« 蝿の王 | Main | 『ペイ・フォワード ~可能の王国~』 »

『大奥』

訪問頂いた皆様、すみませぬ<(_ _)>

  ほんゆ~ことtakoingは
 10/12~/21までハワイ中です♪

今日はこの映画の話題。
時代劇ブーム、って訳ではないはずなのですが、
なぜか見たこの映画『大奥』です。

Photo
[監]金子文紀
[原]よしながふみ
[脚]高橋ナツコ
[出]二宮和也 柴咲コウ
  堀北真希 大倉忠義
  中村蒼 玉木宏
  倍賞美津子 竹脇無我
  和久井映見 阿部サダヲ
  佐々木蔵之介
[配給会社] 2010松竹=アスミック・エース
[上映時間] 116分

男だけを襲う謎の疫病により、男は女の1/4へと減少。
男女の役割が逆転した江戸の世で困窮したお家を救い、
また身分違いの幼なじみへの恋心を捨てるため、
女人禁制の男の園・大奥入りした祐之進は出世を遂げていく。。。

さて、原作がコミックなんだそうで、すっごい納得。
着飾った男どもがひしめく大奥。
女人禁制だけに、男性同士の××や(;^^)、
女性に負けない位陰湿な考えやいじめに支配されている訳ね。

そこで一本気な気性を曲げず「××はイヤだ」と
断固抵抗する祐之進。
二宮くん、は良かったよ、良かったけど「線が細すぎ~!;^^)」
「お渡り」に集う男性陣の中でも頭1つ小さいし。
玉木宏のような「美形顔」でもないわけだし・・・複雑な気分。

でも話は良く作られてましたよ~。
「男性と女性が逆転!」というキャッチコピーだけど、
単純に反対にしただけじゃないところが(゜∇^d) グッ!!。

だけに結構真剣に見ちゃったし、「ええ?!」って思う展開。
なるほど、そうくるか、ってね。
「お渡り」で見初められた祐之進、だけどそれは
光栄な反面、悲しい行く末が待っている訳だ。
しかし、相手役が堀北真希、ってのが・・・
和服をきちんと着られず所作もイマイチな子だね~。

倹約家で知られる「吉宗」の時代なので、
女性の着物は質素すぎるし、映像的には「きらびやか」
ってのとは縁遠かったけど、最後はコミックにつきものの
「ハッピーエンド」なわけで、まぁ安心して見られました。
(ってそんな映画ばかり見てていいのか?!;^^)
DVDで十分、いやTV放映まで待っても十分ですね、はい。

|

« 蝿の王 | Main | 『ペイ・フォワード ~可能の王国~』 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

まあ、そこそこ、興行的には成功しそうですよね。
色々なタイプのカッコイイ人入れれば・・・

Posted by: ツボ | October 17, 2010 at 02:27 PM

堀北真希はNHKの「篤姫」で和宮役やっていた時もあれれれって感じでした。

徳川吉宗と言えば「暴れん坊将軍」松平健のイメージが強すぎるのでその女性バージョンだとそれこそ「柴咲コウ」の方がしっくりきそうです。

Posted by: nanamama | October 17, 2010 at 12:19 AM

大奥、友達がみたときはおばさん(私と同年代)が沢山でしかも上映中に携帯やっていたと怒っていましたがどうでした?

ハワイなんですね。
うらやましい。

Posted by: akiko21 | October 16, 2010 at 09:35 AM

おはようございます。

Posted by: オサムシ | October 16, 2010 at 08:30 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/49677659

Listed below are links to weblogs that reference 『大奥』:

« 蝿の王 | Main | 『ペイ・フォワード ~可能の王国~』 »