« ギャグのプレゼント | Main | NY&ハワイ周遊旅行記16 08/05/17-2 »

さまよう刀 -東野圭吾-

本屋で見かけてすぐ手に取ったこの本。
「さまよう刀-東野圭吾-」角川文庫 です。

それともう1冊、
「黒笑小説-東野圭吾-」集英社文庫 です。

ま、「黒笑小説」は置いといて(;^^)(面白かったけどね
今日は「さまよう刀」について書きたいな、と。

  蹂躙され殺された娘の復讐のため、父は犯人の一人を殺害し
  逃亡する。
  「遺族による復讐殺人」としてマスコミも大きく取り上げる。
  遺族に裁く権利はあるのか? 
  社会、マスコミそして警察まで巻き込んだ人々の心を揺さぶる
  復讐行の結末は!?    -出版社・著者からの内容紹介-

圧倒される。昨今起きる若者による殺人事件。しかも女性を拉致、
監禁、暴行した挙句・・・、と言う残虐非道な事件を取り上げた作品。
今の若者の生態をよく捉えているな、とか
一人娘を殺された父親の心情が、とか 色々後から言う事はできる。
法の問題、社会の規律を抜きにすれば、彼らは殺されて当然。
一切、同情の余地はないと思う。

でも、父親にこれ以上人殺しをして欲しくない「和歌子」さんの気持ちに
共感。あんなヤツを殺して、自分の人生をメチャクチャにして欲しくない、
って途中から思ってました。
ところが警察に自首しようとした矢先の密告電話。
「犯人の1人が上野に現れる」、と・・・。
父親は自首を止めてしまった、復讐に走ってしまった・・・。

今の法律って何だろう?
あんなヤツでも「未成年だから」と大した罪も受けずに数年経ったら
社会にでてきてしまう。
裁判で「被告人にも同情の余地がある」なんて読み上げられたら、
と思うと背筋が寒くなる。
人を殺す人に同情の余地はない。苦しんでいるのは皆一緒、
ギリギリの処で矜持を保っているのは皆一緒、
それがどうして分からない?あんたらだけが辛いんじゃないんだよ?
彼らに甘すぎるのでは??

でもそんな若者を作ったのは親世代(私も入るかな?)なんだよね。
息子と自分の立場を守ろうとウソをつかせる父親、
(ウソではないのかも、でも都合の良い発言しかしない、って
ウソと一緒だよね)
お金さえ上げれば、とネグレイトする母親、に責任はないの??

「黒笑小説」を先に読めば気分も違ったかな??
この本を読むちょっと前に「スナーク狩り-宮部みゆき」を再読。
これを読んだら「模倣犯-宮部みゆき」が読みたくなって再読。

結論。犯罪は起きるべきではない。でも起きてしまった以上、
犯罪被害者を救済する措置を早く何とかしてほしい。
お金で何とかできる、とは思っていない。そんな事で被害者、
被害者家族は癒されない。
それでもさらし者にされ、悲しむ事も怒ることもできない彼らに
何かしてあげて欲しい。
陪審員制度なんかで余計な金使うなら、その分彼らに
何かしてあげて欲しい。

  

そして、今の若者、他人の気持ちより自分の気持ちを優先する
人達に「イマジネーション-赤川次郎」を読んで欲しい。
今の世の中、弱くなってしまった「想像力」が強くなれば、
こんなひどい事は起きないはず。 そう思いたい・・・。

|

« ギャグのプレゼント | Main | NY&ハワイ周遊旅行記16 08/05/17-2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/41433428

Listed below are links to weblogs that reference さまよう刀 -東野圭吾-:

« ギャグのプレゼント | Main | NY&ハワイ周遊旅行記16 08/05/17-2 »