« 『マンマ・ミーア』 | Main | 『007/慰めの報酬』 »

「風の墓碑銘(エピタフ)」

図書館に通っていても本を買うのはやめないみたい(;^^)
って事は・・・出費は減らないって事?
ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

今回購入したのはこちら「風の墓碑銘(エピタフ)」です。


おなじみ「音道」さんの事件簿シリーズ(; ̄ー ̄)...ン?
乃南アサ氏の作品は苦手なものが多く(失礼)
こちらのシリーズと「ボクの町」位しか在庫してなく、
他は皆手放してしまったんですけどね。

古い木造家屋の取り壊し中に骨が見つかる。
それも1体ではなく、3体も。
時効の壁と大家の老化により捜査が止まりかけた頃、
大家だった老人が撲殺される。
捜査本部が設けられ、音道さんの相棒には
なんとあの、「滝沢」さんがなったのだ・・・。

初代「凍える牙」でコンビを組み、こてんぱんにやられ、
「鎖」では滝沢が音道を救出、
「木綿の部屋(嗤う闇収録)」では滝沢の長女の離婚騒ぎに
音道がつきあい・・・と何かと縁のある2人。

やっぱり良いですね。面白かったです。
なんか心地よい慣れ、と言うのかな?数年ぶりにコンビを
組む2人のぎこちなさとツーカーの仲に思わず笑えます。

滝沢が音道を相棒と認めているのに、音道は滝沢を
「気を許すと足元からすくわれる」と警戒を崩さず。
でも根っこは同じ部分にある2人が徐々に事件の真相に迫る。

今回は少しタッチが変わった気がします。
2人にはピンチ!な部分はないし、捕り物騒ぎもほとんどない。
あるのは「時効の壁」と「老人介護」「介護業界」「内通者」など
イヤになるくらいの世の中の汚い部分。

世の中には色々な人がいる。ある人の事を滝沢は
「中にはよぉ、レベルを落としたバカ話をしないだけで、
『何よ、お高くとまっちゃって』と悪印象を頂くヤツもいる」と言う。

「ボクにとっては生きるか死ぬかの戦いだったから殺したんだ。
なぜ後悔しなきゃいけない?」とうそぶく犯人もいる。

それでも人と人とのつながりをつくり、保ち、広げていく。
ん~、どうまとめたかったんだろ?分からなくなっちゃった(;^^)

この作品(シリーズ)はぜひ、最初から読んで欲しい。
そうする事で音道さんの心の動き、経験、すべてを感じる事ができて、
共感できる部分が増えていきます。

順番はこちら。
  ・凍える牙
  ・花散る頃の殺人
  ・鎖
  ・未練
  ・嗤う闇
  ・風の墓碑銘

リンクは私の過去記事に飛びます。意外と書いてなかったのね。

|

« 『マンマ・ミーア』 | Main | 『007/慰めの報酬』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/44006185

Listed below are links to weblogs that reference 「風の墓碑銘(エピタフ)」:

« 『マンマ・ミーア』 | Main | 『007/慰めの報酬』 »