« January 2010 | Main | March 2010 »

16 posts from February 2010

パラドックス13

さて、文庫本になるまで待とう、待とう、と思いつつ
図書館と言うものを知ってしまった為、
予約待ちして借りてしまっています・・・。
(と言っても順番待ちが長すぎたけどね;^^)
「パラドックス13」 


です。
「世界が変われば善悪も変わる。
人殺しが善になることもある。
これはそういうお話です」東野圭吾

運命の13秒。人々はどこへ消えたのか?
13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。
陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。
破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。
なぜ彼らだけがここにいるのか。
彼らを襲った“P-13 現象”とは何か。
生き延びていくために、今、この世界の数学的矛盾
(パラドックス)を読み解かなければならない!

いやぁ~一気に読んじゃいました!
13人の面子にも興味があったし、彼らの選択、迷い・・・
そしてラスト。
う~ん、ラストだけは救いようのない寂しさが・・・。
記憶が残っていれば良いのにね。
あれだけ頑張った兄さんの死がこれか~、って。
助けてくれた人を想って参る彼女。でも彼女には
彼の事を覚えていて欲しかったなぁ。

しかし、時空の狭間に落ち、サバイバル生活・・・。
自分だったらどうするんだろ?
そういえば、今年の夏には離島に漂流した、という設定の
こちら

も公開されるんですよね。
苦手な作家さんなんですが、設定が興味深く読んでみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ヴィクトリア女王 世紀の愛』

さてこの映画に行ってきました~♪
『The Young Victoria ヴィクトリア女王 世紀の愛』です。

Ptakoing614742_2
[監]ジャン=マルク・バレ
[製]マーチン・スコセッシほか
[脚]ジュリアン・フェロウズ
[出]エミリー・ブラント 
  ルパート・フレンド 
  ポール・ベタニー 
  ミランダ・リチャードソン 
  ジム・ブロードベンド
[配給会社] 2009英.米/ギャガ
[上映時間] 104分

若き頃のビクトリア女王の統治と彼女の伝説に残るほど有名な
アルバートとのロマンスと結婚。

いつも行っている映画館で「2週間限定」とあったので、
早めに、と行ってきました。
ちなみに主演は『「プラダを着た悪魔」のエミリーブラント』
って書かれているけど、誰??(;^^)  ↓右端のこの人

Ptakoing614750


ちょっとおまぬけな役でしたね~。可愛かったけど。
そんな彼女が ↓こうなるとは~ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!
Ptakoing614752

キレイな瞳の持ち主の方でした(^o^)

ってそれぐらいしか書くことないこの映画・・・(;^^)
「ヴィクトリア女王」ってあまり知らないんですよね~(;^^)
19世紀のイギリスの黄金時代を築いた方、だそうです。
この時代ってかなり複雑、な家系図なんですよね。
 →
詳細はwiki を参照下さい(私は途中で(*- -)ノヽ△ポイッ)

この映画は政策とか治世について、ではなく、彼女がどんな
経緯を経て、旦那様との愛を築いたのか?などに重点がおかれ
ちょっとピンボケしちゃった感じかなぁ~(;^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10.02.20のおやつ

そして、今回のリボンレイには日本全国、と言っても良い位
あちこちから人が集まってきていました。
昨年10月の渡ハの際、お知り合いになった神戸の方や
東北の方などが持参したお土産を頂きました♪
Nikon_062a


これ↓なんて「おかきにチョココーティング」ですよぉ?!
Nikon_063a


これが意外においしくて♪ はまったわ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10.02.20のランチ サンセット ビーチ ブルーイング カンパニー

さて、毎週恒例のランチの紹介。
今日は千葉ではなく、都内まで出かけました~♪
この日はハワイのリボンレイの先生が一時帰国し、
「リボンレイのレッスン」をする、というので参加してきました♪

良いお天気の中、丸一日、室内にいました~。
室内は熱気でムンムン(;^^) 暑かったんですが、
ついつい熱中してしまいあっという間の一日でした。
Nikon_053


