« 『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔』 | Main | 10.07.17のランチ「游禅房」とB-DAY♪ »

『オーケストラ!』

この映画にも行ってきました。『オーケストラ!』 です。

Photo_2
[監][脚]ラデュ・ミヘイレアニュ
[脚]アラン=ミシェル・ブラン 
  マシュー・ロビンス
[音]アルマン・アマール
[出]アレクセイ・グシュコブ 
  メラニー・ロラン 
  フランソワ・ベルレアン
[配給会社] 2009仏/ギャガ
[上映時間] 124分



フランス映画ですが、前半部分はロシアが舞台。
だから会話はロシア語とフランス語・・・
英語の勉強にはなりませんね(;^^)

ボリショイ交響楽団宛にきたFAXを元天才マエストロだった
アンドレが見つける処から始まります。
そういえば、「ボリショイ」って「大きい」って意味なのね。
だから「ボリショイサーカス」って「大きいサーカス」
→「大サーカス団」って訳だ。

アンドレが活躍していたのは旧政権時代。
当時の共産党書記長は「レオニード・ブレジネフ」氏。
※大統領制は引かれる前は共産党の書記長が
  事実上、国のNO.1だった訳ですね。
  大統領と名がつくのは「ゴルバチョフ」さんが初めて
  だって、知らなかったっす(;^^)

政府への悪口は「反逆罪」として強制収容所送りになる時代。
又、「ユダヤ人迫害」の時代でもあり、楽団員にいた彼らの
ために演奏中に嫌がらせを受け、指揮ができなくなった上に
アル中になってしまったんです。
当時、中断させられた曲はチャイコフスキーの
「ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.35」 と言う曲。
「のだめカンタービレ」でも紹介されてましたね。
 ttp://www.youtube.com/watch?v=scxxoiHaWX8

そんな彼がもう一度指揮をしたい!演奏をしたい!!と
昔の楽団員を集めて、フランスに乗り込みます。
ところが、30年も離れ離れになっており、亡くなった人もおり、
又生活の糧に、と楽器を売ったメンバーがいたり、
フランスに行くにはビザが必要な事と出発直前に知ったりと
かなりドタバタ珍道中。

「ヴァイオリン協奏曲」と言うだけあって、
ヴァイオリニストが必要なんですが、
アンドレイはある若手女性ヴァイオリニストを指名。
売れっ子の彼女のマネージャーは一度は断りますが、
彼女自身が共演を希望して共演する事に。
ところが、リハーサルの日・・・・

いや、良い映画でした~!! 思わず涙出ちゃったよ。
普段見慣れているアメリカ映画と違う映像、言葉、
ギャグ・・・ 最初は慣れませんでしたが、
慣れてくると、自虐的とも思えるギャグに大笑い(^o^)。
更にロシアの物悲しい歴史背景の一端を知る事ができて
なんか良かったな、と。

ニュースとして、歴史として知ってはいるけど、
その渦中にいた彼らを中心に作られた映画という形で
見ると又違うものですね。
最後の演奏シーンは「Σ(^∇^;)えええええ~」って感じで
始まりますが、フィナーレに向かって突き進む想いに
大感動!!でした。

そんでもって、この映画は大画面で音響の良い映画館で
観ることをお勧めします。
レンタルじゃ感動の度合いが違うような気がします・・・。
また「のだめ-」のとの違いなどを楽しんでみると良いかも~。

|

« 『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔』 | Main | 10.07.17のランチ「游禅房」とB-DAY♪ »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

ロシアは好きじゃないけれど うちのオットさんはこういうの好きかも ^^;

Posted by: セイレーン | July 18, 2010 at 10:41 PM

う〜ん、面白いなら観たいんですけど(^_^;)
英語が良いなぁ(笑)

Posted by: ジャズ | July 18, 2010 at 10:15 PM

ユダヤ人も出てくる映画なのか…
ちょっと興味あるかもです。

不景気なのに働かなくてはいけない理由、それは固定給の社員が自給でもらってるパートの分も働かなくてはいけないのです(TT)もちろん残業代はなしです。。。

Posted by: こあら | July 18, 2010 at 07:03 PM

そういえば音楽系の映画はあんまりみたことなかったかも。
のだめくらいかなぁ~。

Posted by: もも | July 18, 2010 at 03:51 PM

英語以外の映画は、聞いていてわけがわからなくなりそうで怖いです。笑。

Posted by: mahalobunny | July 18, 2010 at 01:38 PM

レイの講習、しばらくはお忙しいとのことですが
次回は是非。

ロシア語とフランス語をずーっと聞いていたら
さっぱり分からなくって、頭が痛くなりそうだけど
感動的な映画だったのね。
オーケストラの話だから、やっぱり大きい映画館で
みたいですね。

Posted by: akiko21 | July 18, 2010 at 12:11 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/48778919

Listed below are links to weblogs that reference 『オーケストラ!』:

« 『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔』 | Main | 10.07.17のランチ「游禅房」とB-DAY♪ »