« これ、ホシィッ☆O(> <)o☆o(> <)O☆ホシィッ! | Main | 09.01.17のランチ ムッシュゴルジェ »

『禅 ZEN』

今週はこの映画を観て来ました。
『禅 ZEN』  しぶいでしょ?(;^^)

年取ると、神社仏閣めぐりがしたくなるようなものよ(;^^)

Photo

この作品「曹洞宗」の開祖「道元」禅氏のお話。
話は難しかったっす(;^^)
「この言葉って何?」「どんな漢字?!」と
頭痛くなりました。 しかも最初は中国語(;^^)・・・
 ※留学僧として中国に行った際、禅と知り合うので。
日本語字幕がついている邦画、って珍しいっす。

「死んで極楽浄土に行くのではなく、今、この時、
生きているここを極楽浄土にするには?」
特定の経典・シンボルを持たず、「只管打座(しかんたざ)」
→ただ、ひたすらに座禅する事を説いていくんですね。

そして、彼が読んだ歌

  春は花
    夏ほととぎす
      秋は月
        冬雪さえて、すずしかりけり


にもあるように、「あるがまま、ありのまま」
→「迷い・悩み・苦しみは全て自分の中にある。
  座禅する事で、自分自身を見つめ、
  内面を見つめ直す」

作品中でも、
内田有紀扮する女郎が「子供を救ってくれ!」と頼むと
「里の家で、身内が誰も死んでいない家を探し、豆を
一粒もらってこい」
=誰も死なない家などない=人はいつかは死ぬ  とか、

北条時頼(キャストは藤原達也)が合戦で多数の死者が出て、
彼らが夜毎、時頼氏を悩ませている、助けて欲しいとの
依頼を受け、鎌倉に行くんだけど、時頼氏の「どうにかしろ!」
と言う依頼に「できません」と答える彼。
池の水面に映る月が切れないように、時頼氏の苦悩は彼にしか
解決できないんだ、と言うより座禅する事で教え諭す。

こういったエピソードが盛り込まれていました。 
後「眼横鼻縦」とかね(;^^) ←ググってみてね。
そして、前述の「春は花・・・」
この歌がね、なんかジーンとするんですよ。そして、
「あるがまま あるがまま」と繰り返す道元の言葉が
予告編を観て頭から離れず今回の鑑賞となりました。

今の世の中って、「××のせいで」とか「××が悪いから」と
自分以外の何かのせいにする事多くないです?

中にはそういうのも勿論ありますけど、そうさせた原因が
自分にないのか?本当に自分は悪くないのか?
まず自分自身を見つめ、自問自答してみるべきでは?
道元さんの教えって今も通じるんじゃないか?

私もちょっと座禅してみようかなぁ・・・(;^^)
やばい、ホント年取った、って感じちゃうんだけど・・・。



又、最後に今回の記事は、あくまで私の個人的見解・感想を
記録・公開しているに過ぎず、投資・勧誘・特定の宗教の紹介
などを目的としたものではない、と言う事を念の為
お断りさせて頂きます。

|

« これ、ホシィッ☆O(> <)o☆o(> <)O☆ホシィッ! | Main | 09.01.17のランチ ムッシュゴルジェ »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/43757128

Listed below are links to weblogs that reference 『禅 ZEN』:

« これ、ホシィッ☆O(> <)o☆o(> <)O☆ホシィッ! | Main | 09.01.17のランチ ムッシュゴルジェ »