« 『恋とニュースの作り方』 | Main | 「あの頃の誰か」 »

「女優志願殺人事件」

「本を読むのが早い~」と言って頂いてますが、
それほどでもありません。
以前はもっと速かった(;^^)。
歳を取ると徐々に集中力が落ちるものですね~。

まぁ、赤川氏の作品は変わらず早く読めますが。
今回はこれ!


セリフひとつすらなかったエキストラが、女優のタマゴ役に
抜擢。シンデレラ・ガールの誕生に一役買ったのは、
なんと警視庁の超危険人物・大貫警部。
翌日、収録現場で、彼女の母親が首を絞められ
殺されてしまい…(女優志願殺人事件)。

「怪物」大貫警部、恋をする!?
警視庁捜査一課にこの人あり、と言われる迷警部・大貫が、
女子大生に恋をした? 
閉鎖的な村に隠された恐るべき秘密とは・・・(卒業研究殺人事件)

その他全4編を収録。

=============================================

このシリーズも長いです。
出演者が歳を取らないのでつい忘れちゃいますが、
一番最初の「東西南北殺人事件」が1984年なので・・・

もう27年も前なんですね~ ...( = =) トオイメ
ちょっとびっくりした(;^^)。

今となっては一部絶版しているものもあるそうで・・・。
全部持ってる私って・・・(;^^)

最初はね、ほんとこの大貫警部、嫌いだったの。
「無神経なオヤジ」で女性に嫌われるタイプ、って感じで。
今もあまり変わってないんだけど、
こういう人はこういう人でいないといけないんだなぁ、とか
最近は思うようになってきた。
私も歳取ったせいかな?

時代背景などは昔を若干感じさせますが、
今読み直しても面白い作品です。
ってか、赤川氏の作品全部が今読んでもおかしくない。

だから出版社さん、お願い。
昔の本をあちこちの文庫本で出版しないで下さい。
間違えて、昔買った本を又買ってしまいました・・・。

1988年に出版された「砂のお城の王女たち」。
本屋で「今月の新刊」って出てたら買いますがな・・・。
読み始めて数ページで「あ、これ持ってる」って
気付いた時のむなしさ、ったら・・・。
(いや、自分が気づけば良いんですけどね;^^)

|

« 『恋とニュースの作り方』 | Main | 「あの頃の誰か」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

赤川次郎、そう言えば最近全く読んでないです。

そうそうnanagonお友達置き去りにして自分だけ手前で降りて帰ってきちゃったんです。
これには驚きで、ちゃんと行動を共にするようにしっかり言っておきました。

まだお友達になって日が浅く学校も違うためお友達がどこに住んでいるのか全く分かってなかったようだけど、親としてはかなり焦りました。

Posted by: nanamama | March 31, 2011 at 10:37 PM

おお、久しぶりの赤川次郎^^
最近読んだ本といえば、「アンデッド拷問教室」とかいう
B級・ラノベ・スプラッタ小説を立ち読みしました(^_^;)
決して人にはお勧めできません。
ろくな本読んでないなぁ(T_T)

Posted by: butaneko | March 31, 2011 at 07:39 PM

爽香シリーズでさえ 題名なんて覚えていないから あれ?これ読んだかな?とか思ってしまいます。

Posted by: セイレーン | March 31, 2011 at 02:21 PM

タイトルがもう、赤川次郎ですね。

Posted by: ツボ | March 31, 2011 at 02:03 PM

赤川次郎の作品、読みたい!と思いながらもなかなか・・・。
この前ハワイの図書館に1冊あったので借りてきました。
が・・・本文と表紙が違う〜。漢字を読めないとこういう事っておこるんですね。
「殺人の門」やっぱりそうですよね。「悪意」は今のところ持っていないので、そのうち手に入れたら読んでみたいと思います。

Posted by: mahalobunny | March 31, 2011 at 09:44 AM

赤川氏の作品 は読みやすいですね。
といいながら最近読んでない私ですが。

Posted by: オサムシ | March 31, 2011 at 06:48 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/51234055

Listed below are links to weblogs that reference 「女優志願殺人事件」:

« 『恋とニュースの作り方』 | Main | 「あの頃の誰か」 »