« 『Julie & Julia ジュリー&ジュリア』 | Main | 『ラブリー・ボーン』 »

『Dr.パルナサスの鏡』

さてこちらの映画に行ってきました~。
『The Imaginarium of Doctor Parnassus 』
Dr.パルナサスの鏡 です♪
Dr

[監][製][脚]テリー・ギリアム
[出]ヒース・レジャー 
  クリストファー・プラマー 
  リリー・コール 
  ジョニー・デップ 
  ジュード・ロウ 
  コリン・ファレル 
  トム・ウェイツ
[配給会社] 2009英.カナダ/
        ショウゲート
[上映時間] 124分・PG12


そもそも原題の「Imaginarium」ってのがこれ造語?
字幕では「幻想館」って出てました(by松浦美奈さん訳)。

さて、この映画、「ヒース・レジャー」の遺作として有名。
彼はこの撮影の最中に急逝したんですよね~。
で、ボツになるかと思われたこの作品を救ったのが、
ジョニー・デップにコリン・ファレル、ジュード・ロウの3人。

誰が誰かわかります?(;^^) 右下のコリン・ファレルだけは
すぐ分かるけど・・・。
右上のジョニー・デップと左下のジュード・ロウで混乱しちった(;^^)
Dr01_2

いや、よく見ると違うんだけどね(;^^)
「撮影途中」と聞いていたので、どこでヒースがいなくなるのか?
みたいな事に気を取られてました(;^^)

でもうまくまとめたなぁ~。脚本を直したそうですが、どこへ落ちるか
分からない話の展開に加え、皮肉と言うか夢から覚めた後、の最後に
思わず「ほ~」って感じ。
現実と非現実をまったり味わいたい方にお勧め。
白黒きっちりつけたい人はやめておいた方が無難かも。

でもね~見ていて思ったこと。「こういう映画は3Dかな」(;^^)
AVATARもそうですが、こういう幻想的な世界、とかは3Dの方が
現実感がより一層強くなるので、映像がちょっと残念な結果に。
ホームドラマ風な映画なら、気にならないんだけどね。

そうそう最後に記事を書くのにググっていて、こんな記述を発見。
「ヒースと親交のあった3人の協力で撮影は再開。3人は、本作の
出演料全額をヒースの遺児である娘マチルダ(当時2歳)に寄贈した。」
なんか、良い話ですよね~(^o^)

|

« 『Julie & Julia ジュリー&ジュリア』 | Main | 『ラブリー・ボーン』 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/47476104

Listed below are links to weblogs that reference 『Dr.パルナサスの鏡』:

« 『Julie & Julia ジュリー&ジュリア』 | Main | 『ラブリー・ボーン』 »