« 『ラスベガスをぶっつぶせ』 | Main | 08.06.28のランチ♪ »

『インディ・ジョーンズ クリスタルスカイの王国』

『インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国』
タイトル長いよ!おい!!

Photo_3

「クリスタルの骸骨の王国」・・・(^w^) ぶぶぶ・・・
1957年、相棒マックに裏切られ、スパルコ率いる
ソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。

大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼に、
マットという若者が声をかけてきた。
「伝説の古代秘法“クリスタル・スカル”を手に入れられる」と。

その言葉を信じ、インディはマットと共にペルーへと向かう。
そこでようやくクリスタル・スカルを手に入れるものの、
待ち構えていたスパルコたちに捕らえられてしまい……。

と、まぁいつものインディ作品と同じように、味方に裏切られ、
ナチにはつけ回され、と散々。
ところが今回、若手のマット君が入ったからさぁ大変。

過去3作を観てから行くと、そこかしこにある前作へのオマージュ、
がわかるけど、そうじゃなかったら、ただの活劇映画だよなぁ。
しかも最後は大掛かりなしかけでエンディング、になるんだけど、
その終わり方、ってあまりにもあっけなくないか?
あ、1作目もそうだったんだっけ。

前半の原子爆弾の実験、はいらないんじゃない?
日本人としてちょっと不快感。
鉛の冷蔵庫に入ってて、助かった、なんて想像力なさすぎ。
(しかも数十mも飛ばされて、転がって、かすり傷で済むって)
アメリカ人の感覚ってあ~なのかな?原爆の恐ろしさ、知らないの?

それ以外は楽しめましたよぉ~♪

|

« 『ラスベガスをぶっつぶせ』 | Main | 08.06.28のランチ♪ »

映画2011前」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/41634418

Listed below are links to weblogs that reference 『インディ・ジョーンズ クリスタルスカイの王国』:

« 『ラスベガスをぶっつぶせ』 | Main | 08.06.28のランチ♪ »