お昼は近くのこちらでランチ。
サンセット ビーチ ブルーイング カンパニー(頭に'h')です。
(Sunset Beach Brewing Company)
TEL 03-3599-6655
住所 東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ 5F
交通手段 りんかい線東京テレポート駅 徒歩6分/
       ゆりかもめお台場海浜公園駅 徒歩3分
営業時間 ランチ/11:00~16:30
       ディナー/16:30~23:00(LO.22:00)
定休日 不定休(デックス東京ビーチに準じる)
カード 可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
個室 無 席数 360席 (店内 200席/テラス席 160席)
貸切 可 駐車場 有 完全禁煙 飲み放題・食べ放題あり

まぁ20人の大所帯だったので、手軽にバイキング、とね(^o^)
イタリアンランチバイキング(土・日・祝)1,678円(税込)です。
平日でも
1,573円(税込) と良いお値段ですね~。
ドリンクは別で、ドリンクバー399円がかかります。

窓際の席だったので、眺めがど~ん!Nikon_057a

レインボーブリッジをアップにしてみた♪
Nikon_056a


肝心の料理は、と言うと・・・ここ、イタリアンだよね~(;^^)
パスタはあるんだけど・・・ (あ、これは一皿目;^^)
Nikon_058a


なぜか、「クスクス」とか「スペイン風オムレツ」なんかも。Nikon_059a

更にキーマカレーとか、地中海料理、とか色々な料理が一杯♪
店内の写真、撮るの忘れた~(;^^)

でも都内のせいなのか、週末のせいなのか(あ、両方か)
ちょっと高かったっす!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『インビクタス』

さて、今週の映画はこちら!!
『INVICTUS-インビクタス-』 です。

Photo_3

[監][製]クリント・イーストウッド
[原]ジョン・カーリン
[総][出]モーガン・フリーマン
[脚]アンソニー・ペッカム
[撮]トム・スターン
[出]マット・デイモン
[配給会社] 2009米/ワーナー
[上映時間] 135分




ネルソン・マンデラが南アフリカのラグビーチームの指揮者として
フランシス・ピエナーに協力し、国家統一を助けた真実の物語。
新しく選出された、マンデラ大統領は 人種差別と経済上の分裂、
アパルトヘイトの余波をよく分かっていた。
彼はスポーツという世界共通語を通し、人々が一丸となる事を信じ、
1995年ワールドカップに向けて南アフリカラグビーチームを
結集させた。

実話を映画化させる最近の第一人者(; ̄ー ̄)...ン?の
クリント・イーストウッド監督の最新作です。御歳79歳。
主役のモーガン・フリーマンも御歳73歳。
いやはや、元気です。 そして良い映画でした~(T-T) ウルウル

さて、実際のネルソン・マンデラ氏はどっちだ~?(;^^)
Ptakoing611532


モーガンフリーマン、ってすごい役者だな、って思います。
今回彼はアフリカのなまった英語を身につけてしゃべっています。
なので、聞き取りにくい・・・。
でも、そのせいで本物かと思うくらいなRealさでした。
実際長年のつきあいの仲なんだとか。
今回の役はマンデラ氏たってのリクエストだそうで・・・。

ほんの15年前にあった出来事。実際に起きた出来事です。
すごい話でした。
名前や出来事は何となく覚えているけど、
こんな事があったなんて、知らなかったなぁ~。

この作品を見て、南アフリカに行きたくなりました。
と言うか、ロベン島に行ってみたい。
そして、マンデラ氏が18年間を過ごした独房、
それも両手を広げた位の広さしかない独房に立ってみたい。
そして、Invictus を暗誦してみたい(;^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『バレンタインデー』

今日はこちらの映画!
『Valentine's Day バレンタインデー』です。
もうすぐホワイトデーになると言うのに・・・(;^^)

Photo_9

[監]ゲイリー・マーシャル
[脚]キャサリン・フューゲイト
[出]ジュリア・ロバーツ 
  アン・ハサウェイ 
  ジェシカ・アルバ 
  ジェニファー・ガーナー 
  アシュトン・カッチャー 
  ブラッドリー・クーパー
[配給会社] 2010米/ワーナー
[上映時間] 125分


LAの様々なグループがそれぞれのバレンタインデーに
ロマンスと失恋を通してそれぞれの人生を進んでいく。
カップルも独身者も人生や愛の日々で見つけたもの、
保っているもの、関係を終わらせたものなどのてっぺんと
どん底を経験する。

