« January 2009 | Main | March 2009 »

17 posts from February 2009

09.02.28のランチ 弁天食房

さて、おなじみの週末のランチ♪
この日は1人だったので、前から気になっていたここへ。

弁天食房」(※頭に「h」入れて下さい)
  千葉県千葉市中央区弁天1丁目3-6
    043-207-4188

食べログで観て気になっていたんですよね~。
(クチコミマイル獲得目的でもあったんですけどね)

駅の北口階段を下りて左手、線路沿いに歩いてすぐ。
赤茶色の壁ですので、すぐ分ると思います。↓
St310262

なんと、ここはランチメニュー「1種」のみ!
「日替わり定食(普通と少なめ)
だけなんです!!
11:00~17:00迄の営業時間でランチは14:00迄。

この日の日替わりは
 ・鶏肉の油揚げ包み焼き
 ・キャベツのピーナツ和え
 ・春雨と人参のたらこ炒め
  でした。「少なめ」を注文。

これ↑にご飯と味噌汁、香の物、がついてます。
ご飯は千葉県産のこしひかり使用、とあり、
豆腐とワカメの味噌汁もたっぷりの量♪
素朴な和食、家庭の味、って感じで(゜∇^d) グッ!!
St310264

・鶏肉の油揚げ包み焼き ・ピーナツ和えとたらこ炒め
St310265    St310266

ちなみに「少なめ」はメイン料理が半分
(この日は鶏肉の油揚げ~が2枚→普通は4枚)と、
ご飯が小さめのお茶碗になります。

その後、せっかくだから、とコーヒーとケーキを♪
St310267


ケーキは4種類ほどある中から、「リンゴとクルミのタルト」♪
St310268


こちらも素朴な手作り感でとってもおいしかったです♪
コーヒーも丁寧に入れていてすっごく満足♪

で、この後びっくりしないでね(^_-)-☆
お値段は・・・・・ 850円!どうよ?どうよ!
ランチ(550円)+ドリンク(150円)+タルト(150円)よ?
うっわぁ~!会社近くに欲しい!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09.02.22のスイーツ YOKOYAMA

今週は「うまいものづくし」となってますね(;^^)
先週末、いかに食べ続けたか、が分かります(;^^)
カフェウィーンの後、帰宅した私。
さすがに夕飯は(ー_ー )ノ" パス して、胃袋お休み。

翌日曜日。起きた私を待ち受けていたのはこちら♪
St310256

千葉は船橋にある、超有名な「パティシェYOKOYAMA」の
苺ロールケーキ』でございます♪
TV東京の「テレビチャンピオン:ケーキ選手権」で初の三連覇!
を達成した方。 (1998~2000年)

彼のサイト↑(頭に「h」入れて下さい)を観ていると、
全部食べたくなる程です! おいしそぉ~!!
私は『マンゴーロール』か『マンゴータルト』か『マンゴーパイ』が
食べたいっ!

母の知り合いの方、お仕事の関係でこういうのを買うのが多く、
おすそ分けしてくれたんだそうです。
ありがたや~ (^-人-^)ニャ

ロールの中にも苺とクリームが入っており、甘さ控えめで
ペロッと食べられちゃいます♪
St310257

日持ちがしない、と言いつつこれだけのケーキを家族3人が
食べきれる訳がなく、結局月曜日の朝もこれ食べてました(;^^)
でもおいしかったよぉ~♪

さぁ、この週末は何食べようかな♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09.02.21の土産 from CEBU

一時帰国をした友人。
彼女は旦那さまの都合で、昨年秋より海外に滞在。
今回の一時帰国は5ヶ月ぶりです。
日本には10日間ほど滞在。その後又あちらに戻ります。

と言ってもメールのやりとりもしているし、
それくらい会わない友達も今は多いので(;^^)
久しぶりは久しぶりだけど・・・ 海外に居たの?って感じ。

でも軽く日焼けして、あっちの美容院に行っていると言うので
以前とは雰囲気がやや変わりましたね~。

そんな彼女、いつもたくさんのお土産を買ってきてくれます!
今回もこんなにいっぱい!!
St310249

マンゴー好きな私を知っており、ドライマンゴーたくさん♪
あちらで買うと信じられないくらい安いんだとか。
う~ん、それだけで行ってみたい!!

