« 『バイオハザート Ⅳ』 | Main | 『大奥』 »

蝿の王

訪問頂いた皆様、すみませぬ<(_ _)>

  ほんゆ~ことtakoingは
 10/12~/21までハワイ中です♪

先般の「東京島(映画)」&「東京島(書籍)」で書いていた
「蝿の王」、図書館で借りて読んでみました。


原爆戦争が勃発し、イギリスから疎開する少年たちを乗せた
航空機が、南太平洋の孤島に不時着。
豊富な食糧に恵まれた無人島は大人のいない楽園にみえたのだが…。
内部抗争から凄惨な闘争へ。
漂流する少年たちは心の底にひそむ野性にめざめ、
無益な殺戮をくり返す。
極限状況のもとで獲得した新しい秩序とその崩壊をとおして、
人間と社会のあり方を諷刺的に描く衝撃の名作。

1954年の作品だって。
これ読んだのが確か・・・小学校6年?(;^^)
夏休みの読書感想文に、と祖父が薦めたのよね。
その当時は「怖い、きもい」を嫌悪感しか感じなかったのに
今読み返してみると違うね~。

大人になりきれない子供達の理性より感情が勝つところ、
隊長(リーダー)の資格をもつ者同士の争い、
人間が持つ内面の悪との対峙と恐怖感、と
深読みしだすときりがない作品でしたね。

当時の作品としてはかなり思い切ったクライマックスと
エンディングではあるけれど、「東京島」を読んだ後だと
「良かったね~」と思ってしまう私(;^^)
それにしても50年で人間、ここまで下劣になれるもの?
それくらい「東京島」が救いがないって事なんですが(;^^)

ちなみにこちら、「映画化」もされています。
(出演者を「アメリカの少年たち」に置き換えてますが)
私は見てないんで、どれだけ小説の世界を描いているかは
不明ですが、「本読みたくない」と言う方はどうぞ。

|

« 『バイオハザート Ⅳ』 | Main | 『大奥』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

小学6年生と今じゃやっぱり感想違うのですね。
多分20代と30代でも感想違うでしょうね。

Posted by: nanamama | October 16, 2010 at 12:38 AM

楽しんでますか。

Posted by: オサムシ | October 15, 2010 at 09:40 PM

しかし、ハワイいいですね。

Posted by: ツボ | October 15, 2010 at 12:39 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/49700633

Listed below are links to weblogs that reference 蝿の王:

« 『バイオハザート Ⅳ』 | Main | 『大奥』 »