« 『バーンアフターリーディング』 | Main | 『スラムドッグミリオネア』 »

「聖女の救済」東野圭吾

ガリレオシリーズ最新作、この本も図書館で
ガリレオの苦悩」と一緒に借りられました♪

聖女の救済 東野圭吾


いやぁ一度に3冊も借りちゃってどうしましょ?と思いつつ
土曜日の夜から日曜日中に読み終わってしまった(;^^)
ま、3冊とも読みやすかったのもあるけどね。

こちらは「容疑者Xの献身」に続く長編作。
今回は「草薙刑事の苦悩」と言う副題がつけられそう。

ある男性が死んだ。他殺か?自殺か?
彼には貞淑な妻がいる一方愛人もいる。
それは彼が決めたルール「1年以内に子供を作る。
作れなければ離婚」 の期限が近づいていたからだ。

周りの人間に容疑がかかる一方で貞淑な妻は
何を考えるのか?愛人は?
湯川氏は言う「虚数解の事件」とは??

虚数解:虚数とは、実数ではない複素数のことである。
通常虚数とは、実数でない複素数を意味する。
すなわち、複素数 a + b i(a, b は実数、i は虚数単位)
のうち、b ≠ 0 を満たすものである。
また、a = 0 かつ b ≠ 0 を満たすものを純虚数という。

え~・・・・(?_?) 無理です。文系の脳みそには無理です!!

この作品のメインとなる謎解きですが、発想がすごい。
「容疑者Xの献身」でも思ったけど、アリバイ崩しの過程は
夢中になるだけありますね。
でもまさか××を××させない事で旦那が決めたルールに
「救済の措置」をとる、なんて・・・(;^^) すごいわぁ。

|

« 『バーンアフターリーディング』 | Main | 『スラムドッグミリオネア』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/44981883

Listed below are links to weblogs that reference 「聖女の救済」東野圭吾:

« 『バーンアフターリーディング』 | Main | 『スラムドッグミリオネア』 »