« 『アリス・イン・ワンダーランド』 | Main | ハワイ旅行記1004 ダブル・ダウン! »

アリス・イン・ワンダーランド その2

さて、皆さんのコメントを元にアリスネタ Part2.(^o^)です。

4

作者であるルイスキャロルさん、「ロリコン」ではないそうです。
まぁ誤解されやすい処もあるだろうなぁ、と思いますが、
子供好きではあるけれど、大人の女性とつきあっていたし、
当時の社会背景が誤解されて翻訳されていた、など
こちらのサイトが丁寧に解説しています。
 →ルイス・キャロルはロリコンか?
 →ルイス・キャロルのロリータコンプレックス像の定着

こちらのサイトはネタを探す際に参考になりました。
サイト主さんは今回の映画のプロモーションも手伝ったそうです。

言葉遊びについても色々書かれていたり、
(昨日の『カラスと・・・』の件はその昔は
「大鴉と掛けて書き物机と解く。その心は?」だったそうです。)

昔から数多くの翻訳本が出版されているアリス。
訳者によって、言葉の持つニュアンスが変わっているのだそう。
日本語の言葉遊びで頑張って訳した人、
諦めた人など、訳者それぞれを分析しています。

そういえば、英文学科などの方で、卒論に「アリス」を
取り上げた方とか絶対いそうですよね。

さて、登場人物についての雑ネタ(備忘録的に)

◆マッド・ハッター(the Hatter或いはthe Mad Hatter)

Alice_01

絵本では「帽子屋」となってた気がします。
なぜmad(気狂い)かと言うと、
19世紀、帽子作りに水銀を使用しており、
水銀中毒で(神経が)おかしくなる
と言われてたそうなんですね。
だから慣用句にも
"as mad as a hatter"
(帽子屋みたいに狂ってる)というのがある位。
ただ、ア○クによると、語源は更に古く、
アングロサクソン語の
atter(=poison=毒)の変形がhatterなんだ、と。

◆三月兎(march hare)。ウサギなのに hare? rabbit じゃなく??

Alice_02

hareは野ウサギの事。rabbit(兎)よりも大柄。
  穴に住む性質はないそうです。
3月に繁殖期を迎える野うさぎは
ボクシングしたり跳んだりと
おかしな行動を取るという伝承が
あるそうです。
そんな様子から慣用句
"as mad as a march hare" とか、
Mad March Hare” があるそうです。

◆チェシャ猫
3
元々"grin like a Cheshire Cat"
(チェシャ猫のようににやにや笑う)
と言うのがあり、そこから出来たキャラクター。
この成句の成り立ちは明確にわかっていませんが、
 ①チーズのチェシャー(英国)
 ②動物のチェシャー(豚の品種)
 ③場所のチェシャー(英国州)  の
どこからか由来が来ているかと。
wikiによると
 (1)酪農が盛んなチェシャー地方(①=②?;^^)
   酪農製品が豊富で、ミルクやクリームが
   好きな猫はついニコニコする為
 (2)チェシャー・チーズに集まってくるネズミを
   捕まえてご満悦であるため
 (3)チェシャー・チーズが猫の形に作られていた為 
 (4)当地方の有力一族の紋章のライオンが、
   笑う猫に似ていた為
等の説があるそうです。

◆赤の女王&白の女王

Alice_03

いずれも王様は出てこず、どっちが国を治めるか、でもめます。
「目をぱちくりさせて両親を黙くらかしたあんた!
私は長女なのに!なぜ?!(赤→白へ言った台詞)」
この映画を通して、赤の女王が可哀想でしょうがなかったです。
恐怖で治めるのはいただけないですが、誰も彼女の事を真剣に
考え、導いてくれないのは可哀想です。

赤の女王の言動や口癖 
"Off with his (their) heads!"(首を切れ!)も
聞いている内に、ただ子供がダダをこねているだけに感じられ、
周りのとりまき連中の二枚舌が分からないだけなのに・・・って。

白の女王も可愛い顔して、殺しはしないけど、追放するだけ。
結構やるわね、って感じでした。

|

« 『アリス・イン・ワンダーランド』 | Main | ハワイ旅行記1004 ダブル・ダウン! »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

赤の女王と白の女王ですか・・・普通 白&黒または赤&黒・・と黒を出しますよね・・なんでしょう・・・

Posted by: セイレーン | May 16, 2010 at 05:19 PM

チェシャ猫の名前の由来、前から気になっていたけど・・いっぱいあるんですね・・。
アリスに出てくるキャラはどれも個性的で好きです~
ますます見たくなってきたw

Posted by: もも | May 16, 2010 at 01:06 AM

猫が浮いてみえますね。
新聞にも広告が出てました。

沖縄来てるはいいけど雨降りっぱなしです(T_T)
明日も雨だしorz

Posted by: むらぴー | May 15, 2010 at 10:48 PM

この時計もって急いでるウサギ、記憶にあるなぁ(^_^;)
ウサギのあとをついて不思議の国に行ってみたかったなぁ。

そういえば今夜は、チャーリーとチョコレート工場ですね^^

Posted by: butaneko | May 15, 2010 at 08:44 PM

ちょっと、観たいのですけど・・・

Posted by: ツボ | May 15, 2010 at 03:52 PM

うっ。。。
作家にロリコン疑惑があったとは。。。^^;
ルイスキャロルって女性だと思い込んでましたが、男性なんですね…確かにちょっと疑っちゃうかもですね^^;

Posted by: こあら | May 15, 2010 at 12:58 PM

それぞれのキャラいろいろ設定があるのですね。

Posted by: オサムシ | May 15, 2010 at 08:52 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/48359930

Listed below are links to weblogs that reference アリス・イン・ワンダーランド その2:

« 『アリス・イン・ワンダーランド』 | Main | ハワイ旅行記1004 ダブル・ダウン! »