LUY-A (ルヤ) ショウガの粉です。 ※現地タガログ語
お湯と砂糖で割って飲んだり、料理に入れたり、と
色々使い道があるそうです。
自生しており、日本よりごつごつして辛味が強めらしい。
毒素をどれだけ、排除してくれるかなぁ・・・(;^^)
St310250

ショウガって「治療薬」にもなるそうですね。
手を切ったとき、傷口に擦り込むと(めちゃめちゃしみて
痛そうですが)、完治するそうです。 誰か試して♪

そして、あちらのお菓子。
St310251


牛皮のような柔らかい餅の中にアン(餡)が入っています。
この餡が「マンゴー」なんですよぉ。
餡も日本のそれとは微妙~!に違いますが(;^^)
こちらはこちらでおいしく頂きました♪

彼女とは又しばらく会えないけれど、ネットがあると
近くにいる、って感じになりますよね~。
「スカイプ」で交流するのも良いね、と話してます。

頑張れよ! o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09.02.21のお茶 カフェウィーン

さて、一時帰国の友人もまだ時間がある、と言うので
長居ができる「ベローチェ」に行こうかと向かいます。
が、考える事はみな同じ・・・。大行列です~_| ̄|○

で、しょうがない、とすぐ近くの「千葉三越」内の
カフェ・ウィーン」へ。久しぶりです。(前回は1年前?!

ウィーンにはそうそう行けないので、ここで気分を味わいます♪
ここはホント空いてます(;^^)
まぁ、お値段が良いせいもあるんでしょうが・・・。
大抵の三越には入っている有名店なんですが・・・。

ケーキも結構あったので、つい、ケーキセット♪
ここの有名ケーキ「ザッハトルテ」と「メランジェコーヒー」です。
St310247

ザッハトルテ。私には甘すぎました~!!
3人がこのセットを注文し1人は完食、他2人は食べ切れなかった・・。
(あ、でもランチしてすぐ、じゃなければ行けましたよ;^^)
生クリームは甘くないんですよぉ♪
St310248

ちなみに「メランジェ」はウィーンで一番好まれるコーヒー。
あわ立てたミルクがコーヒーと一緒になってます。
この泡がきめ細かくて、おいしいのです。

このコーヒーにつけあわせで出てくる「チョコレート」↓
これもビターな味わいでおいしいです。(この日は持ち帰り)
St310253

この店でまたしばらくおしゃべりをし、気づいたら17時!
「ありゃ、図書館行かなくちゃ」(返却期限が来た本と
予約してた本があった為)、と泣く泣く、撤収~解散!

13時過ぎに合流して、17時まで。4時間かぁ~。
意外と少なかったな。(; ̄ー ̄)...ン?

ちなみにこちらのケーキセットは840円
高いと見るか安いと見るか・・・(;^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09.02.21のランチ ZUCCA

土曜日は英会話の後、「行った事無い~」と言う友人の為、
オリエンタルキッチン」に行くつもりだったんです。

が、が!当の友達から土曜日のランチ中止

の話を聞き、\(◎o◎)/!うっそぉ~!!

先々週行ったら やってなかった、と記事に書いたんですが、
先週も店の前を通ったらやってなかったっす)
友人が平日行った際聞いたら「土曜日はやってない」と・・・。
え~!! 良いお店だったのに~!!
これで、このお店とはおさらばだわ・・・。
(平日にランチに行けない場所なので)

この日は海外に長期滞在中の友人が一時帰国しており、
「ランチ合流するね」と連絡が来てました。
駅近くでその友人と会い、どこへ行こうか悩んでいると、
その友人が「 ブーカス 行きたい」とリクエスト。
向ったら・・・「店内改装中につき、お休み」との張り紙。

ここ最近こんなのばっかり!!

で、しょうがない、ブーカスの近くにある、Zucca へ行く事に。
「日替わりパスタセット」を選びます。
ここはメニューの選択が多くて・・・悩みます。

サラダ。こちらはドレッシングが3種から選べます。
又、スープにチェンジする事も可能。 
私はサラダでイタリアンドレッシング。
St310244

パスタは日替わり。え~と、メニューを又忘れました(;^^)
写真は撮ったものの、メニューを覚えていられないって・・・
痴呆の始まり?(;^^)
St310245

今回、久しぶりに4人も揃ったんで、おしゃべりに花cherryblossom
話の間にパスタを詰め込んで・・とやっていたので、
ホント、覚えていないんですよね~、 やばい!!

