« 価値がない(と思ってる)アイデア | Main | 核心 »

『アンストッパブル』

上映時間が合わず、なかなか行けなかったのですが、
ようやく見られました♪
『アンストッパブル』Unstoppableです。

Photo_2

[監]トニー・スコット
[出]デンゼル・ワシントン
  クリス・パイン
  ロザリオ・ドーソン
[配給会社] 2010アメリカ/FOX
[上映時間] 99分






 
ペンシルバニア州の操車場に停車していた
最新の貨物列車777号が整備員のミスで暴走を開始。
その列車は大量の化学薬品を積んでいた!
人口密集地へ向かうその列車を鉄道会社と警察が
必死に止めようとするも、列車は加速を続けていく。
付近で作業をしていたベテラン機関士のフランクと
新米車掌のウィルが追跡を開始するも。。。

==================================
2001年にアメリカはオハイオで実際に起きた事故、
「CSX8888号暴走事故=別名Crazy Eights Incident」が
モデルとなっており、その迫力たるや!!

「CSX8888号暴走事故」とは・・・
 機関車と47両の貨車が運転士不在のまま、
 最高時速51mph(82km/h) で約2時間暴走、
 最終的に追いついた別の機関車を後部に
 連結して、停車させた。

エアブレーキが連結されてない、とか
ポイント切替が変わっていないから、って
飛び降りちゃって機関室内を不在にしちゃう、とか
おまぬけさにも程があるでしょ!って感じじゃない??

まぁ最初は時速13km位だったそうなので、
「追いつける!」と思ったんだろうけど、
運転モードが「発電ブレーキ」じゃなく、
「力行(りきこう)」ってのになってた為、
どんどん加速して、追いつけなくなっちゃった訳。
(ここら辺は詳しい鉄男さんか鉄子さんに聞いて;^^)

時速80km以上で走る列車を止めようと
燃料放出バルブを狙って発砲(=失敗)、
ヘリコプターでスタッフを下ろす(=失敗)、
先頭で連結させて止めようとする(=失敗)と
やる事なす事全て裏目に出る始末。

そこへ登場するは
「ロートルだから」と強制早期退職を勧告された機関士と
親戚のコネで入った(らしい)新米君が、
たら~~ん♪登場!! とドラマな訳ですわ(^o^)。

実際のNewsを知っている方は結論も知っているはず。
でも知らなかった私はもうハラハラドキドキ。
もう呼吸苦しかったです・・・( ̄u ̄;)ハァハァゼェゼェ…
上映時間は短め(99分)でしたが、十分!
面白かったです~。

そうそう、RENTでおなじみの「ロザリオ・ドーソン」♪
Un


現場監督としてがんばってましたよ~。
これは大画面で迫力ある映像を楽しんで欲しいな♪

|

« 価値がない(と思ってる)アイデア | Main | 核心 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

実際に起きた事故なんですか・・・日本ではないでしょ・・と思うと 日本でも、え?っていう電車の事故がありましたからね・・・

Posted by: セイレーン | February 06, 2011 at 08:54 AM

これお勧めとテレビでやっていて見てみたいと思ってました。
でも本当に最近忙しくブログもおさぼり気味です。

Posted by: nanamama | February 06, 2011 at 12:22 AM

デンゼル・ワシントン 黒人俳優としては
シドニー・ポワチエ 以来の
オスカー受賞者ですね。

Posted by: オサムシ | February 05, 2011 at 08:39 AM

最近・・・映画観てないわ・・・。

Posted by: mahalobunny | February 05, 2011 at 05:30 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/50597402

Listed below are links to weblogs that reference 『アンストッパブル』:

« 価値がない(と思ってる)アイデア | Main | 核心 »