« 東京島 | Main | ポチっとして行ってきます! »

『十三人の刺客』

いやぁ~しぶい!渋すぎる!の今日の映画です。
『十三人の刺客』

13
[監]三池崇史
[原]池宮彰一郎
[脚]天願大介
[音]遠藤浩二
[出]役所広司 山田孝之
  伊勢谷友介 沢村一樹
  古田新太 高岡蒼甫
  六角精児 松本幸四郎
  稲垣吾郎 市村正親
[配給会社] 2010東宝
[上映時間] 140分・PG12

63年の傑作時代劇を鬼才・三池崇史監督が、
役所広司、山田孝之ら豪華キャストとともに再映画化。
幕末の世。時の将軍・家慶の弟で明石藩主の松平斉韶
(稲垣五郎)の悪政を止めさせようと、
老中の土井(平幹次郎)は斉韶暗殺を
御目付役の島田新左衛門(役所広司)に命じる。
新左衛門は13人の刺客を集め、斉韶の参勤交代時に
暗殺を狙うが、彼らの計画は筒抜けだった・・・。

時代劇って敬遠されがちじゃないですか?
なぜ見に行こうと思ったかというと、役所広司さんの
舞台挨拶で、

「興行的には厳しいものがある、と時代劇は敬遠されがちですが、
日本にしか作れないものが時代劇であり、
作り続けなくちゃいけないものなんじゃないか・・・」
こんな事を言っていたのを何気なしに見て、
「うん、そうだよなぁ。行ってみよう」と思ったわけです(;^^)

したら、面白かった~!!
昔の言葉使い、昔の風習、昔の考え方・・・。
全てが難しく、懐かしく、新鮮で、頭で理解するのではなく
心の奥、体のどこかで理解するってのがピンと来るかな。

又、稲垣くんの「悪者」ぶりがお見事!
もう、こんなのが政(まつりごと)の中心になったら
この先の日本の行く末が心配だ、と集う面々に
役所さん扮する新左エ門が
「貴様たちの命、使い捨てに致す!」と宣言する処なんか
ぞくぞくっ、と来ました(^o^)

武士、を演じられる役者が減ってきた、と今言われます。
脇に刀を差すので、安定感がないとダメだったり、
歩き方ひとつ、所作ひとつをとっても「う~ん」って思う
若い役者さんたちが多いな、って思う昨今、
山田孝之 さんを役所さんが絶賛しており、確かに彼は
決まってた。良い映画でしたね~。

クライマックスの30分にわたる殺陣(たて)シーンは確かに
若い女性には受け入れられないかもしれないけど(;^^)

小説なども時代物は遠慮しがちな私。
読むといえば「宮部みゆき」の時代モノ位がせいぜい。
でも、これを気にちょっと読んだり観たりしてみようかしら?

さて、十三人の刺客を一挙公開!

◇役所広司 (島田新左衛門(御目付七百五十石))
◇山田孝之 (島田新六郎(新左衛門の甥))
◇伊勢谷友介 (木賀小弥太(山の民))
◇沢村一樹 (三橋軍次郎(御小人目付組頭))
◇古田新太 (佐原平蔵(浪人))
◇高岡蒼甫 (日置八十吉(御徒目付))
◇六角精児 (大竹茂助(御徒目付))
◇波岡一喜 (石塚利平(足軽))
◇石垣佑磨 (樋口源内(御小人目付))
◇近藤公園 (堀井弥八(御小人目付))
◇窪田正孝 (小倉庄次郎(平山の門弟))
◇伊原剛志 (平山九十郎(浪人))
◇松方弘樹 (倉永左平太(御徒目付組頭))

漢字が目になじまない人いませんか?(;^^)

|

« 東京島 | Main | ポチっとして行ってきます! »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

面白いのですね。
見てみたい!!
来月には「S.P」に行く予定にしているのでその合間に行けたらなぁ~

えっ、本にも映画にも「誰の子か」ってのが書いてないのですね。
てっきり窪塚君の子かと思ってました。

Posted by: nanamama | October 12, 2010 at 12:03 AM

私もコレ気になってました!
サムライ物も好きです。

そういえばキアヌが忠臣蔵?に主演するアメリカ映画が企画されてるって見かけたのを思い出しました
実現するのかな

ジャスティン・ロングのぬいぐるみ的な顔が
クセになりつつある私です(笑

Posted by: kovac | October 11, 2010 at 08:19 PM

たしかに渋そうな映画ですね。

Posted by: オサムシ | October 11, 2010 at 05:52 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/49608416

Listed below are links to weblogs that reference 『十三人の刺客』:

« 東京島 | Main | ポチっとして行ってきます! »