今回の一押し君はこの方!ブラッドリー・クーパー♪
好きだわぁ~♪ とっても好青年!
Ptakoing611583

そして彼女 ジェニファー・ガーナー、ベンアフレックの奥様です。
Ptakoing611584 Ptakoing611604
この2人、TVドラマの「エイリアス」で
共演していたんですよね~。

シドニー・ブリストーと言う女スパイ役だったんですが、
↑のシーンではそれを髣髴(ほうふつ)させる張り切りぶり(^o^)
いやぁ~バットの取り扱いがうまいこと、うまいこと♪
(と言いつつ最後のNG集ではバットがすっぽ抜けると言うシーンが
放映されましたが;^^)

こういうオムニバス、って人が多すぎると全部が中途半端で
分かりづらい~(;^^)
と言っても話はバレンタインデーに限定しているので、
シンプルなんですけどね。
最後の最後で、ジュリア・ロバーツの愛する人が誰か、が分かり
ブワ~と涙出ちゃいました。良い話や~♪

まぁとにかく有名どころが一杯の映画だし、
最後には懐かしいNG集なんかも会って、楽しい♪

特に最後、ジュリアロバーツが運転手に「ここがロデオドライブだよ
何でも手に入る夢のような場所さ、行ったことあるかい?」
と言う言葉に
「えぇ、一度だけね、最悪の経験だったわ」と答えるの。
これって「プリティウーマン」でバカにされた時の事を言ってるんだ、
と思いついたらつい笑っちゃいました。

出演者が下は小学生から上は老人までと多岐に渡っているので
誰でも楽しめますよ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さて、2010年今年のチョコ。

14日(日)の今日も仕事です~ ε=Σ( ̄ )ハァー
交代で出勤とは言うものの、部員6人の部署で休日は9日。
お偉いさんと外部委託社員さんは月1回の出勤、
ペーペーは月2回の出勤、となんか納得できない(-"-)

で、ネタがないので、いつものチョコ紹介(;^^)
昨年同様、「Mary Chocolate」で購入しました。
が、注文時期が遅かった為、あらかた売り切れ・・・_| ̄|○
値段で選んだようなものですね、はい(;^^)

こういうのにしてみました。
Nikon_040

包まれているのでどんなのか分からないですね(;^^)
同じ部署のもう1人の女性と話をしていた処、
「昨年、課長が『バレンタインなんか止めちゃえば良いんだ』と
言ってた」と?!( ̄(ェ) ̄;)マジ!?   
だったら止めるよ、マジで、即効で!

で、今年は課長の言動に気を配り、そんな発言があったら、
来年は上げない!と言う事で取り決めしました(^o^) 
さてどうなるか・・・。

これだけじゃ記事も寂しいので、最近のもらいもの。Nikon_035
伊勢名物「赤福」♪

10日の夜、飲んだ友人がちょうど名古屋からの出張帰り。
バッグからごそごそ出したのがこちら!
通販だと送料かかるし、タイムリーに食べられないのよね。
嬉しい~♪ とってもおいしく頂きました♪

そして、こちらは母が友人からもらったもの。
Nikon_038


広島、創業70余年と言う老舗、天光堂さんと言う処の人気和菓子、
「あきもみじ」と言うものです。
中はクルミとピーナツが入り、粒アン ごつごつとした食感。
ちょっと(いやかなり)甘い、かな(;^^)
私は「赤福」の方が好み♪

と、今日は甘いものづくし、の記事でした(*^-^)ゞ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10.02.13のランチ ダージリン

さて、13日(土)も寒かったです~。
みぞれ交じりの雨が風に吹かれて・・・って感じ。
思わず、英会話の教室に入った瞬間
 I'm freezing (凍えちゃうよ~)  と言ってました(^o^)
先生は Me, too ですって♪

おかげで、温かいもの、体が温まるものが食べたい~!
と行ったのがここ。

店名 ダージリン   ネパール料理
TEL 043-216-2151
千葉県千葉市中央区新千葉1-4-10 第三京葉ビル 2F
JR千葉駅から徒歩3分
営業時間 11:30~15:00(L.O)
17:00~23:00(L.O.22:30 ドリンクL.O. 23:00)
定休日 日曜日 カード 不可 席数 24席 全面喫煙可