食後のコーヒーとデザートはレアチーズケーキ。
St310246

これで、お値段は950円です♪
閉店時間ギリギリまで居座っておしゃべりしてました。
(ってか、店の人に
すみません、この時間で営業終了なんです
と言われるまで居座ってました;^^)
それでも足りず、場所を変えて更におしゃべりは続きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『マンマ・ミーア』 again!!

さてさて、mamma mia の記事です♪
実は又見に行っちゃいました~!→1回目

会社でムカツク(-"-)事がありまして・・・。
本当は「ベンジャミン・バトン」に行きたい!と
思っていたんですが、長いんだ、これが・・・。
167分! おかげで上映時間が合わない!!

指定席に座ると2列前には赤ちゃんが!!
声が聞こえる~coldsweats01 大丈夫かいな、と思いつつ上映開始。
しばらくして見ると・・・ 

J0395088 踊っておりまぁ~す♪J0395088

お父さんの膝の上に立って、はしゃいでおります♪
あらまぁ、将来が楽しみですなぁ~。
とは言え、言い争うシーンなどではぐずってましたが(;^^)
お父さん、慌てて連れ出してました。

でも通路挟んだ隣の女性二人より行儀良いですよ。
スナックの袋バリバリと音立てて、
ジュースの缶をカラン!と落として、
駆け下りてトイレに行く・・・。
そんなのに比べれば赤ちゃん、見事でした!

映画は、やっぱ楽しいね~。ニコニコ笑って、
歌を口ずさんで(あ、声は出してないよ)、
涙ぐんで・・・。

Dancing Queen でしょ♪
Mm03

Super Trouper でしょ♪
Mm02

Winner Takes It All でしょ。 やっぱり良いっすわぁ~
Mm01

そして、最後の Do you wanna another one ?
(もういっちょ行くかい?) 
はやっぱり「Yes!」と答えそうになっている自分σ(^_^)♪

帰り道は電車の中ではi-pod聞きながらシャドーイング
英語を聞くそばから、影のように追いかけて口に出す英語学習法)
をして、車に乗ったら大声で歌ってました♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「納棺夫日記」

図書館で借りた本「納棺夫日記」

増補改訂版ではないと思う。
真っ黒い表紙で、第何版なんだろうか?

これは、映画『おくりびと』のベースとなった作品。
もっくんはこの本を含む数冊の本を読み、
企画したんだそうだ。
アカデミー外国語賞にノミネートされた、と言う事で
借りてみた♪

納棺夫として働く彼の日々の日記。
仕事への周囲の嫌悪感。
昔の彼女との再会、死を通じて今を感じ、死を考える
そんな毎日をつづった物だ。

中盤、死と言うものについて彼の考察が入り、
色々な宗教書から導き出す彼なりの考えが書かれている。

後半は満州から引揚る作者と家族の話。
兄弟を貧しさからなくしているが、1人は満州で亡くなり
その為、葬儀らしい事を何ひとつできずにいた、と言う。

日記式の部分は「おくりびと」と通じるものがあり
興味深く読めた。
が、中盤の宗教と死の絡み方に挫折しかけて、
後半の思い出話で持ち直し・・・。

う~ん、余り良い書き方じゃないなぁ。読みにくいっす。
そこかしこに「あぁ、なるほど」と納得する部分は多いけど
身内が亡くなる、その機会が少なくなった現代では難しい。

「人は死を意識すると、生者にある光を見る。それは
生というものが光を伴っているから。
その光は仏教の・・・」と言う話が続くんですね。
そこが彼の世界観であり、未だに信じている信念なんだけど、
ピン、と来なかったです。

→この光は蛆(ウジ)にもあり、1ヶ月を経過した腐乱死体が
  光り輝いているのに気づいた筆者がたどり着いたんだとか。
→このウジの件はもっくんも写真集に言葉を借りた程。

そんな光が見えるのかな? 後何年だろ??

