« 『スタートレック』 | Main | 『天使と悪魔』 »

「天使と悪魔」

さて、こちらの本、読みました~♪
「天使と悪魔」 3冊でございます。買っちゃったよぉ~。


この3冊、図書館で借りたかったんだけど、それ待ってたら
映画公開が終わっちゃいそうだったんで・・・。

で、一気読みしちゃいました~。

ロバード・ラングドンの元へかかってきた電話、そして
送られてきたFAX。そこには今はその存在さえも
疑われているある秘密結社の名前があった・・・。

この作品、今回は時間制限を設けたせいで
スピード感あふれるダイナミックなものとなってます。
まるで、「24」みたいだわ(;^^)。

冒頭から残酷(残虐?)なシーンが来るんですが、その一方で
信仰が失われつつある現代に警鐘をならし、
良い作品に仕上がってます。

映画では「ユアン・マクレガー」扮する「カメルレンゴ」が
行う説法に思わず読んでいて涙ぐんじゃいました。
うん、うん、そうだよなぁ~。科学の進歩って確かにすごい。
でも科学が進歩したからって本当に幸せかい?
逆に科学の進歩で孤独をより感じたり、人知れず絶望感を
覚えたりしてないかい?

日本でキリスト教がどれだけ浸透しているか知らないけど、
日本古来の神道が最近気になっている私。
自分が田舎に住んでいるせいもあるけど、街中苦手(;^^)で
家に帰ってくるとC=(^◇^ ; ホッ!とする。
家の廻りのもの、木々や自然に感謝の気持ち、なんて
素朴な思いを抱いていたりする。

キリスト教として考えるのではなく、日本古来の、又は
実家で小さい頃仏壇に向かって拝んだ気持ちに置き換えれば
この本、とっても共感できる部分あるかも。

そして、この本読んですっごいローマとバチカンに行きたい!!
って思いました♪

それと、作品中に「たいしたもんだよ、ナンシードリュー」って
台詞があるのね。この本、シリーズなんだけど今読んでいるの。
勉強かねて洋書で・・・。
ホントに一般的なのね。彼女って。

|

« 『スタートレック』 | Main | 『天使と悪魔』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/45290240

Listed below are links to weblogs that reference 「天使と悪魔」:

« 『スタートレック』 | Main | 『天使と悪魔』 »