お客さん一杯です~。繁華街とは逆の方向で、
人通りが少ない通りに面しており、大丈夫かな??と
戦々恐々としておりますが、心配なさそうです。
新しいスタッフも入って、にぎやかでした♪

ランチはいつものBランチセットをマトン(中辛)で。
チベタンブレッド
ターメリックライス
スープ
サラダ
アチャール(ネパール風漬物)
Nikon_045

友人は「チキンを中辛に」と追加オーダー(+50円で辛さ調整可)
もう1人は「モモ定食」をオーダー。
食べ始めると、やはり香辛料♪ 体がホカホカしてきます。
Nikon_046


食後はヨーグルトとホットチャイ
Nikon_047

おしゃべりが弾んでしまい、気づくとお客さんはうちらだけ?!
と、そこへ店長さんが「サービスで」とお菓子をくれちゃいました♪
いえいえ長居しているこっちが悪いんです~(( ∂。∂;)(;∂。∂) ))
お菓子を頂いて退散。ホントいつも長居しちゃってごめんなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『サンフランシスコ 桑港』

こちらに行ってきました。

『サンフランシスコ 桑港』

1936年なんで...74年前、の映画w(゜ー゜;)wワオッ!!
はい、白黒映画、です(;^^)
英会話の先生が貸してくれたんです。

1905年の大晦日。新年に集う人々で賑わうサンフランシスコ。
ダンスホールを経営する顔役として有名なブラッキーは
面接に来た歌手マリーと出会う。
彼女の美声に魅せられ、採用。

ところが、彼女の美声はチボリオペラハウスのオーナーの目に
止まり、すったもんだの挙句、オペラ歌手としてのデビューが決定。
オーナーからの求婚もあるが、ブラッキーへの恋心と夢の間で
揺れるマリー。
オーナーの悪巧みで店を襲われ、従業員が逮捕されたブラッキー、
マリーは彼を助けようとするが、拒絶されてしまう。
そんな時、あのサンフランシスコ大地震が彼らを襲う。

いやいや、良い映画でしたよぉ~!!
白黒映画、ってあまり観ないんですが、この映画すごい!
1906年4月18日早朝に発生した実際の地震を題材に
その時代をたくましく生き抜いた人々を描いています。

後半の地震のシーンは70年以上前の作品とは思えない
迫力です。
↓は当時、撮影されたサンフランシスコのシティホール跡
Ptakoing604859

大量のレンガが瓦礫と化し、電線から出火。地震により
破壊された水道管のせいで、消火活動は進まず、
延焼を食い止める為、陸軍はダイナマイトを使い、
建物を破壊した。人口40万人のうち、家を失ったのは22万5千人と
言われています。 大惨事だった訳ですね。

主演はクラークゲーブルとスペンサートレイシー。幼馴染ながら
街の顔役 と 牧師 と両極端な人生を歩む事になった2人。
スペンサーはゲーブルを差し置いて、1937年のアカデミー賞で
主演男優賞にノミネートされちゃったり(?!)してます。
Cgebul09089

昔の映画ってセットや仕掛けがちゃちいわけですよね(;^^)
技術の差だからどうしようもないものなんですが、
だから、だからこそ、役者の演技で魅せなければいけないわけで、
彼ら役者の迫真の演技と言うのは今とは比べ物にならない。

「風と共に去りぬ」より3年も前の作品なんですが、こちらも
【大作】と言って良い映画だと思います♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

にゅーよーくバーガー♪

さて、マクドナルドで流行ってる
「アメリカンバーガー」。今日はこちら!!の
「ニューヨークバーガー」です♪
Nikon_033


マクドナルドの「Big America 」シリーズ
「ニューヨークバーガー」です♪
NYが発祥といわれるクラブハウスサンドを本格バーガーに。
ジューシーでボリュームたっぷりの1/4ポンドビーフパティ
(通常のビーフパティの約2.5倍)と、
アメリカ生まれのモントレージャックチーズ、
旨みたっぷりのベーコン、トマト、レタスの洗練されたハーモニー。
粒マスタードソースのピリッとした辛味が程よいアクセント。
特製グラハム(全粒粉)バンズとの相性も抜群です。