そういやぁ、母がようやく「おくりびと」観てきました。
私が行った後「行ってきな~、お勧めだよ」と言ったにも関わらず
見逃していたんですが、アカデミーノミネートを受けて、
リバイバルしている映画館が増えたんだとか。
「良かった~!」と言う母。そうでしょ、そうでしょ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09.02.14のランチ ステラマリス

さて、2月14日のランチはこちら。
千葉 ステラマリス です♪ 前回は、
08.11.08のランチ ステラマリス
でした。う~ん、3ヶ月空いちゃってました。
どうりで、なじみの店員さんに「お久しぶりです」と
言われるはずだ(;^^)(;^^)

日替わりのパスタのトマトソースの方をオーダー♪
ヤリイカのトマトソースパスタです。
St310236

オリーブがこんなにたくさん! 結構好きなんですよね♪
アスパラもしゃきしゃきして、おいしかったです♪
St310237


デザートとドリンク。ドリンクは「マンゴージュース」にしました。
土曜日の陽気にシャーベットはありがたかったです♪
St310238 St310240

こちらは「日替わりパスタ」だったので、お値段 1,000円!
メニューに載っているパスタは 1,150円~で頼めます。

久しぶりでしたが、やっぱりおいしい!大満足、です♪
が、ここから図書館へ歩くのは土曜日の陽気では厳しかった~。
大汗かいて、歩いちゃいました((^┰^))ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「戦場で出会った子犬の物語」

さて、図書館でこんな本を借りました。
戦場で出会った子犬の物語

会社で「日経パソコン」を購読しているんですが、
ここの、書籍紹介欄に載っていて、気になって
借りてみたものです。

これはイラク戦争で従軍した元軍人の方のお話。
つまり、実話です。
同時多発テロ(911)から始まった泥沼の戦争と言われる
「イラク戦争」。多大な米軍兵士の犠牲を出しました。

この本はそんな殺伐としたイラクはファルージャで
出会ったこれ↓とのお話です。子犬のラヴァ♪
St310233

ハワイ基地で訓練をした海兵隊(=通称ラヴァ・ドッグス)
が見つけた子犬。
彼は何でもかじります。兵士の靴下・ブーツ・高価な
衛星用通信線(;^^)。 兵舎にある唯一のポルノ雑誌・・・。
さらに、兵士のブーツやシャワーサンダルにミニ掃討作戦を。
(いや、ね・・・「小」や「大」をしちゃうんだって♪)
で、疲れると誰かのヘルメットで熟睡しちゃう。

それでも、兵士は怒りません。いやむしろ鼻の下を伸ばし
「こらこら、だめでちゅよ~」みたいな言い方をするだけ。
すっかりメロメロです。
でもね、彼の写真を見るとメロメロになるのも分かる!
youtubeで lava dog と入れるとたくさんの動画がヒットします。
  http://www.youtube.com/watch?v=vLIzyAM5qrQ
ちなみに上は作者のインタビューと現在のラヴァが観られます。

そして、このラヴァを何とかこの地獄から救い出したい、と
考えるようになります。
ところが、入るのも出るのも大変なここイラク。
たかが犬一匹と言えどその苦労は大変なものです。
St310234


それでも、色々な人に相談し、協力を乞い、最後には
アメリカにやってこれるのです!
脱出作戦の困難さ、ラヴァとの再会そしてすぐ別離。
困難を乗り越え、シカゴの空港でのラヴァと彼の
再会シーンは思わず感涙ものです。

イラク戦争自体にも色々問題があったと思うし、
その評価も分かれるところです。
でも、そんな政治的な話は一切外して読んでみて♪

| | Comments (0) | TrackBack (2)

「告白」

さて、最近読書も拍車がかかっております。
こちらの本は買ってません(;^^)が。


もう一方のBlogで交流のある方が「読んだ」と記事にされていて
図書館で予約しようとしたら、「所蔵数:30冊/予約数1,011」!
1千人ですよぉ? 
最長2週間借りる事ができて、延長で+2週間借りられます。
が、後ろに予約で待っている人がいる場合は延長できないので
2週間でサイクルしているはずなんですよね。

2週間で30人ずつ読んでいっても
  1011/30≠33*2週間=66週で17ヶ月?! 
1年半以上待たないと、って事なのね~。気が遠いわ・・・
と、思っていたら、その方がわざわざ貸してくれました!

で、読み始めたら一気に最後まで読んじゃいました!
ってか、読みやすいんだよね。文章が。
文体は読みにくいくせに。(;^^)オット失礼。
Amazonの書評では、「今流行の携帯小説みたいな」と
書き込みがあったけど、どうなんでしょ?

