« 『ノルウェイの森』 | Main | ダンス・ダンス・ダンス »

ノルウェイの森

昨日の映画「ノルウェイの森」。
映画を見た後にやっぱり納得いかずに読んだのがこれ。



家の物置を探しに探してありました~。
1988年刊行の第28版もの。

Nikon_013

で、読んでみた。

  book   book   book   book 
暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機が
ハンブルク空港に着陸すると、
天井のスピーカーから小さな音でビートルズの
『ノルウェイの森』が流れ出した。
僕は1969年、もうすぐ20歳になろうとする秋の出来事を
思い出し、激しく混乱し、動揺していた。
限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。

1988年、今から22年前の話になるんですね。
当時、高校生の私には難しかったこの本も
今となっては分かる、んですよね。

でもやっぱり( ̄~ ̄;) ウーン なんかなぁ。

  book   book   book   book 
当時の僕は若くて世間知らずだった。
自分の周りにある世界が全てだと思っていた。
だから世の中の流れに乗ろうとしてたし、
周りの皆と同調しようとしていた。

でも世の中はそんなに甘いはずがなく、
乗り方もおかしく、1本ずれた調子の僕は
抗おうとすればするほど底なし沼にはまっていた。
更にそんな自分をあざ笑うかのように突き放し
遠くから見ている、いわゆる「解離性」とも言える
ような特性を持つ自分には、毎日が混乱の連続で
絶望にとらわれたまま、あの頃を過ごしていた。

そんな自分というものが定まっていない時期に
又、生と死について不確かな体験と考えしかない時に
この物語を読んで明確な答えが、感想が
見つかるはずがないのだ。
それに20年経ってようやく気がついたのだ。

かと言って今の自分は定まっているか、と聞かれると
「はい」とは到底断言できるものではないし、
生と死についても未だに分からない事だらけだ。

でも今の自分には「分からない事もあるんだ」、
「いつまで経っても分からない事もあるんだ」と
半分あきらめの、半分達観したような想いがあり、
それが僕の気分を楽にする反面、妙に物悲しい
気分にさせてもいる。

そんな半分あきらめの、半分達観の想いを
何と言うのだろうか?僕には分からない。
分かる日がいつか来るのだろうか??
分かったと言う事が分かる日が来るのだろうか??

と、少しだけ村上氏風に書いてみたわ♪
けど、何か違うか?(;^^) 
Butanekoさんみたくうまくは行かんもんだわ。

|

« 『ノルウェイの森』 | Main | ダンス・ダンス・ダンス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

お~

まっ、あれですね。きっと、この小説を読んだその時には、こんな気の利いた文章は、書けなかったわけです。みんながみんな成長しているんでしょうね。まあ、成長のスピードは人それぞれですが・・・

色々お勉強しているんだろーなと尊敬します。

Posted by: ツボ | January 10, 2011 at 09:33 PM

もうそんな昔に書かれた本になっていたのですね。

たしかこれが発行された頃、もう一人村上龍?っだったかな?も流行っていなかったかな?

あ~完全に記憶が途切れてる。

Posted by: nanamama | January 10, 2011 at 12:14 AM

まったく興味なくて(笑)
映画も本も「ふ~ん」って感じです~(°°;)))オロオロ(((;°°)~
それよりも「バーレスク」が観たくてc(>ω<)ゞ

Posted by: ジャズ | January 09, 2011 at 06:02 PM

1988年かぁ〜、私はもう立派な社会人だったんですね。
でも・・・この世界・・・よくわからなかったです。

最近、それこそ20年ぶりに本を読み始めて東野圭吾にはまり、彼の描写がいかに簡単に想像できる世界か・・・。
他の人の本だとなかなか進まないのに、彼の本ならばすいすい読めてしまう。
たぶん、村上春樹は私にとってはすいすい系ではないのでしょうね。笑。

Posted by: mahalobunny | January 09, 2011 at 06:59 AM

もう そんな前になるのですね。

Posted by: オサムシ | January 09, 2011 at 12:57 AM

当時、私はまだ8歳だったので、この本読んだのは20歳過ぎてからだったけど、時代設定が古くて・・たぶん、今読んでも共感できなさそうかも?
やっぱり恋愛物は女性が書いた本のがいい気がします。

Posted by: もも | January 09, 2011 at 12:22 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/50465931

Listed below are links to weblogs that reference ノルウェイの森:

« 『ノルウェイの森』 | Main | ダンス・ダンス・ダンス »