だって(^o^) 見た目はおいしそうじゃないけどね(;^^)
おいしかったですよぉ~。やっぱり普通のバーガーより
お肉がおいしい♪
Nikon_034
その前にやっていた「テキサスバーガー」は食べられず。
後は「ハワイアンバーガー」が楽しみだなぁ~♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『パラノーマル・アクティビティ』

低予算で爆発的ヒットした映画、と言うと印象に残っているのは
ブレア・ウィッチ・プロジェクト [DVD]

『映画酔い』なんて初めての経験をした、最悪な映像でした(;^^)。
「2」も公開されたけど、観に行こうとも思わなかったなぁ。
さて、こちらの映画はどうかな??

Paranormal Activity パラノーマル・アクティビティ』です。Photo_6

[監][製][脚][編]
  オーレン・ペリ�スティーブン
[総]シュナイダー
[製]ジェイソン・ブラム
[出]ケイティ・フェザーストーン
  ミカ・スロート
[配給会社] 2007米
     /プレシディオ
[上映時間] 86分

 

若く、中層階級のカップルが典型的な郊外の住宅団地に
引っ越してきた後、いるのかいないのか定かじゃない
悪魔の存在に彼らは次第に情緒不安定気味になっていく。
が、確かな事は真夜中、特に彼らが寝付いた後に最も起きている。

登場人物わずか4人(カップル・女友達・博士)のみ。
舞台はサンディエゴの一軒屋。デイトレーダの彼と学生の彼女が
住んでいる家で起きる現象を映画化しているんですが、
いや、これね、あまり書くとネタばれしまう、はい(;^^)

でもね~   面白かった  ♪ 大満足です!

何て言うんだろ?すごく古典的で懐かしさを感じます。
昔の怪談映画って、映像技術がない分、陰の部分やちょっとした気配、
演技力で「怖さを演出」していた、と思うんです。
この監督も「ちょっとした家のきしみ音など一度気になるとしょうがない」
のがきっかけで作品を思いついたと言うから
「誰でも経験がある、誰でも共感できるものを恐怖につなげた」んですね。

今じゃTVでも映画でも白く塗ったり、グロテスクさを見せれば良い、と
思っているやからが多いですが(好きな方には失礼)、
そういうのに逃げてないの。

だから、実録ドキュメンタリー、って感じですごく現実っぽい。
ちょっと前に見た「The 4th kind」も実録っぽいんだけど、
こっちの方がずっと現実味。

記事を書くために色々調べたらこんな記事が:
「結末だけはスピルバーグ監督の意向で撮り直された」と。
うん、確かに結末はなんか質感が違った(;^^)

でもね~、面白いですよ♪ 完全にアイデア賞!
お見事!な映画です。
ただ、華美なホラー映画に慣れちゃった方は物足りないかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

FINAL TOUR STOP-RENT-

さて本日2010年2月7日(日)、
英語の勉強を真剣にするきっかけを作ってくれたRENT
ニューヨークまで観に行くきっかけを作ってくれたRENT
2009年の狂乱的な夏を過ごすきっかけを作ってくれたRENT

が、いよいよ
FINAL TOUR STOP   です。

Rent_f


54,000マイル86,904.576 km
373ステージ 39都市で行ってきたツアーも最終日です。
※赤道一周約4万kmを基準にして、2周ちょっと

RENTを通じて友人になった方はこのファイナルを観に
サクラメントまでお出かけしています。

SACRAMENTO, CA
COMMUNITY CENTER THEATER
FEBRUARY 3-7, 2010



          ほんとうに、


         ほんとうに、


    ほんとうに、


お疲れ様でした。

      ミ★(*б-б)v Thanks!!★彡


RENTに知り合えてホント良かったよ。

勝手ながら本日は「RENTデー」♪

思いっきりRENTに浸りまぁ~す。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

10.02.06のランチ 游禅房

さて、6日の土曜日の英会話。
カナダへ旅行へ行っていた生徒さんが出席。
旅行話で盛り上がりました。
と言ってももっぱら「天気」の話ですが(;^^)
今の時期にカナダ・・・う~ん、No thank youかな(;^^)
写真を見るだけで寒さが伝わってきます。

