« 『きみが僕を見つけた日』 | Main | 09.11.07のランチ ムーンブロッサム »

『さまよう刃』

久々の邦画はこれ!『さまよう刃』Photo_2 です。





















製作年 : 2009年 製作国 : 日本 配給 : 東映
監督・脚本 : 益子昌一
出演 : 寺尾聰 、 竹野内豊 、 伊藤四朗他

東野圭吾氏の原作がすごかったので、
すごく楽しみにしていたんですよね~。
ただ、長いっ! なので、なかなか行けなかったんです。
まぁ、見てハッピーになる映画でもないからね~(;^^)

若者は「少年法」と言う法律に守られた社会的弱者。
が、社会的弱者である彼らが引き起こす犯罪は
想像もできない残虐さを増している。
昔のように「にくいから」「恨めしいから」と犯罪に走る訳でなく
「面白そうだから」「つまんないから」と言う理由で
平気で人を殺す。

この作品でも最愛の娘は人形のようにもてあそばれ、殺される。
そんな彼らは法の下、庇護され、被害者家族は容疑者の名前さえ
知らされない。そんな社会に反旗を翻す父親・・・。

う~ん、この作品はしんどいです(;^^)
原作を読んでも思ったけど、犯人への憎しみ、警察への怒り、
社会への絶望感。これらを心の奥に沈殿させるには
原作を読んでじっくり貯めていくしかない、と思い知らされた。

映画ではやはり時間が短すぎる。
想いを貯める間もなく、次へ次へ、と展開していき、
登場人物全ての心の想い、が熟しきらないままエンディング。

東野氏が「この作品を映画化しようとしたスタッフに敬意を」
と言っているが、うん確かに。
それ以外言いようがないのさ~。

映画化する作品は短編位がちょうどいいのかも。
長編の、それもこんな分厚い本は止めましょう(;^^)

|

« 『きみが僕を見つけた日』 | Main | 09.11.07のランチ ムーンブロッサム »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/46763581

Listed below are links to weblogs that reference 『さまよう刃』:

« 『きみが僕を見つけた日』 | Main | 09.11.07のランチ ムーンブロッサム »