« ハワイ旅行記1004 ランチ チョイズ・キッチン | Main | アリス・イン・ワンダーランド その2 »

『アリス・イン・ワンダーランド』

さて、こちらの映画に行ってきました~。
『アリス・イン・ワンダーランド』です。

1
[監]ティム・バートン
[原]ルイス・キャロル
[脚]リンダ・ウールバートン
[出]ジョニー・デップ 
  ミア・ワシコウスカ 
  アン・ハサウェイ 
  ヘレナ・ボナム=カーター
[声]アラン・リックマン マイケル・シーン
[配給会社] 2010米/ディズニー スタジオ
[上映時間] 109分



もちろん、3D上映です♪
アバター3D」を観た映画館です。
こちらの映画館は通勤途中にある映画館。
駅からはちょっと歩くんですが、3Dが+300円で見られるので
今後は3Dの映画と行ったらココへ行くつもりです。

幼い頃に不思議の国を冒険し、やがて19歳になったアリス。
母と姉が企画したパーティで、ある紳士に求婚されて混乱。
その時、ベストを着た白いウサギを見つけたアリスは、
ウサギを追って再び不思議の国へ迷い込む・・・

アリスの2作品をベースに作られたオリジナルストーリー。
あ、両方とも洋書で何とか読んだよ!


「1」だけは「民」時代に紹介したけど、「2」は
記事書く前に「民」が消えた・・・(;^^)

が、PAMさんの娘さん、ミニPAMさんは「つまんなかった!」と。
そんな前情報を頭において行ってきたんですが・・・。
結構面白かったよ♪

と言うのも、ルイスキャロルって「究極のナンセンス」作家と
評判が高い人。
アリスもマザーグースの流れを汲む言葉遊びの作品なのね。

例えば、マッドハッター(mad hatter =ジョニー・デップ)の口癖
「カラスと書き物机がなぜ似ているのか?」
Why is a raven like a writing desk?」 ですが、
そのまま訳しちゃったら、意味不明でしょぉ~(;^^)

回答としては(本文より)
Because it can produce very few notes,
though they are very flat; and it is nevar
put with the wrong end in front!


「なぜなら、どっちも少しだけ“note”(カラス:鳴き声、机:覚え書)が
出せますが、大変“flat”(カラス:退屈、机:平坦)なものです。」

こういう回答もありました。
「なぜなら、どちらもとても”flat”(カラス:元気のない、机:薄っぺらい)な
note”(カラス:音・鳴き声、机:短い文)を発するから。
それに後ろ前を決して間違えないから。)

この”nevar” って、”raven” だよね~(^o^)
初版では、カラス(raven)を逆さにしたnevar(決して)で遊ぶ、と言う
ご大層ぶり。
※後版からは、出版社側がご丁寧に never と直したそうですが。

これって、なぞなぞじゃないけど、日本人じゃ分からんよ~。
かくいう私もググって、情報をゲットしました(^o^)

日本のなぞなぞの1つ、
「貯金と大根がなぜ似ているのか?」なんてのと一緒よね。

答え: 両方ともおろすと減る

こういう言葉遊びってその国、その言語で違うでしょ?
その昔、「犬のオナラとサルのオナラ、どっちが臭い?」
なんてくだらないのも流行ったけど、似たようなもんよね。

答え: 猿 (=猿の惑星=さるのわくせい=猿のは、臭い)

だから字幕だとこういう面白さが出なかったかも~。
(吹き替え版は未視聴の為、どんな台詞だったかは不明)
いや、私も英語が分かるわけじゃないから、
偉そうな事言えないけど、リズムって言うのかなぁ、
「あ、なんか語尾が一緒(→韻を踏んでる?)」みたいな。

こういうのが分かる位の英語力が欲しい!!
って、シャッターアイランドと同様の想いを抱きました、はい。

最後に。う~ん、このチェシャ猫好き♪
3

ちょっと不気味なんだけど、「キモカワイイ」ってヤツ?
22


3Dだから、チェシャがふわふわと浮いててね~(^o^)
それ以外は3Dじゃなくてもいっか、と思う映画でしたが、
このためだけに3Dに行っても損はしないわ、うん!(^^)

|

« ハワイ旅行記1004 ランチ チョイズ・キッチン | Main | アリス・イン・ワンダーランド その2 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

3Dって見ると疲れそうで、でもアリスは見てみたいと
思っています。
英語が分かると映画ももっと楽しめそうですね。

Posted by: akiko21 | May 14, 2010 at 11:30 PM

nanagon、この映画見たがっています。
でもこの猫見たらなんていうかな?

Posted by: nanamama | May 14, 2010 at 10:02 PM

待ってました~
見に行きたい~!!!
っと英語力欲しいです
ヘレナのあの女王様役をするときの
もったいぶったしゃべり方がすきなので
絶対字幕がいい!っと思ってます
でも、行かない間に終わりそうで怖い(苦笑

Posted by: bonoboo(kovac) | May 14, 2010 at 05:57 PM

アリス好きなんですよね。
原作、教材にちょっと載っているものがあったので始めの方だけ読んだことあります。
この映画すごいみたいです~。

Posted by: もも | May 14, 2010 at 03:08 PM

これも3Dですよね。私あんまり興味がないけれど、今度の3Dではシュレックを観たいなあ〜と思っています。
いつもは映画は、映画館には行かないけれど、3Dはやっぱり映画館でないとね・・・!

Posted by: mahalobunny | May 14, 2010 at 11:37 AM

私もアリス3Dで見ました。
カラスはそういう意味があったのですね。

Posted by: オサムシ | May 14, 2010 at 06:36 AM

猫、なんかダヤンぽいなぁ(^_^;)

ルイス・キャロルって少女趣味とか言われてる人でしたっけ???
不思議の国のアリスって、名前は聞いたことがあるんですけど、
内容はあんまり覚えてないんですよねd(’_’*)
この映画、見てみたいなぁ。

Posted by: butaneko | May 13, 2010 at 11:59 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/48352398

Listed below are links to weblogs that reference 『アリス・イン・ワンダーランド』:

« ハワイ旅行記1004 ランチ チョイズ・キッチン | Main | アリス・イン・ワンダーランド その2 »