冒頭、ある女性教師の語りから始まります。
愛する娘が勤務先の中学校のプールで水死。
警察は事故と判断、終わったかに見えたこの出来事が
ある事がきっかけで殺人だと分かる。
彼女は3学期の就業日のホームルームで犯人を発表し、
更に「ある罰」を与えて教壇を降りる・・・。

4ヵ月後、生徒の1人がこの教師にあてた手紙、
犯人と公表された2人の生徒の内、1人の告白、
彼を見守る母の日記、
もう1人の生徒の遺書、が続き、
最後に女性教師から遺書を書いた生徒への電話で
物語は完結する・・・。

賛否両論が起きているの、分かります。
どう評価すべきか悩むんだもの。
衝撃的、恐怖、好奇心、欲、人間の悪い部分を
書いているのに、何か現実味がない。
教え問う訳でもなく、反面教師になる訳でもない。
当人の意見(主張)ばかりで正解がない。
正解がないどころか、聞く耳持たないし。

東野圭吾氏の作品の「さまよう刀」と言うのがあって、
それは被害者遺族が復讐による殺人を犯す話なのね。
これには感情移入できた。
「あなただったらどうする、こうする」とか、自分なりに
色々考えて、記事をかけた。

でも、この「告白」は無理。
女性教師にも誰にも感情移入はできない。
誰か1人にでも感情移入ができたら、違う感想がかけた
かもしれないなぁ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『チェ 39歳別れの手紙』

そして、こちらも観て来ました♪
『チェ 39歳別れの手紙』
39

キューバ革命を成功させ、キューバの発展の為
尽力するチェ。
しかし、彼は革命を南米全土に広めようと、
カストロに手紙を書き、キューバを離れる。

コンゴ、ボリビアで革命を指揮するも、コンゴは
士気が上がらず、そしてボリビアでは国民の支持が
得られず、囚われてしまう。
そして、「殺害命令」の後、銃殺される・・・。

後半のこの作品は物悲しさでいっぱいです。
映画はボリビアを中心に進んでいきます。
商人に紛争し、もぐりこみ、ゲリラ隊を組織します。
キューバから応援をよこしても、ボリビア自体が
イマイチすっきりしない。
党の後ろ盾や国民の支持がなければ、闘えません。
そして、巨大国家による利権がらみの干渉・・・。
徐々に追い詰められた彼らは・・・。

「勝利か死か」と叫ぶチェ。
前半は「勝利」で後半は「死」だった訳ですね。
そして、巨大国家の利権がらみの干渉は
未だに南米に貧しい国がある事に続きます・・・。
ボリビアなんて、南米各国でも貧しい国の1つ、ですよ。
天然資源は豊富なのに、識学率も低いから、
利権にむらがる外国資本に太刀打ちできないんです。

彼の遺体はそのボリビアに30年、置かれていました。
1997年にようやくキューバに返還されたそうです。

今回、この2部作見てよかったぁ~♪
歴史とか伝記モノ、も見ると面白いものです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『チェ 28歳の革命』

こちらは、見たいなぁ、と思っていて「二部作だから
次が出たら行くぞ」と決めていたもの。
レイトショーで行ってきました。結構人いたなぁ。
男性も多く、女性はカップルでついてきた、って感じ。

『チェ28歳の革命』
28

これはね~「ドキュメンタリー」ですわ。
演じているんだけど、話の展開は事実を基にしてるから、
途中で、当時の白黒映像が入るんだけど、本物なのか、
今回の俳優さんが演じていてわざと白黒で撮影しているのか
分からなくなってきました。

チェ、と言うと「Tシャツ」のイラストでしか知りません(;^^)
コミックスなんかでも「BECK」とかで出てたのを目にした位。
なので、映画冒頭の「映画を観る前に」と言う事で背景の
説明があったのはありがたかったです(^o^)

結構面白かったっす。ゲリラorテロリスト、と呼ばれる事と、
革命家、と呼ばれる事の境目って一体なんなんだろう・・・。
彼らの行動がいかにして革命になっていったのか、をつぶさに
書いた作品です。

「農民が一番偉い」と言うチェ。彼は必ず手を差し出して
相手の名前を聞き、挨拶&握手をする。
それは、個人として彼らを認めた事であり、
「労働力」としてしか観ていない現政府と比べれば歴然。
途中から市民が彼らの支持に廻ったのも分かりますね。

映画は唐突に終わります。
これ、長編1本撮って、時間でぶった切ったんじゃない?
って思えるような終わり方。 一瞬「あれ?」って(;^^)
でも、あっという間に時間が経ったのは大したもんだ。
2部作の「チェ 39歳別れの手紙」も楽しみです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今度はプリンだ!

