« 多読ってのをやってます。 | Main | 『ベガスの恋に勝つルール』 »

『ダーク・ナイト』

映画『ダーク・ナイト』行ってきました~。
長い映画なんですよね~約2時間30分。
平日の会社帰りは疲れるなぁ、と思って
平日の休み、に行ってきました。

2

犯罪の撲滅、悪徳警官、悪徳政治の一掃を目指し、
警察と検事、バットマンの3頭政治は功を奏す。
ところが、マフィアをたきつけるジョーカーは彼らの
存在をあざ笑うかのように、犯罪を犯し始める。

さらに人の弱い部分につけこむジョーカー。
彼の悪のささやきに、3頭政治が狂い始める・・・。
バットマンと至上最強の敵、ジョーカーとの戦い。
これ、重いよ~、深いよ~。

よくよく考えてみればバットマンって何の拠り所もない、
自警団的なものなんだね。
権力と言う後ろ盾を持たない彼。
百万長者だからできる人助け。
スーパーマンも後ろ盾はいないけど、趣が違いますね。

んでもってこの題名 英語では Dark Knight と書きます。
そう、Night(夜)じゃないの、Knight(騎士)なの。
作品中のセリフにこういうのがありました。
「夜明け前には一番暗い夜がある。今この暗い時を
乗り越えてこそ、朝が来る 」
そして、こういうのも。
「私だから引き受けられる。私が背負えばいいんだ」。

それぞれ Night とKnight を表しているんだけど、
朝は来るんだろうか? 落ち度のない彼がなぜ背負うのか?
う~ん、やっぱり重い&深い。

そして、ジョーカー。素晴らしい!!
ヒースの演技はメイクのせいもあって、本当にいやらしい(;^^)
人の弱い部分に付け込み、人の欲をそそのかし、
人の恐怖をあおる。
そんな彼の姿って最近の犯罪者と重なる。

「面白いから」「楽しいから」と言う明確な動機づけもなく
犯罪に走る昨今。彼らの犯罪に動機を見つけるのは難しい。
TVのコメンティターが「この犯罪の裏にある・・・」なんていう
説明も納得できるものではない。

人は犯罪に、動機に、理由付けをしたがる。
犯人に同情の余地がないか探し回る。
そして、「彼もかわいそうね。でも殺しちゃいけない」と
共感し、同情しながらも、ばっさり切るのだ。
(日本はそうじゃない?)

ジョーカーにはそれがない。なぜ?と聞かれても彼は答えない。
彼には理由が見つからないから。そんな彼を理解できない。
だから怖いんだ・・・。
いや、彼にもあるんだろうか??
派手な化粧の裏側には何かあるのかもしれない。
とすると、私たちは彼と共感する部分、彼を同情する部分を
持つことになるのだろうか?
やっぱり、重い&深い作品です。

|

« 多読ってのをやってます。 | Main | 『ベガスの恋に勝つルール』 »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/42238720

Listed below are links to weblogs that reference 『ダーク・ナイト』:

« 多読ってのをやってます。 | Main | 『ベガスの恋に勝つルール』 »