« 『ウルヴァリン-X-MEN ZERO』 | Main | デジカメ撮影テクニック 日経パソコンより »

『サブウェイ123』

この映画に行ってきました~「サブウェイ123」です。
123

[監]トニー・スコット
[原]ジョン・ゴーディ
[脚]ブライアン・ヘルゲランド
[出]デンゼル・ワシントン  ジョン・トラボルタ 
   ジョン・タトゥーロ  ルイス・ガスマン
[配給会社] 2009米/ソニー
[上映時間] 105分

NYの地下鉄交通局で働くウォルター(デンゼル)は
ペルハム行123号列車が不審な停車をした事に気づく。
この列車。武装した集団に占拠されていたのだ!

先頭車両のみ切り離して、車両に乗っていた乗客を
人質にし、NY市長に身代金の要求をする。
ウォルターを気に入った武装集団のボス、ライダー
(ジョン・トラボルタ)はネゴシエイター(交渉人)が対応した
事に腹を立て、運転手を撃ち殺す・・・。

果たして、身代金は犯人の手に渡るのか?
犯人らはどうやって地下から逃げ出すのか??

いやぁ、最後はともかく面白かったっす(^o^)
NYの慢性的渋滞や地下鉄の様子、停車場所は42st駅。
交通局があるのはサウスフェリーでさまよった場所・・・(;^^)
見覚えのある場所がいっぱい出てきたし、
2人の主役のやりとりなど見所満載ですね。
旧ルーズベルト駅の真上が超高級ホテル「ウォルドーフホテル」
とは知らなかった~。
こういうのを見るとNYに又行きたくなります。

そもそもこの2人が同い年、ってのが・・・すごい(;^^)

1232


デンゼルはこの役のため、ジャンクフードで太ったとか。
確かに中年のごくごく一般的なおじさんが出てました(;^^)
そんなおじさんが犯人と対決する最後はう~ん、でしたが
それまでは面白かったですよぉ。

古い映画のリメイク、と言う事なんですが、今の時代にうまく
設定を変えていて、リメイクとは思えないほどでした。
(って古い映画は知らないんだけどね;^^)

※サブウェイパニック
1973年発表の小説。1974年に映画化され、日本公開は1975年。
その後、設定を変えTV映画として1998年にリメイクされ、
今回(2009年)に再度映画版としてリメイクされた。

|

« 『ウルヴァリン-X-MEN ZERO』 | Main | デジカメ撮影テクニック 日経パソコンより »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/46281292

Listed below are links to weblogs that reference 『サブウェイ123』:

« 『ウルヴァリン-X-MEN ZERO』 | Main | デジカメ撮影テクニック 日経パソコンより »