その生徒さんからのお土産はこちら。
Nikon_032


①プリングルスのスティック ハニーバター味
 ②メープルシロップキャンディ
 ③OREOのミニボンボン    です。

レッスンの後、いつものランチへ。
この日は「オリエンタルキッチンの気分だなぁ」と向かったんですが、
な、なんと! 「改装中」
店名も変わり、2月22日にリニューアルオープンなんですと。
やはり駅の裏、と言うのは集客が弱いのかしら(;^^)

この日はね~、寒かったんです~。北風が冷たくて・・・。
で、すぐ近くのこちらにしちゃいました♪ 今年2回目。

店名 遊禅房 (ゆうぜんぼう) (頭に'h') 居酒屋
TEL 043-244-2988
住所 千葉県千葉市中央区新町15-13 丸山ビル 2F
交通手段 JR千葉駅西口徒歩3分 そごう千葉店脇
営業時間 ランチ 11:00~15:00(L.O.15:00)
           17:00~24:00(L.O.23:15)
定休日 無休   席数 78席  駐車場 無
カード 可 (VISA、MASTER、JCB、AmericanExpress)
メニュー・クーポンはこちら(頭に'h')

余りの寒さに「温かいのが食べたい~!」と今回オーダーは
        ミックスドリア!
Nikon_025

く、くらい・・・(;^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ラブリー・ボーン』

さてこの映画。『The Lovely Bones ラブリーボーン』です。

Photo_8

1













[監][製][脚]ピーター・ジャクソン
[原]アリス・シーボルト
[総]スティーブン・スピルバーグほか
[製][脚]フラン・ウォルシュ 
     フィリッパ・ボウエン
[出]シアーシャ・ローナン マーク・ウォールバーグ 
  レイチェル・ワイズ   スーザン・サランドン
[配給会社] 2009米/パラマウント
[上映時間] 135分

スージー・サーモン、殺された少女は天国から
彼女の家族と彼女を殺した男を見ていた。
彼女は復讐への願望と家族の癒しへの願望を
比較検討しなければならなかった。

スージー・サーモン、お魚みたいな名前でしょ?
って台詞とあの大御所「美輪明宏」氏のナレーターによる
TVCM見たことあるかな?

14歳のスージー、上級生にあこがれる普通の女の子。
何せ1960年代後半の話。服装も古いし、14歳にしては純情そう。
そんな彼女に何が起こったのか?
あの日、あの道さえ通らなければ・・・

殺された人が主人公として最後まで出ずっぱりって映画珍しい(;^^)
しかし、もどかしいものですね~(;^^)
彼女は誰が自分を殺したか、はわかってるし、家族の想いも分かる。
でも彼女は何もできない、ただ見ているだけ。

ただね、字幕のせいか私の理解力がないせいか不明点多し(;^^)
(あ、字幕は大御所の戸田先生)
スージーは現実と天国の境目にいる、と言う設定で、私は
「殺されて犯人も捕まらなくて成仏できずに境目にいるんだ」
と思ってたんですが、映画の最後の最後で
犯人が捕まる前にあっちへ行っちゃったんですよね~(;^^)

だから「あれ?まだ成仏してないじゃん?」と思ったんですが、
そもそも「成仏」的な考え方ってアメリカではあるのかしら??
ア○クによると 「become Buddha (仏陀になる)」なのよね。
って事はこの考えは仏教の教え、だよね。

じゃぁ、スージーが境目にいたのは何で??
う~ん、宗教観が違うと難しいです(;^^)

境目の世界の映像は素晴らしかった! 氷中ではバラが咲き、
草原は緑が生い茂り、海はどこまでも青く・・・。
でもやっぱり「3Dで見たかったなぁ」と思っている自分が・・・。

ヤバイ、こういう映画は3Dじゃないと物足りなく思えている自分がいる・・。
あれは麻薬のようなものですね~(;^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『Dr.パルナサスの鏡』

さてこちらの映画に行ってきました~。
『The Imaginarium of Doctor Parnassus 』
Dr.パルナサスの鏡 です♪
Dr

[監][製][脚]テリー・ギリアム
[出]ヒース・レジャー 
  クリストファー・プラマー 
  リリー・コール 
  ジョニー・デップ 
  ジュード・ロウ 
  コリン・ファレル 
  トム・ウェイツ
[配給会社] 2009英.カナダ/
        ショウゲート
[上映時間] 124分・PG12