ちょっと前にこんな記事を書きました。
自家製シュークリーム
ここが、今度は「プリン」を作ったそうです♪

※でもネット探してもヒットしないんだけどね。
真名カントリークラブで買えるのか?
生命の森リゾート内ならどこでも買えるのか?
謎のままです。(って自分で調べろってか?;^^)

St310220

すごくシンプルな作りのプリンです。
「自家製」の感じが出てますね♪
開けてみると・・・

St310223

こぉ~んな感じ!

プリンは「濃厚」と言う言葉がぴったりの
おいしいプリンでした♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09.02.07のランチ 遊禅房

さて、土曜日のランチ。
今回の予定では「マイル稼ぎに新規店舗へ」と思ってたんだけど、
そこは14:00までしかランチ時間がないのと、
仕事終わりで合流した友人との待ち合わせが遅めだった事で
遊禅房」へ行く事に。 →前回はこちら2008/10の事

だって、その友人「遊禅房」も「オリエンタルキッチン」も行った事が

無いって・・・。そうだっけ?( ̄ー ̄?).....??アレ??
「オリエンタルキッチン」は臨時休業のようでふられたので「遊禅房」へ。

週替わり定食【豚ロースカツとじゃこおろしご飯】です。

St310215

メニュー           豚ロースカツ
St310219  St310217

じゃこおろしご飯     おくら+もずく+菊の花(多分;^^)
St310218  St310216

おなかいっぱいになり、大満足!
これで950円なんですからマジ、お得ですよぉ♪
食後のコーヒーもちゃんとドリップしてるし。

でもできれば、デザート(今回はゼリーみたいなモノ)は
別皿で持ってきてもらえるとうれしいなぁ。
初めての友人は「これ何?」と最初に食べそうに・・・。
確かに「煮こごり」に見えたけどさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『007/慰めの報酬』

さて、この映画を観てきました。
『007/慰めの報酬』 です。

007

前作・・・ 観たんだけどね~記憶からなくなってました(;^^)
最後は水の中にいたよなぁ~、あ違うどっかのお屋敷か。

というのも今回の作品は前作のわずか4時間後、の設定。
お屋敷に乗り込んで、悪いやつさらって、逃げている処から
物語が始まります(多分、多分ね;^^)

もう、しょっぱなから「心臓痛いよぉ~」状態(;^^)
目もシバシバしてくるし、大変でした。
なんとかMI-6のアジトにたどり着くもそこで裏切り者が!
もぉ、オープニングの歌になる前でいっぱいでした。

でもね、かっこいいねぇ~! ボンド。
アクションシーンには目を見張るものあり。
もちろんMI6の最新システムやMの部下を見守る姿、
(母親気分になっているような・・・;^^)
あんだけ好き勝手やってるボンドを見捨てないんだもの。
肝っ玉母さん、って感じです。

ダニエル・クレイブ、の007が違和感なくなってきました~。
めちゃクールな感じで、今までの軽さが全然ないのよぉ。
しかも今回ヒロイン役のオルガ・キュリレンコとは
エッチなシーンもなく、(あ、他の人とはあるんだけどね;^^)
今までのボンドのイメージとはやっぱり違うなぁ、って。

歴代007シリーズ同様、話の内容はど~でも良く(;^^)
アクションとかっこよさ、に魅せられた1時間半でした。
話は真剣に聞いているとついていけないんだよね。
南米の国の水の利権がどうとか・・・。
そんなのが映画のネタになる世の中なんだね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「風の墓碑銘(エピタフ)」

図書館に通っていても本を買うのはやめないみたい(;^^)
って事は・・・出費は減らないって事?
ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

今回購入したのはこちら「風の墓碑銘(エピタフ)」です。


おなじみ「音道」さんの事件簿シリーズ(; ̄ー ̄)...ン?
乃南アサ氏の作品は苦手なものが多く(失礼)
こちらのシリーズと「ボクの町」位しか在庫してなく、
他は皆手放してしまったんですけどね。

古い木造家屋の取り壊し中に骨が見つかる。
それも1体ではなく、3体も。
時効の壁と大家の老化により捜査が止まりかけた頃、
大家だった老人が撲殺される。
捜査本部が設けられ、音道さんの相棒には
なんとあの、「滝沢」さんがなったのだ・・・。

