありますが、
見逃していた映画を見なくては!

という事で、これに行って来ました。
「英国王のスピーチ」THE KING'S SPEECH です!
338127view001


第83回アカデミー賞「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」
「脚本賞」受賞!
吃音に悩み、自らを否定し続けてきた英国王ジョージ6世。
全国民を前に、王の尊厳と誇りをかけた演説が始まる―。

2度の大戦を乗り越え、国民に「善良王」と慕われるに至った
ジョージ6世が乗り越えた障がい。
彼を支えた妻エリザベスと、言語障がい専門医
ライオン・ローグとの愛と深い絆を描く。

監督:トム・フーパー
出演:コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター
上映時間:118分

=============================================
これを観ていて「英語が分かりたい~!」と切実に思いました。
吃音障害の話なんですが、場所はイギリス。
階級によって喋る言葉も違う訳なんですよね。
でもそれが分からない・・・。
「吃音」を字幕で見ても・・・感慨半分ですよね~(;^^)

途中、別の専門医がビー玉を口の中に入れさせて、
発音の練習をさせる、ってシーンがあるんですが、
その話を英会話レッスンでした処、先生が
「そうか!なぜ『ピグマリオン』(Pygmalion )で
ビー玉か理由が分からなかったんだよ!」と。

「マイ・フェア・レディ」の元になった戯曲、なんですが
先生はこちらの映画版(1938年)の方が好きなんです。

吃音障害の原因って人それぞれなんでしょうが、
専門医の「心のケア」で徐々に直っていく様は感動的。
最後の彼のスピーチは素敵でした。

ちなみに彼が練習していた、tongue twisterはこちら!
I sifted seven thick-stalkedthistles through strong
thicksieves.

前に書いたっけかな?スティーブン・キングの小説
「IT」に出てくる吃音の少年のおまじない。
He thrusts his fists against the post and still insists
he see the ghosts

そんでもって、「マイフェア・レディ」のは
In Hartford, Hereford and Hampshire, huricanes
hardly ever happen

う~ん、無理!!(;^^)

|

« ダイイング・アイ | Main | 甍の波と雲の波 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

これnanapapaが見たがっていたんです。
でも仕事の鬼なので映画館に行ける日は退職するまでないだろうなぁ~

Posted by: nanamama | April 08, 2011 at 11:44 PM

ご無沙汰しています。
この映画、かなり見たいと思っています。
でも、結局レンタル待ちになっちゃいそうですが。

Posted by: akiko21 | April 08, 2011 at 11:29 PM

予告見て、面白そうと思ったけど
そうですよね、内容的に英語がわかるほうが
ゼッタイに楽しめますよねぇ(^^;)
あぁ、でもイギリス英語って慣れてないです。

Posted by: ジャズ | April 08, 2011 at 11:18 PM

ビー玉・・・思い出したのは カラオケ教室で 割り箸を歯にはさんで 発声練習をする・・というTV番組でした。。。

Posted by: セイレーン | April 08, 2011 at 08:54 PM

これJALの機内で上映していたんですが観なかったです。
イギリス英語苦手・・・。笑。
でも、最初のtongue twisterは、イギリス人には難しいかも!?アメリカ人の方が簡単に言えそうですね。
それだけ発音がちがう・・・。

吃音の意味がわからないで調べてしまいました・・・。
「発声器官に痙攣(けいれん)が起こり、第1音が円滑に出なかったり、ある音を繰り返したり伸ばしたりする言語障害」だそうですね。ふぅ〜ん・・・。そんなイギリス人の英語・・・絶対に理解できないだろうなあ〜、私。笑。

Posted by: mahalobunny | April 08, 2011 at 07:31 PM

節電のためレイトショー中止 
関東の場合はやむを得ないのでしょうね。

Posted by: オサムシ | April 08, 2011 at 06:49 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/51284363

Listed below are links to weblogs that reference 『英国王のスピーチ』:

« ダイイング・アイ | Main | 甍の波と雲の波 »