« 『キス&キル』 | Main | 美味:カントリーマアム&Meiji 100% Chocolate Cafe »

『スペースバトルシップ ヤマト』

さて、賛否両論巻き起こっているこちらの映画、
「スペースバトルシップ(宇宙戦艦;^^) 大和」です。

Photo 2

[監]山崎貴
[出]木村拓哉 黒木メイサ 柳葉敏郎
[配給会社] 2010日本/東宝
[上映時間] 138分

■ストーリー
西暦2194年、外宇宙に現れた正体不明の敵・ガミラスの
侵攻により、人類の大半が死滅してしまう。
5年後の西暦2199年、遊星爆弾の放射能で地球は汚染。
そんな中、かつてのエースパイロット古代進の元へ、
地球から遠く離れたイスカンダル星からの通信カプセルが
落下。彼は、宇宙戦艦ヤマトに乗り込み、壮絶な闘いに挑む。
=================================================

ヤマト世代のあなたもそうでないあなたも、
名前だけは知っているはず。
かくいう私もヤマト世代からちょっとずれており、
話がどんなだったか、は映画を見て知りました(;^^)

TVの連続アニメは見てたけど、そんな崇高な使命で
旅をしている、とは知らなかったよ~。

友人らのもっぱらの興味は
「ガミラスの彼(デスラーね)はどんな顔して出てくるの?」でした。

デスラー総統↓
Yama_2

まぁそれを記事でばらしていいのかは??なので
ナイショにはしておきますが、
彼と雪(森雪:レーダー手・兼・生活班長)と佐渡先生、は
原作とかなり離れたイメージでしたわ。

一升瓶と猫をかかえた佐渡先生が女だなんて?!
って感じ。

ストーリーはやはり2時間に縮めちゃったせいか、かなり
急いでまとめた、って感じで、情緒もイマイチ、でしたが、
改めて「ヤマトってこんな話だったんだ」と理解するには
分かりやすくまとまってたかな?

しっかし、難しい言葉が多くてね~。
主役の木村くん、滑舌良くしゃべってね、かまないでね、と
いらん心配してみちゃいましたよ(;^^)

ポチッとよろしく!

|

« 『キス&キル』 | Main | 美味:カントリーマアム&Meiji 100% Chocolate Cafe »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

ヤマト、一時代を築いた作品ではあるんですけどね。

Posted by: ツボ | January 15, 2011 at 11:55 PM

ヤマトはキムタクが主演という事で見る気がなくなったnanamamaです。

Posted by: nanamama | January 15, 2011 at 12:16 AM

電車の中で 通勤帰りの静かな中 若い男性ふたりが「キムタクどうして こんな映画でることにしたのかなぁ」「誰か 断ったやつがいたらしいよ」と話をしていました。なつかしいなぁ。あれからもう1ヶ月たってしまったのね。。。

Posted by: セイレーン | January 14, 2011 at 08:55 PM

この映画、結構番宣してましたよね。
あんまりヤマトには興味ないかも・・
世代的にもずれているので、元のアニメも知らなくて・・銀河鉄道999とごっちゃになってます(^^;

Posted by: もも | January 14, 2011 at 04:45 PM

キムタクがこの映画に出るってポスターか何かを見た時にちょっとびっくりしました。

タイ料理は、写真の量で1人前です。もちろん!
(これで2人前だったら・・・ありえないでしょ!?)
映画は、アメリカでのレンタルだから原題がわからないと借りられないんですよね・・・。だからちょっと検索してみました。おもしろそうなので見てみたいですわ♪

Posted by: mahalobunny | January 14, 2011 at 06:14 AM

ヤマト は再放送でかなりみました。
配役が微妙にアニメと違うのですね。
多分 どこかでは見るのでしょうね。
デスラー総統 アニメ版の声は
伊武雅刀でしたかね。

Posted by: オサムシ | January 14, 2011 at 12:23 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/50464849

Listed below are links to weblogs that reference 『スペースバトルシップ ヤマト』:

« 『キス&キル』 | Main | 美味:カントリーマアム&Meiji 100% Chocolate Cafe »