初代「凍える牙」でコンビを組み、こてんぱんにやられ、
「鎖」では滝沢が音道を救出、
「木綿の部屋(嗤う闇収録)」では滝沢の長女の離婚騒ぎに
音道がつきあい・・・と何かと縁のある2人。

やっぱり良いですね。面白かったです。
なんか心地よい慣れ、と言うのかな?数年ぶりにコンビを
組む2人のぎこちなさとツーカーの仲に思わず笑えます。

滝沢が音道を相棒と認めているのに、音道は滝沢を
「気を許すと足元からすくわれる」と警戒を崩さず。
でも根っこは同じ部分にある2人が徐々に事件の真相に迫る。

今回は少しタッチが変わった気がします。
2人にはピンチ!な部分はないし、捕り物騒ぎもほとんどない。
あるのは「時効の壁」と「老人介護」「介護業界」「内通者」など
イヤになるくらいの世の中の汚い部分。

世の中には色々な人がいる。ある人の事を滝沢は
「中にはよぉ、レベルを落としたバカ話をしないだけで、
『何よ、お高くとまっちゃって』と悪印象を頂くヤツもいる」と言う。

「ボクにとっては生きるか死ぬかの戦いだったから殺したんだ。
なぜ後悔しなきゃいけない?」とうそぶく犯人もいる。

それでも人と人とのつながりをつくり、保ち、広げていく。
ん~、どうまとめたかったんだろ?分からなくなっちゃった(;^^)

この作品(シリーズ)はぜひ、最初から読んで欲しい。
そうする事で音道さんの心の動き、経験、すべてを感じる事ができて、
共感できる部分が増えていきます。

順番はこちら。
  ・凍える牙
  ・花散る頃の殺人
  ・鎖
  ・未練
  ・嗤う闇
  ・風の墓碑銘

リンクは私の過去記事に飛びます。意外と書いてなかったのね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『マンマ・ミーア』

1月30日(金)と言う、変な時に公開のこれ。
『マンマ・ミーア』行っちゃいました~!!
Photo_2

30日は会社の部署の机移動。
翌31日も「出勤しろっ!」と上司から言われていたので
最初から「定時で上がって映画行ってやる」って思ってた。

が、土曜日休みたいのは他の人も同じだったみたい。
頑張って金曜日中に終わらせることに。
ん~、千葉京成の1,000円映画には間に合わない。
そうだ!「レイトショー」行ってみよう!!

で、家近くの映画館へ。
チケットを買って、下のフードコートで腹ごしらえして、
ど真ん中の席で見てきました♪

「マンマ・ミーア」、5月のNYで観てきたのよね~。
今回、字幕で見るから、詳しい話まで分かったわ・・・(;^^)
まぁ、どんだけ勘違いしてるねん!って感じ・・・(;^^)
やっぱり母国語しか使えない頭なのかしら?
2


お話は有名ですので、はしょりますが、
まぁ~ 楽しい! 面白い!!
ミュージカルは1つの舞台でセットが回転したり、
変わったりするだけなんだけど、映画だと、ギリシャの小島
が映像で見られるでしょ?
もぉ、思いっきりひたれました♪

メリル・ストリープ、ってすごい役者さんよね~。
59歳よ?!59歳!! なのにあのダンス。
「プラダを着た悪魔」との違いに愕然・・・。
もともとは舞台俳優としてデビューしているんですね~。

そして、アマンダちゃんも可愛い~!!
すっごい小さくて、女の子~って感じ♪

映画観ながらまた歌を口ずさんじゃったわよ(;^^)
しかも最後は メリルと友人3人によるバンド、
「ダナ&ザ・ダイナモス!」によるライブなんだけど、
エンディングが始まっても誰も席立たないのね。
そこへメリルが「まだ帰らないの?じゃぁもう1回!」
と言って、「ウォータールー」を歌ってくれるのさ。

もう、「こりゃスタンディングでしょぉ~!」と思ったけど
日本の映画館にはそんな人いません ウ・・ ウン(._.;)
しょうがなく、座ったまま聞いていたけど、NYとかの映画館で
観たら、絶対スタンディングの手拍子だろうなぁ~。

楽しくてハッピーになれる映画だなぁ~♪
もしかしたらもう1回見にいっちゃうかも♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »