« 「聖女の救済」東野圭吾 | Main | ハワイ0904 アラモアナまで帰って・・・お昼(BHLS) »

『スラムドッグミリオネア』

この映画。ようやく行けました~!!アカデミー賞総なめの
『SLUMDOG MILLIONAIRE~スラムドッグミリオネア』

千葉県内、あまり上映してないのね。
レイトショーの時間に合わせて、最近あまり行かなくなった
千葉京成の映画館のレディスディへ。
St310570  St310571

結構お客さんいましたね~。
始まってすぐ、インドスラム街を俯瞰で映し出す映像。
主人公ジャマールの幼少時代と「ミリオネア」出演の映像、
そして拷問を受ける映像、が交互に現れる。

なぜ、インドスラム街出身の無学の彼が勝ち進めたのか?
拷問を受け、警察の取調べに答えていく彼。
そこには偶然と必然が重なり合った「運命」があった・・・。

映画冒頭に出たこの質問
 How did he win 20 million rupees?
  彼はどうやって2000万ルピーを手にしたか?
   A. He is cheated.  (いんちきした)
   B. He is lucky.    (幸運だった)
   C. He is genius.   (天才だった)
   D. It is written    (運命だった)


答えは最後の最後に出てきます。
ぜひ、鑑賞して答えを探してくださいね(賞品はないけど)

物語の中心になる3人の男女(主人公ジャマールとその兄サリーム、
2人の母親の死の原因になった『ヒンドゥー教徒とムスリムの抗争』で
彼らと同じ孤児になった少女ラティカ)の物語です。
彼らは幼少期-少年期-青年期 と3人の役者を使っています。

大団円(最後はめでたし、めでたし♪)と分かっていながらも
目が離せない! 手に汗握り、涙ぐみながら観ていました。

(イギリス映画なのに)インド映画の「みんなでダンス」もあるし(;^^)、
少年&少女時代の子役のダンスは涙出てきちゃいます。
(あ、もちろん青年期の役者さんのダンスもちょっと感動した)

とにかく、【パワフル】という言葉が一番似合う映画じゃないかな?
南アジア随一の面積と世界第2位の人口を持つ大国と言われるインド。
10億人を超える国民の大多数は貧しい生活を強いられているんですが、
そんな中、生き残っていく彼らたち。
たくましいなぁ~、エネルギッシュだなぁ~、とにかく圧倒されまくり、
勢いがあるので、謎が明らかになる過程は目が離せませんでした。

賞金のmillionaire(億万長者)の賞金は
2000万インドルピー(=約3,800万円)
インドの平均的収入でいくと120年以上の収入になるとか。
一生働かなくても食うに困らない生活、となるわけです。
3,800万円で120年以上の収入って・・・年収32万円って事?(;^^)

そう考えると日本の賞金はかなり安いよね?(;^^)
million って100万米ドルだったら(=約9,500万円)のはず。
そりゃ100万(円)と捉えれば、1,000万円でもしょうがないけど。
日本の平均年収は470万円程、との事。8年分の収入しかないじゃん。

|

« 「聖女の救済」東野圭吾 | Main | ハワイ0904 アラモアナまで帰って・・・お昼(BHLS) »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/45009732

Listed below are links to weblogs that reference 『スラムドッグミリオネア』:

« 「聖女の救済」東野圭吾 | Main | ハワイ0904 アラモアナまで帰って・・・お昼(BHLS) »