そもそも原題の「Imaginarium」ってのがこれ造語?
字幕では「幻想館」って出てました(by松浦美奈さん訳)。

さて、この映画、「ヒース・レジャー」の遺作として有名。
彼はこの撮影の最中に急逝したんですよね~。
で、ボツになるかと思われたこの作品を救ったのが、
ジョニー・デップにコリン・ファレル、ジュード・ロウの3人。

誰が誰かわかります?(;^^) 右下のコリン・ファレルだけは
すぐ分かるけど・・・。
右上のジョニー・デップと左下のジュード・ロウで混乱しちった(;^^)
Dr01_2

いや、よく見ると違うんだけどね(;^^)
「撮影途中」と聞いていたので、どこでヒースがいなくなるのか?
みたいな事に気を取られてました(;^^)

でもうまくまとめたなぁ~。脚本を直したそうですが、どこへ落ちるか
分からない話の展開に加え、皮肉と言うか夢から覚めた後、の最後に
思わず「ほ~」って感じ。
現実と非現実をまったり味わいたい方にお勧め。
白黒きっちりつけたい人はやめておいた方が無難かも。

でもね~見ていて思ったこと。「こういう映画は3Dかな」(;^^)
AVATARもそうですが、こういう幻想的な世界、とかは3Dの方が
現実感がより一層強くなるので、映像がちょっと残念な結果に。
ホームドラマ風な映画なら、気にならないんだけどね。

そうそう最後に記事を書くのにググっていて、こんな記述を発見。
「ヒースと親交のあった3人の協力で撮影は再開。3人は、本作の
出演料全額をヒースの遺児である娘マチルダ(当時2歳)に寄贈した。」
なんか、良い話ですよね~(^o^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『Julie & Julia ジュリー&ジュリア』

さて今日はこちらの映画です。
『Julie & Julia ジュリー&ジュリア』


Photo_2

[監][製][脚]ノーラ・エフロン
[原]ジュリア・チャイルド 
  アレックス・プリュドム 
  ジュリー・パウエル
[出]メリル・ストリープ 
  エイミー・アダムス 
  スタンリー・トゥッチ
[配給会社] 2009米/ソニー
[上映時間] 123分



世代も時代も違う2人の女性を結びつけた
2つの真実の物語をベースにした「ジュリー&ジュリア」、
目的のない宙ぶらりんな二人が発見したのが
どんなことでも可能となる情熱と恐れのない、
そしてバターが最適な組み合わせだった...

毎日仕事して、帰宅してからフランス料理作って、
1年間で全524レシピを作りきる!ってすごいですね~。
私にはムリ!
フランス料理、って・・・敷居高いですよね(;^^)。
しかもエイミーの旦那さんは胃が弱い、って・・・かわいそ(;^^)

さて実在する、ジュリアさん、
残念ながら2004年に逝去された、との事ですが、
彼女の料理番組は高視聴率をキープし、彼女の本は
Amazonで大量にヒットします。
ジュリア・チャイルドで検索される本

そして、若いジュリーさんの奮闘記をUPした彼女のBlog、
The Julie/Julia Project
Nobody here but us servantless American cooks...

はまだサイトで読むことができます。
最新の記事は「ジュリアの死」を綴ったものでした。

ちこっとだけ、英語の台詞を。
ジュリーのBlogを読んだ出版社がジュリアの本をエージェントした
女性を連れて食事に来る事に。勇んで支度したジュリーに電話。

「yeah yeah  It's raining cats and dogs 」

雨が降っており、高齢の女性の足じゃ訪問は厳しいので延期、との
知らせでした。 cats and dog =土砂降り
これね~かなり昔にこのBlogでも書いたような・・・
(でも過去記事探しても見つけられなかった_| ̄|○)
このフレーズを聞いてちょっと(いやかなり)嬉しかったわ(^o^)

さて、料理って人を幸せにしてくれますよね~。
特においしいものを食べている時の笑顔(^o^)
気難しい人も微笑んでいますよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »